ワイン生活@オーストラリア

自然大国オーストラリアから、美味しいワイン情報をお届けします。

タグ:WSET



以前もご紹介しましたが、Ruggabellusのサリオです。
調べ物の一環、という言い訳で久しぶりに買いました。
 
思いのほかきれいな写真が撮れました。
オレンジワインのリサーチをしていたら
その定義が思った以上に広くてびっくり。 
スキンコンタクトをするから亜硫酸が自然発生する、故に別途添加をしないで済むと書いている記事もあれば
それは自然のままに任せるミニマリストが多いからで、スキンコンタクトの過程とは直接関係ないと書いている本もあります。

一つ言えることは日本語での資料はすごく限られているのに対し
英語の資料はその何十倍、何百倍もあるということ。

以前どなたかが、とあるワイン用語について調べようと思ったら
ネットで検索しても(日本語の)資料が全然なくて、国立図書館だかどこかまでいって調べた、みたいなお話を聞いて
そんなことしなくても、Oxford Companionや、他のたくさんのワイン関連本を見れば、ものすごーく詳しく書いてあるのになあと。


WSET Diploma受験生のバイブル。

もちろんこの本を持っていなくても、ネットでもいくらでも出てくる。”英語で”検索さえすればね。

英語が全く読めないと、アクセスできる情報はものすごく制限されてしまうということなんだなと。
それってワインの世界に限らず結構恐ろしいことじゃないか。


とは言え、英語しか話せない、中国語しか話せない、って人もこの世にはものすごくたくさんいて
その人たちの世界観も、これまた独特な感じ。

だから、日本人だけが狭い世界に生きてるモノリンガルって、わけでは決してないんですけどね。
それでも、マイナー言語を話す国民としては、現実英語は出来るとものすごく便利ではあることは事実なので
英語はできるに越したことないんじゃないかな、とやはり思います。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!
日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから



 

時々聴いているポッドキャスト UK Wine ShowUKwineshow

WSETのディベロップメント・マネージャーのインタビューがあって、
WSET Level3の内容が大きく変わるそうですね。

1スピリッツとマデイラがなくなる
2テイスティングが選択問題じゃなくなる(学生が選択肢によって誘導されないように)
3テキストも地域別ではなくスタイル別?になる

などなど。
興味のある方は、詳しくは、ポッドキャストを聴いてみてください。

UK Wine Showは、世界中のワインやワインビジネスに詳しい方々のインタビューが聴ける無料のツールで
私もDiploma受験時代は、これを聴きながら通勤したり、仕事したり、時にはジョギングに行ったりしました。軽いタッチで気軽に聞けますが、なかなか濃い情報源です。おすすめですよ〜。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければ下のコアラとアルパカくんを、ポチッと1クリックお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。


LINEの読者登録はコチラから



日本に行っている間に、8月に受けたWSET Sake日本酒コースの合格発表がありまして
無事合格をいただけたとのことでした。
日本人としては、当然といえば当然で、やっと基礎を身につけただけに過ぎないのです。

講師を務めてくださった雪乃さんが、授業の最終日に本当に素敵な言葉をくださって
ああ、これからまた新たな世界が広がっていくのだなと、じんわりと胸が温かくなりました。
合格はもちろん嬉しかったけど、講座を通して新たな世界への扉を開けたことが、何より嬉しく思います。
これからいろんな日本酒との出会いがあることを願い、乾杯



実家に帰った時、中学校の後輩にいただいたお酒でお祝いです。
けんちゃん、ありがとうね〜。
化学肥料、農薬を一切使わずに作った、泣かす米。
その泣かす米で作ったのが泣かす酒

泣かす米 、は周南市中須のお米。地域にちなんで泣かすまい、ではなく、「ナカスコメ」。
お酒用のお米ではなく、この土地で取れたコシヒカリで作っています。
精米歩合は65%。厚みがあり、柔らかで美味しいです。
パッケージもかっこいいね。
私はヒヤでいただきましたが、常温か熱燗でいただいても美味しいかと思います。



お米も売ってます!

追って、サティフィケートも届きました。



4個目のWSETバッジ、とサティフィケート。
このバッジ、果たしてつける時が来るのだろうか?笑

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければ下のコアラとアルパカくんを、ポチッと1クリックお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。


LINEの読者登録はコチラから

 

月曜、最悪の体調からスタートし、今日が試験。
あっというまに終わってしまったWSET日本酒コース。



楽しかったー楽しかったー。
本当にすごく楽しかったのに、もう終わってしまった。寂しいな~。
ワインに比べたら断然飲んだ経験も足りなくて
3日じゃ全然学び足りん!

でも、これが終わりではなくスタートなのだと
また新しい世界が待っているのかと思うとワクワクします。

ワインの世界から見た日本酒の世界もまた、全然違うところもあれば、共通項もあって、大変に興味深いです。

今回は、WSET DiplomaやAdvanced Certificate (Wineの方ね)の受験生とも一緒になりました。
働きながらの勉強が大変、もっと時間があれば・・・と嘆く学友。

私も同じことを思ってたなあと懐かしく。

そんな彼女に、「もっと時間がある時なんて、一生来ないよ」と追い討ちをかける私w
だいたいこういう資格試験を受けようと思うときって、俄然仕事に張り切っているとき。

そうすると、大体の人はこれから昇進したり、自営だったら顧客が増えたり事業が拡大することが予想されます。
子供がこれから産まれる、学校が始まる、って人もたくさんいるでしょう。
殆どの人は、私生活でも仕事でも、これからどんどん責任が増えて忙しくなることはあっても
自分の時間が増える日は、リタイアする時まで来ないのです。

なので勉強は、何にしても早く始めるに越したことはありません。
ただ、忙しい人生の中で、勉強を第一優先しないことが悪、とも私は思いません。
家族や仕事や、他にも大切なものはたくさんあって当たり前で、そちらを優先することもまた、大人としての立派な選択のひとつ。
どちらにしても、Commitment、ですよね。

仕事も勉強も、支えて応援してくれる家族には、いつも感謝です。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければ下のコアラとアルパカくんを、ポチッと1クリックお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。


LINEの読者登録はコチラから
 
 

日豪プレスの記事、読んでるよ!と声をかけていただきました。
おぉ~~ (* ̄∇ ̄*)結構見ていただいてるものですねえ(照)。
うちのお父さんしか読んでないと思ってたのに・笑


月曜日からWSETの日本酒の集中講座に出ています。
のに、このタイミングで今年の冬2回目の風邪を引いてしまい
鼻水と咳が酷い・・・・
同じクラスの皆さんごほごほうるさくてすみません・・・移したら本当に本当にすみません><
今日は薬が効いていたのか昨日より遥かにはましでした、が
まだまだぼーっとしています。
鼻がつまるとやっぱりテイスティングにすごく困る!!何事も、やっぱり健康第一ですね!




で、やってみて、経験が断然少ないせいもありますが、日本酒のほうがワインよりずっと難しい。
ワインより香りや味わいの違いがずっと繊細なのです。
狭い範囲の中で、深く深く勉強する感じ。

オーストラリアでは現在日本酒の輸入量が急増加中。
今後を見据え、しっかり勉強します。
漢字や専門用語は、他の学生よりも当然有利なわけですが。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければ下のコアラとアルパカくんを、ポチッと1クリックお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。


LINEの読者登録はコチラから

 

↑このページのトップヘ