ワイン生活@オーストラリア

自然大国オーストラリアから、美味しいワイン情報をお届けします。

タグ:赤ワイン

マック・フォーブスのシラーです。
シラーズじゃなくてシラーね。



Mac Forbes Healesville Syrah 2015
無濾過無清澄。
タイトな青梅みたいなテクスチャー。

 オーストラリアでシラーズを敢えてシラーと呼んでいるときはだいたい涼しい気候で作ったエレガントなスタイルのものが多いみたい。

今日は日中は40度越えだったシドニー。
とは言え、オフィスにいるのであまり実感はありませんでしたが。

今週からDry Day(お酒を飲まない日:休肝日)を週1設けてみることに。
今までもやってみたけどほとんど続いたことがない。
ここ数年、ワインを飲まない日、って本当にめったにないので
一晩飲まないだけで体がかなり軽くなった、気がします。

でも週1ぐらい、体をリセットできるといいかもです。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!
日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから



 
 

今日も暑いよシドニー。



クレア・ヴァレーの醸造家、ケリ・トンプソンのテンプラニーリョ、パッソです。
彼女はどちらかというとリースリングで有名なのですが
ロゼや赤も美味しいものを作っています。
このワインはストライプだけど、他はポルカドット柄の、ポップなラベルが印象的。

最近暑いのでこちらも少し冷やしていただきました。
タンニン(渋味)が柔らかめな赤は、多少冷やしても美味しくいただけますね。

そういえば、今月の日豪プレスのコラムもテンプラニーリョがテーマです。
ぜひお手にとって、読んでみてくださいね。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!
日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから

「そっちも三が日はお休みなの?」
お正月に実家に電話したら母がそんなことを言うので
「三が日」という習慣は日本にしかないよ、と言ってはみたものの、実際はどうなのでしょう。
世界広し、もしかして日本みたいに3日まで正月休み、というところがあるのかもしれませんね。

こちらは祝日は1日のみで、今年は日曜日だったので2日の月曜日がお休みでした。
3日からは通常業務でした。とは言え、まだ有給中の人も結構いて、オフィスはやや静かめです。

さて、元日から書き始めた今年やりたいことリスト、「MY100」。
いろいろ細かいものや、これとこれは重複するかな??というもの含め、やっと49項目が埋まったところ。
あと51個、今年中に埋まるのかしら??



オーストラリア以外のワインはあまりアップしないようにしていますが
たまにはフランスワインを。
Domaine de Ferrand Mistral Cote du Rhone
果実味主体でゆったりたっぷりですが、コートデュロ―ヌにしてはタンニンもしっかりめ。飲みごたえがあります。
豚肉と合いそう。

Mistral ミストラルとは、ローヌ地方に北西から吹いてくる寒冷で非常に乾燥した風のことです。
風通しを良くしてくれるという利点もあるものの、時には暴風となり、極度の乾燥を及ぼすこともあるそうで、ローヌの生産者にとっては自然の恵みでもありながら脅威でもある風です。

あまりにブログにはあげていませんが、実はこうして、オーストラリア以外のワインも結構飲んでいる我が家です。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!
日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから



 

今日のシドニーは40度近く気温が上がって暑い暑い。
とはいえエアコンの効いたオフィスで仕事をしているので
暑いのは帰路ぐらいなんですけども。

この暑いのに赤ワイン買ってきちゃった、という夫。
今日のメニューがつくねだったからね。



モーニングトン・ペニンシュラのKooyong(クーヨン)のピノノワール、Masssale。
今日は暑いので、しっかりめに冷やしましたが、それでも渋くならない、シルキーなピノです。うまい。

個人的にピノ・ノワールの産地で好きなのは、
モーニングトン・ペニンシュラ(オーストラリア ビクトリア州)とセントラル・オタゴ(ニュージーランド南島)。
両産地とも、やや高めではありますが、しっかりと身のつまっていてかつエレガントなピノ・ノワールが多いです。


今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!
日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。


LINEの読者登録はコチラから





今月頭に夫が頼んで貰ってきてくれた大好きなBKワインズのTシャツ。
早めのクリスマスプレゼントを下さったのは、私も以前お世話になっているBKワインズの代理店の営業さん。
私のInstagramをフォローしてくださっていて、よくBKワインズを飲んでいるのを知ってて、
夫のお願いを快諾してくださったそう。
「そのかわりインスタにアップよろしくね!」と言って持ってきてくれたそうです。


 



風邪も仕事も落ち着き、ようやくこうして約束を果たす・笑
ちょっと、いや結構クラウディなピノ・ノワール、スキン&ボーンズ。



ちょっと冷やして飲んだ方が美味しいよ。
ぐっとかみしめたくなるストラクチャー。
小豆やプラムのような優しい舌触り。
ザクロっぽい”Zing"も。

クリスマス休暇も今日で終わり、
明日からまたお仕事です。
SMAPxSMAP最終回見ながら、ぼんやり過ごしてしまいました。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!
日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。


LINEの読者登録はコチラから 

↑このページのトップヘ