Now Where's My Wine?

シドニー在住、ワインライター兼通訳のフロスト結子です。オーストラリアから楽しいワイン情報を発信します。

タグ:小規模生産者

こんにちは。今日もご訪問、ありがとうございます。
今日、初めて知ったブティック・ワイナリーです。


Jericho Fiano Adelaide Hills 2015
ジェリコ・フィアノ アデレード・ヒルズ
http://jerichowines.com.au/

 
マクラーレン・ヴェールとアデレード・ヒルズでワインを作っているジェリコ・ファミリーのワインだそうです。
5人家族(お父さん、お母さん、姉、兄、弟)一家全員ワインメーカーという、生粋のファミリー・ワイナリー。
お父さんと息子(か娘)、とか、夫婦、とかは見たことあるけど、5人家族全員が、っていうのはすごいですね。

グラスから立ち上る、かぐわしく華やかなアロマ。
英語ではpungentとかpronouncedといった表現をします。
ちょっとゲヴュルツみたい。

ライム、薔薇。華やかでキレのある香りを放つフルーツと花がたくさん思い浮かびます。
ライムのようなキリッとした酸味と肉厚なピーチのような香りも。

フィアノ、やっぱり最近オーストラリアで注目の品種なのかも。
ジェリコワインにも、これからもまた注目していきます。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければ下のコアラとアルパカくんを、ポチッと1クリックお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。




【モテるワインのコンシェルジュ Jouir】

 

こんにちは。
今日もご訪問、有難うございます。

別にユニコ・ゼロのまわし者ではないんですが・・・(ただの一ファンです)
今日のワインもユニコゼロです。
水曜日のワイン。

 

こちらは先日ご紹介したヴィンテージ・リリースの数ヶ月前に、リリースされたフィアノ。
Unico Zelo `Jade & Jasper` Fiano 2015
http://www.unicozelo.com.au/
ユニコ・ゼロ・ジェイド&ジャスパー・フィアノ

このフィアノは、写真でもお分かりかと思いますが、微発泡しています。
英語では、「Spritzy スプリッツィー」と言います。

この日の夜は本当に蒸し暑くて、爽やかでアロマティックなこのワインが、
あまりにピッタリで、とっても嬉しかったです。

キリンの模様みたいなラベルが可愛い。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければ下のコアラとアルパカくんを、ポチッと1クリックお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。




 

こんにちは。今日もご訪問、有難うございます。
最近は天気が荒れ気味のシドニーです。
今週は火曜日が祝日で、
本業はオフィス・ワークのサラリーマンの私、しっかりお休みをいただきました。



先日もご紹介したウッズ・クランプトンのワイン。
http://woods-crampton.com.au/
今回は、シラーズです。
シドニーの皆さん、これはまだまだ、在庫は潤沢にありますよ〜。

もし日本にまだ進出していないのであれば
ユニコ・ゼロに次いで注目株か?!と思っております。特に赤は。

バロッサで昔から植えられている品種(マタロとか、そういうマイナーなものを含め)を、
モダンなスタイルを上手に取り入れているトイったイメージ。
全てのワイン・ラベルは徹底して同じデザイン、ていうのも
なんか潔くてかっこいいなと。

日本にお目見えする日も近いのでは?!
と期待しております。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければ下のコアラとアルパカくんを、ポチッと1クリックお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。


 


ビジネス英語なら日経
英語で仕事できるって、やっぱり楽しいですヨ。

こんにちは。
今日もご訪問有難うございます。

オーストラリア・ワインの美味しさ、楽しさを伝えたい、と言いながらも、
正直あまりお教えしたくないワインも結構あります。

なぜなら、人気が上がりすぎると、自分が買えなくなって困るから(^^;
でもま、結局教えちゃうんですけども。どっちやねん。





ホドルス・クリーク・エステート シャルドネ
ヤラ・ヴァレーのシャルドネです。
http://www.hoddlescreekestate.com.au/

ヤラ・ヴァレーのシャルドネの、お手本のようなワイン。
しかもお値段20ドル。って安すぎじゃないのー?!って思う美味しさ。
ホドルス・クリークのワインは、お値段に対して質の高さに、いつもびっくりさせられるワインばかり。
ちなみに私はコ○トパフォー○ンス、という和製英語はあまり好きではない(というか英語圏では通じないので)ので使いません。
英語で言うならQuality-Cost Ratio、ってとこでしょうか。

程よい上品な樽も軽やかなボディも。
平日のおうちディナーでも、お持たせにも良いシャルドネです。

 
美味しいピノもカベルネも作っているホドルスクリーク。
また他のワインも順にご紹介したいワイナリーです。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければ下のコアラとアルパカくんを、ポチッと1クリックお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。




 勉強って確かにマラソンだよね・・・

こんにちは。
今日もご訪問、ありがとうございます。



写真は少し前のものですが、ヴィクトリア州のジーロング、レスブリッジ・ワイナリーのピノノワールです。

レスブリッジ・ワイナリー・メナージュ・ア・ノワール
Lethbridge Menage a Noir a Geelong Pinot Noir 
お値段は$30
http://www.lethbridgewines.com/
お店の棚に残ってた、最後の一本でした。

このワインを飲んだ時は「肉っぽいなー」と思った記憶がありますが
ティスティングノートを読んだら「ベーコン」だの「ジビエ」だの「皮革」などが出てきて
赤いサワーチェリーみたいな爽やかなキャラクターもあり
無濾過で味にしっかり深みがあります。丁寧に作られたワインなんだなあと端々に感じる。

ブドウは手摘み、 ワイルド・イースト(野生酵母)で、自然と乳酸発酵が始まるのを待つ・・という
なんとも自然のままーに、余計な手を加えないで、自然の恩恵を思い切り享受して作っているワインのようです。 

ところで、今このレスブリッジ・ワイナリーで、目下ワイン造りに励む日本人の若者がいます。
私の書いた記事ではないのですが、日豪プレスで若き日本人醸造家としてご紹介してます。
また、ポッドキャストTokyo飲食ライフにも出演されています。

通称トミー、またはKent君の、熱〜いインタビュー記事はこちら
1杯のワインから世界が広がる ー 富田堅巴さん 

そしてTokyo飲食ライフのエピソードはこちらです。
前編 後編

よかったら、読んで&聞いてみてくださいね。

いつも、目をキラッキラさせながら、ワインへの熱い情熱を語るKent君。
これからの日本のワイン業界の未来は、こういう若者がけん引するのだろうなあ、と親戚のおばさんのような目線で見守っている私です^^
頑張れっ!Kent君!

レスブリッジ・ワイナリーも、実はたまたま以前日豪プレスで取り上げたことがあったようなので
そちらもリンクを貼っておきます。
科学者が造る「最高のワイン」とは?
 

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければ下のコアラとアルパカくんを、ポチッと1クリックお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。
 

↑このページのトップヘ