Now Where's My Wine?

シドニー在住、ワインライター兼通訳のフロスト結子です。オーストラリアから楽しいワイン情報を発信します。

タグ:小規模生産者

先日会社の部署で、シラーズ持ち寄りディナーをやりました。
みんながそれぞれ違うシラーかシラーズを持ってくる、というもの。
私のコントリビューションはこれ。


トム・ショブルックのプールサイド。
バロッサのシラーでこんなに淡い色、しっかりと骨組みもあり飲みごたえもある。
革新派、超ヒップスターなワインなので、保守派のおじさまたちは嫌うだろうかと思ったら
意外や意外、逆に大好評でした。



プールサイドはまだ日本には入ってないのかな?



ボスはグランジ持ってきてくれました。1986年ヴィンテージ。





ビーチワースのSavaterre。これもすごく良かった。
これだけブラインドでテイスティングしたんですが、国と産地当てクイズ、全部当たった〜。

場所はNewtownのOldtown in Newtown。
http://www.oldtowninnewtown.com/



最近はBYOできるお店が、減ってきました。
それだけ本格的にワインを揃えているお店が増えたということでもあります。


 チリとパルメザンのかかった辛〜いチップス。辛いけど、これがまた癖になる美味しさ。

チームで集まってご飯を食べる、ってあまりないことだったのですが
これから3ヶ月ごとに違うテーマでやりたいな、ということに。
 みんな忙しいから、正直どれぐらい続くのか、というか2回目はあるのかな、と思うこともあるけど
まあそれはそれで。

 今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければ下のコアラとアルパカくんを、ポチッと1クリックお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。


LINEの読者登録はコチラから


ウニコゼロのネロダヴォラ。
以前も載せたことありますが、久しぶりにまた飲んでみました。

以前と同じ感想で恐縮ですが、香りはとっても’pretty"なこのワイン。
フレッシュな花束みたいな甘い香り、土っぽさはないので、切り花の香り。

最初は料理しながら飲んでいたら、酸味ばかりが気になるな〜と思っていたけど
ちょっと脂身のあるお肉と飲んだら、すっきりと美味しくいただけました。
イタリアの赤ってそういうのよくありませんか。
ワインだけで飲むと厳しいけど、食事と飲むと途端に美味しくなるワイン。
ウニコ・ゼロはオーストラリアのワインですけども、このネロダヴォラはまさにそんな感じでした。


今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければ下のコアラとアルパカくんを、ポチッと1クリックお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。


LINEの読者登録はコチラから

アデレード・ヒルズのカッコいいワインメーカー、ブレンドン・キースのペットナット。
オーストラリアのぺティアン・ナチュールは全然「微」発泡じゃない。



このシュワシュワ感。
味わいは極辛口Bone Dryです。
このスパークリングは、あまり冷やしすぎないほうが美味しくいただけますね。
勢いのある泡で、ちょっとリンゴのサイダーみたい。



 底には沈殿物が。

これから夏を迎えるシドニー、ビーチやプールサイドで飲みたい爽やかなスパークリングです。
クラウンシールだし。爽やか過ぎて、食べ物はそんなにいらない感じ。
我が家では今夜、料理しながらキッチンカウンターで、その後旅行の計画をしながら頂きましたよ~。



 

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければ下のコアラとアルパカくんを、ポチッと1クリックお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。


LINEの読者登録はコチラから 

以前もカバーしたウニコゼロのジェイド&ジャスパー・フィアーノ。
今年のヴィンテージは、微発泡していません。



2015年のヴィンテージは、微発泡どころか、結構な勢いで発泡してましたが
今年のフィアーノは、もっとテクスチャーがあってリッチなタイプです。

ちなみに、こちらが2015年の画像。

なかなかしっかり、泡立ってますね。

青リンゴのような爽やかさに蜜蝋のようなテクスチャーが加わったウニコゼロ。
ワインメーカーは、イタリアわいんに情熱を持つ若い夫婦、ローラ&ブレンダン・カーター夫妻です 。

南イタリア生まれフィアーノ、最近オーストラリアでとっても流行ってます。 
フィアーノって、オーストラリアとイタリアでぐらいしか作られてないんだって。
世界で2カ国しか作ってない品種って、結構レアですよね。




これは微発泡の方。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければ下のコアラとアルパカくんを、ポチッと1クリックお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。


LINEの読者登録はコチラから 


先日頂いた新しいピノ・ノワール。
Stuart Proud Eagle Pinot Noir 2015 
スチュワート・プラウド ・イーグル・ピノ・ノワール2015
ニューサウスウェールズでは12ケースしかストックが無いらしい。
とろっとしてまろやかなテクスチャー。
キドニー豆みたいなほっこりとした香りがします。

 Thousand Candlesってワイン、聞いたことありますか?
ウィリアウム・ダウニーという、ピノ・ノワールに情熱を注ぐワインメーカーのプロジェクトだったこのワインに
ブドウを提供しただか、このスチュワートさんが栽培チームだったか、そのどっちもだったか。
なんだか良く分からないけど、そんなことらしい(いいかげん)。



 
今週のシドニーは突然また気温が下がって
もうすぐ春?と思っていた矢先にまた冬に舞い戻り。
なんだかだまされた気分です。

大きな仕事がひと段落着いて、ちょっと余裕が出てきました。
またチョイチョイ書いていきますね。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければ下のコアラとアルパカくんを、ポチッと1クリックお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。


LINEの読者登録はコチラから 

↑このページのトップヘ