マラソンブログも更新しています→もはや習い事の域

こんばんは。会社を辞めたり色々していまして、少し時間が空いてしまいました。

4月のフランス紀行を思い出しながら書いていこうと思います。
パリは本当に綺麗な街で食べ物も美味しいし、可愛いカフェやワインバーもたくさんあって
本当に楽しかったです。

そう、パリには楽しいワイン・バーがたくさんありました。
ビストロも楽しかったけど、ワインバー巡りがとっても楽しかったです。

まず、ホテルの近くで見つけて何度かリピートしていったのがこちらのワインバー。

Inaro
↑フェイスブックページに飛びます。

IMG_2918
英語のメニューもあったよ。
ごくシンプルなオーダーシステムで
グラスワインを赤、白、ロゼ、バブリーの中から価格帯を
Good, Better, Awesomeから選ぶというもの。

日本でいうとこの松竹梅みたいなシステム。順番逆ですけども。
鰻やお寿司の並、上、特上みたいな。
ちなみにバブリーはシャンパンでした。
多分ワインがその時によって変動することもあってか
銘柄は書かれてません。
ので、本当に値段だけで選ぶ感じ。品種もお任せ。
もちろん「こういうのが飲みたい」というリクエストは聞いてくださいますし
決める前にテイスティングもさせてくれ
とってもリラックスしたバーです。

ナチュラルワインバーのようだったので基本オーガニックやバイオダイナミックや無濾過、無添加のワインが多いようでした。
ちなみにハウス・シャンパンはドゥラモットでした。




どんなワインが飲みたいか値段はいくらぐらい払いたいか
ということだけ伝えれば
好きなワインが飲めるシステムでした。


IMG_2915

このロゼHARUが美味しかったです!とれたての梅で作った梅ジュースみたい。


IMG_2917
 
Crunchyな赤、と言ったら出てきた。
最初はCrunchyという英語がよく伝わらなかったけど、なんとかこんな感じ、と説明したら出てきました。確か、カベルネ・フラン。
クランチーって、きっとオーストラリア独特の表現ですよね。 


食事はおつまみ程度でチーズと生ハム、サラミ、燻製した魚、ナッツなどの盛り合わせ。
これも基本サイズだけを選ぶシステムのようでした。
なので本当に食事前後の一杯のためのバーって感じ。

例えば魚が苦手とか、ブルーチーズが苦手、といえば外してくれるっぽいです。

IMG_2919

 
グラスも可愛かった!

 今日も読んでくださって、ありがとうございます。

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから