Now Where's My Wine?

シドニー在住、ワインライター兼通訳のフロスト結子です。オーストラリアから楽しいワイン情報を発信します。

タグ:リストラ

私のリストラ体験記、最初から読む場合はこちらからどうぞ→

私は会社員勤めの間にフリーランスでも色々活動をしてきました。
連載をいただいている日豪プレスさんの他に
仕事に行きながら2つも3つも同時にプロジェクトを抱えることもあって 
なぜか、こういうプロジェクトって、重なることが多いんです。
でも来ないときは全く来ない。

今回はこの暇な時期に、フリーランスの仕事が入ればありがたいなーと思っていたら
むしろその逆で、会社を辞めるのとほぼ同時期に、クライアントの一つから、「契約終了のお知らせ」をいただいちゃいました。
まあ、そんなものですね。


それでも、仕事を辞めることになった時、しばらくはフリーランスだけでやってみようかな?
と思わなくもなかったですが、
ヘタレの私にそんな根性はなかったです。
IMG_3533


3ヶ月の間、フリーランスの仕事はほとんど入ってきませんでした。
そして改めて実感したのです。

フリーランスでお仕事を生活が成り立つほどに仕事をいただくには
自分からどんどん仕事をとる覇気と根性がないとやっていけない。
仕事が来ないなら取りに行かないといけない。

世の中にはフリーでやっている方ももちろんたくさんいらっしゃるわけですが
仕事の量や収入に波がある、ということが、不安すぎて、ヘタレの私には無理でした。

一方で、私はオフィス環境がなんだかんだでとても好きだったのだと、改めて。
人が集まって仕事をする場所が好きだし
特にワイン業界という場所は、いろんな人に囲まれて刺激を受けていなくてはいけない。

正直いうと、現場を離れてからは、ワインへのインスピレーションも下がりっぱなしで
全くアイディアがうかばず
ライティングなどの作業が、とても苦しかったです。
毎日出勤できる会社があってこそ、私はフリーランスも頑張れるのだと改めて。
そしてもちろん、家事をめっちゃやってくれる影武者のような夫の支えのおかげでもあります。

3ヶ月のお暇をいただき、またパワーアップして帰ってまいりました。
そして会社勤めが始まった途端、入ってくるフリーランスの仕事・・・笑
そんなものですね。


長く続きましたリストラシリーズ、次回で最終回です。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから
 

リストラシリーズまだしばらく続きます。

最初から読む場合はこちらからどうぞ→

うちは基本共働きですが、私が退職する近々までは、家事の大半を夫がやってくれていました。
朝のコーヒー、スムージー、お弁当、お洗濯。
IMG_3898

私の服をクリーニングに出してくれたり、アイロン掛けてくれることも。
 
朝私の方が早く出勤していて家でも仕事をしていたからということもありましたが、
夫の方が、家事能力は断然高い。それは今でもそうです。
 
夜は夜でBBQ調理の時は晩ご飯も作ってくれ
せめて後片付けぐらい私やるよーといえば
一緒にやった方が早いでしょ、と結局ほとんどやってくれたりしてしまう。

私が仕事を辞めてからはさすがに私が家事を一手に引き受けましたが
それでも夜の片付けとかは一緒にやってくれる夫。
 
いざ、自分が「家事をメインでする人」になってみて
今更だけど、家事って…家事って…大変だよね!

最初は嬉々として洗濯も掃除もマメにやってましたが
1ヶ月ぐらいすると飽きてきました。
まあ飽きてもやるんですけどね・・・他にあんまりすることないから。

  • やってもやっても永遠に終わりがない
  • 飽きた、嫌になったからと言って辞めることはできない
  • 余分にやろうとも効率を上げようとも、逆にサボっても目に見える形で評価されない
  • 孤独
家事をした主婦が「今日ここ掃除したんだよ〜綺麗になったでしょ??」と夫に逐一評価を求めるっていうアレ、

今ならめっちゃわかる


夫は私が朝の準備や掃除をやるようになってからは
毎朝いちいち感激してくれていました。

完璧か。

…ウチの夫、やっぱりちょっと変わってますかね🤔
 
オーストラリアでは日本に比べると断然男性が家事育児に積極的な印象はありますけども
ここまでやる人は、オーストラリアでもあんまりいない気がする・・・

ちなみに私が仕事に復帰した現在では、朝6時前に起きる私に付き合って一緒に起きて、朝の準備を手伝ってくれています。寝てて良いよって言ってるんですけどね…

でもこれって、一般的には妻がやってると当たり前だと思われることが多いんですよね。
男性がちょっとでもやるとすごい、優しい旦那さん!、って言われるけど。
なんか理不尽!

親になると、これにさらに子供の世話が加わるなんて。
宿題の世話とか、学校との連絡とか、習い事とか、バースデーパーティとか、ましてやキャラ弁なんて無理無理、絶対無理。
家事労働の大変さって、意外と感謝されてない気がします。

今は社会復帰した私。相変わらず家事は夫の方が上手ですが
前よりは家事、やってまーす・笑



今日も読んでくださって、ありがとうございます。

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから






オーストラリアでリストラに遭った話シリーズ

最初から読む場合はこちらからどうぞ→ ⑦   最初にも書きましたが、
オーストラリアではたとえ何年勤めても、基本自己都合による退職の場合、退職金は出ません。
IMG_3583

リダンダンシー、つまりリストラに遭った場合、勤務年数に応じて慰謝料のような感じでお金が貰えます。
9年勤めた私の場合は

  • 16週間分の給与(ただしスーパーアニュエーション(年金)はなし)これが勤続年数が2年とかだと6週間分とか、5年だと10週間分だとからしいです。
  • 10年間勤めた後にもらえるはずだった長期休暇分の有給
  • (3ヶ月居残ることによって追加された)リテンション・ボーナス
  • そしてどうやら非課税対象らしい
感覚としてはざっと7−8ヶ月分ぐらいの手取りのお給料分が貰えた感じでしょうか。
あんまりちゃんと計算はしてないですけど。



で、私のお金の使い道ですが

  • Macbook Air 今までは前職の会社やフリーランスの依頼先から貸与していただいたので、実は自分のマシンを持っていなかったので、これを機に、久しぶりに自分用に新しいものを買いました。IMG_3538
  • フランス語講座 今年頭から続けているフランス語の学校の学費に当てました。と言ってもそんなめっちゃ高くはないです。
  • 国内旅行 と言っても地味目。ニューキャッスル行ったりゴールドコーストでマラソン走ったりと、その程度。
  • キャリアコーチ代
あとは当面の生活費と、それ以外はダラダラ使ってしまいそうなのが怖かったので
投資用の口座に入れました。
リダンダンシーになったらああするこうする、と夢を見ていた時もありましたが
実際になってみると、やはり堅実にならざるを得ません。

一時的にまとまったお金が入る、とはいえ、あまり楽観視もできないのがリダンダンシーです。

私は結果的に退職して3ヶ月後に、しかも前職よりもかなり良い条件で
次の仕事が決まったので、運が良かった方だと思います。

でも、それは所詮結果論にすぎません。
同じ境遇で何ヶ月も仕事が決まらなかったとか、決まっても前回より良くない条件だったりとか
厳しい話もいくつも聞いていました。

いつまでもフラフラ、ダラダラと、いただいたお金を浪費する気持ちにはなれませんでした。
当たり前ですが、収入がなければ銀行口座の残高は減っていく一方です。
その減るスピードの速さに慄きながら、無職であることの怖さを思い知ったのでした。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから

 

オーストラリアでリストラに遭った話シリーズ
最初から読む場合はこちらからどうぞ→ ⑦
仕事を探すことになってから、とにかく業界・業界外のいろんな人に時間を作ってお会いしました。
「人に会いに行きなさい」

業界各人から「●●さんとxxさんと、キャッチアップしたらいいよ」と、これはキャリアコーチの友人だけでなく、複数の方にいただいたアドバイスです。

いわゆるネットワーク作りですね。
メールやSNSで様子伺いするだけでなく、直接会って話す方がお互いの印象に残りやすいし
いろんな話に繋がりやすいのだそうです。

アポを取って、お時間あればコーヒーいかがですかとお誘いする。
コーヒーじゃなくてもランチやワインテイスティング(業界の性格上)でも良いのですが

IMG_0326

ここでビックリしたのは「たとえ直接は知らない人やそこまで親しくない相手でも、話を聞いて役立つと思ったり働いてみたい企業だったらとにかくアポを取ってガンガン会いに行け」という指令でした。
これはわたしには最初非常にハードルが高かったのです。

でもこれは、直接会いに行って就職を世話して欲しいとかそういうお話ではなく
あくまで「キャッチアップしましょう」と言うカジュアルなもの。

意外な視点からのアドバイスをいただいたり
興味のある会社に知り合いがいることもあり得ます。
最初は忙しいのに時間割いてもらって悪いな・・・と尻込みしましたが

「相手もいつかあなたのネットワークが必要になることもあるのよ」
と言われ。
まずは気軽に会ってくれそうな、つまりハードルの低そうな友人、知人、元同僚などから声をかけました。
ありがたいことに実際声をかけてみると、時間を割いてくださった方が意外とたくさんいらっしゃいました。
返事がこない人も半分ぐらいいましたけど、まあそれはそれで。
振られてもあまり気にしないのがコツ。

流石に日本人の方相手にこれをやるのは、変なお誘いだと思われそうで憚られましたが
オーストラリアでは、あるあるなことのようです。
IMG_5411

そういえば私も昔、普段あまり連絡がなかった人からコーヒーに誘われたこと、何回かあったあった。
行ったり行かなかったりでしたが
それは仕事のお誘いだったり、そうじゃなかったり、いろいろでしたね。

直接仕事につながらなくても、彼らの仕事の仕方やアドバイスを聞くことで元気も出ましたし
君はこんな仕事が向いてるんじゃないかな、今はこんな仕事があるよ、こんな会社があるよ、
と色々助言いただき、大変ありがたかったです。
一番嬉しかったのは

君みたいな人は、本当にワインに情熱を持っている会社に行った方がいいね

と言ってもらったこと。
これが根本で一番役に立った気がします。
自分でも知ってたと思ったけど、改めて言われてやはりそうなんだと思いました。

ワインを扱っているといっても、会社のカラーはそれぞれ違います。
営業やマーケティングなど、一定の分野に優れているからその仕事をしている、扱うのは必ずしもワインじゃなくても良い、と言う人が集まる会社もあります。

以来、業界内での「コーヒーのお誘い」には極力イエスと言うようにしています。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから
 



リストラ体験談の続きです。
IMG_3513

最初から読む場合はこちらからどうぞ→⑥ 

前記事のTEDトークを見てから
少しずつですが物の見方が変わりました。


サイモン・シネック曰く、「お金のため💴」と言うのは「なぜ」にはならない。
それは単に「なぜ」を追求した「結果」に過ぎないと言います。

自分のやることにどんな意味があるのか? 何を信じて行動するのか? なぜ皆さんの属する組織は存在しているのか? 皆さんが毎朝起きて仕事をする理由は何なのか? どうしてそれが大切なのか?

私に今回助言をしてくれた友人の仕事は「何か」と言われれば
リクルーターでありキャリアコンサルタントです。
でも彼女は「お仕事は何をしているのですか」と聞かれると
「職業名」を言うのではなく、いつも

「私、人が自分のやりがいのある仕事を見つけたりキャリアアップするのを手伝って、幸せにするのが好きなんです」
 
と答えるそうです。

彼女の仕事はもっと総合的なもので、職業の名前ひとつでは表せないと言うこと。
でもその根底には強い信念があるから、職業名が何、とかは多分あまり関係のないことなのでしょう。
だから肩書きはこの際なんでもいい。
自分が「なぜ」それをするか、の方が、大事だから。

あなたはどうしてワインの仕事がしたいの

彼女がまっすぐに私の目を見て問いかけました。
何故って、そりゃあもちろんワインが好きだから。
なぜそんなにワインが好きなの

ここからは、自然とスルスルと答えが出てきました。
E23D0106-20D5-4D6C-8CB7-F90D9F7F8928

自分の信念を貫くことができるのなら、肩書きも役職もなんでもいいことに気づけたのです。
自分にとって、何故ワインがそんなに大事なのか、これからどうしたいのか
そして何が一番大事なのか、ようやく分かった気がします。
これからどうやって、自分に、ワインに向き合いたいのか。

IMG_3457

この日から、私は肩書きで仕事を探すのをやめました。
5年後、10年後、あなたはどこにいたいの。何をしていたいの。
ずっとモヤモヤしていたけれど、霧が晴れた気がしました。



今日も読んでくださって、ありがとうございます。

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから









 

↑このページのトップヘ