ワイン生活@オーストラリア

自然大国オーストラリアから、美味しいワイン情報をお届けします。

タグ:ヤラ・ヴァレー


最近色々と思うことあり、短くてもいいので1日おきのブログ更新を目指しています。
こちらのブログがお休みの日は、ランの方が更新されています。
さて、いつまで続けられることやら。

ヤラ・ヴァレーの新鋭ワインメーカー、ルーク・ランバートのロゼ、Crudoです。
ローストビーフなど、しっかり目のロゼが欲しいときによく買うワインです。
70%シラー、30%ネッビオーロです。
面白い組み合わせ。しっかりとタンニンも感じられます。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!

Facebookページができました

日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

ランニングブログ
ランナーズ・ハイ! in シドニー


「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから

先日のワインショップで買ったのはこちら。



Stuart Proud スチュワート・プラウドのヤラ・ヴァレー・ロゼです。
Nicely Dry。スッキリとした辛口です。奥行きがあり、なんだか噛みたくなるワインです。

スチュワート・プラウドは、ウィリアム・ダウニーの「1000キャンドルズ」プロジェクトに携わったブドウ栽培家です。




最近彼のワイン、良く見かけるので注目しています。


今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!
日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから



うーん、シドニーの皆さん、毎日暑いですねえ~。


昨夜のワインはコレ。

Gembrook Hill Sauvignon Blanc 2016 Yarra Valley
ソーヴィニョン・ブランって、ヤラ・ヴァレーではあまり主力の品種ではないですが
結構作られてます。

キャピキャピな感じのパッションフルーツ感はあまりなくて
タイトでミネラル感とシトラスが上品な、大人のソーヴィニョン・ブラン。

30を過ぎたころから若さをそのまま体現しましした!・・・って感じのマールボロのソーヴィニョン・ブランがすっかり苦手になりましたが
こんな穏かなソーヴィニョン・ブランだったら、また飲みたくなります。


今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!
日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから
 

マック・フォーブスのシラーです。
シラーズじゃなくてシラーね。



Mac Forbes Healesville Syrah 2015
無濾過無清澄。
タイトな青梅みたいなテクスチャー。

 オーストラリアでシラーズを敢えてシラーと呼んでいるときはだいたい涼しい気候で作ったエレガントなスタイルのものが多いみたい。

今日は日中は40度越えだったシドニー。
とは言え、オフィスにいるのであまり実感はありませんでしたが。

今週からDry Day(お酒を飲まない日:休肝日)を週1設けてみることに。
今までもやってみたけどほとんど続いたことがない。
ここ数年、ワインを飲まない日、って本当にめったにないので
一晩飲まないだけで体がかなり軽くなった、気がします。

でも週1ぐらい、体をリセットできるといいかもです。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!
日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから



 
 


先日頂いた新しいピノ・ノワール。
Stuart Proud Eagle Pinot Noir 2015 
スチュワート・プラウド ・イーグル・ピノ・ノワール2015
ニューサウスウェールズでは12ケースしかストックが無いらしい。
とろっとしてまろやかなテクスチャー。
キドニー豆みたいなほっこりとした香りがします。

 Thousand Candlesってワイン、聞いたことありますか?
ウィリアウム・ダウニーという、ピノ・ノワールに情熱を注ぐワインメーカーのプロジェクトだったこのワインに
ブドウを提供しただか、このスチュワートさんが栽培チームだったか、そのどっちもだったか。
なんだか良く分からないけど、そんなことらしい(いいかげん)。



 
今週のシドニーは突然また気温が下がって
もうすぐ春?と思っていた矢先にまた冬に舞い戻り。
なんだかだまされた気分です。

大きな仕事がひと段落着いて、ちょっと余裕が出てきました。
またチョイチョイ書いていきますね。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければ下のコアラとアルパカくんを、ポチッと1クリックお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。


LINEの読者登録はコチラから 

↑このページのトップヘ