Now Where's My Wine?

シドニー在住、現地法人でワインに従事するフロスト結子です。オーストラリアから楽しいワイン情報を発信します。

タグ:ヤラ・ヴァレー

私の会社では毎週金曜日社内でワインテインスティングをします。
それを仕切っているのが私の直属の上司なので、たまに上司が不在の時などは私がやらせてもらってます。在宅になってから、この金曜日のテイスティングがSkypeによるセッションなりました。

以前は当然ながら上司と私でワインを用意してたのですが
今はそれができないので
上司が火曜日ぐらいに「お題」を用意して
それに合わせて各自ワインを用意して参加しています。(参加は自由)

先週イースター前のテイスティングのお題は「チョコレートマッチング」でした。
私は普段チョコレートはほとんど食べないのですが
こういう大喜利っぽいのは好きなので考えてみましたよ。

私の選んだワインは
シラーズ&ピノ・ノワールのブレンドと、バルサミコ・ラズベリー入りのチョコレート
3292CA0C-47E0-4468-9FCC-5BF06781BCB9_1_105_c
シラーズとピノ・ノワールのブレンドは
ハンター・ヴァレーの伝説のワインメーカー
マウント・オーシェアの生み出したブレンド。

オーストラリアには古くからシラーズとピノ・ノワールをブレンドしていたんですが
最近このブレンドにまた注目が集まり
ジャイアントステップスのスティーブ・フラムスティード、マック・フォーブス、ヤラ・イエリングのサラ・クロウなど名だたる生産者たちが作っていて
再び新たなトレンドとして注目されているんです。
B3B51E40-7A17-4D16-B5A7-027AC2608AC6_1_105_c

今回はチョコレートに普通にピノ・ノワールやシラーズに合わせるより面白いかな、と思って選んでみました。甘酸っぱいベリーの香りとよく相まって美味しかったです。
ピノ・ノワールの滑らかさと軽やかさ赤いベリーの果実、シラーズのスパイス感と凝縮感がバランスよくまとまっています。軽やかですが凝縮あり。ハンターのシラーズですが全く重くないです。


「ピノ・シラー?へえ、新しいね?」なんて言われてますが
実は伝統のあるブレンドが復活したのですよ。
WANDS誌にも書かせていただきました。




ジャイアントステップス自体は日本にも入荷していますが、
このLDR(ピノ・シラー)はないのかな?アマゾンにはないみたいです。



今日も読んでくださって、ありがとうございます。

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから

6F96B47B-64EF-4188-8007-CD480ED35818_1_105_c

少し前の写真ですが、安定のMAC FORBESさん。
クリーンなスタイルのナチュラルワインを作る生産者さんで
おすすめしやすい。ので好き💚
She Drives Me Crazyという名前のワイン。
良い意味に訳してみると「彼女に夢中」
逆の意味なら「彼女に振り回されて頭がおかしくなりそう」

本当の意味はどっちでしょうね?
Macに聞いてみたい。

セミヨン、ソーヴィニョン・ブラン、シャルドネ、ミュスカデル、その他のブレンドです。
Mac Forbesの”EB"とはExperiement Batchシリーズという意味で
色々試験的に作った面白いワインがたくさん。
テクスチャーがあり、アロマティックな白ワインです。
この日は確か久しぶりに大雨が降ったあとで
裏庭の芝生がとても青々としていたんです。
湿り気のある空気と、青々とした裏庭とこのワインが
とてもよくマッチしていたのを覚えています。
今日も読んでくださって、ありがとうございます。

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから




最近色々と思うことあり、短くてもいいので1日おきのブログ更新を目指しています。
こちらのブログがお休みの日は、ランの方が更新されています。
さて、いつまで続けられることやら。

ヤラ・ヴァレーの新鋭ワインメーカー、ルーク・ランバートのロゼ、Crudoです。
ローストビーフなど、しっかり目のロゼが欲しいときによく買うワインです。
70%シラー、30%ネッビオーロです。
面白い組み合わせ。しっかりとタンニンも感じられます。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!

Facebookページができました

日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

ランニングブログ
ランナーズ・ハイ! in シドニー


「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから

先日のワインショップで買ったのはこちら。



Stuart Proud スチュワート・プラウドのヤラ・ヴァレー・ロゼです。
Nicely Dry。スッキリとした辛口です。奥行きがあり、なんだか噛みたくなるワインです。

スチュワート・プラウドは、ウィリアム・ダウニーの「1000キャンドルズ」プロジェクトに携わったブドウ栽培家です。




最近彼のワイン、良く見かけるので注目しています。


今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!
日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから



うーん、シドニーの皆さん、毎日暑いですねえ~。


昨夜のワインはコレ。

Gembrook Hill Sauvignon Blanc 2016 Yarra Valley
ソーヴィニョン・ブランって、ヤラ・ヴァレーではあまり主力の品種ではないですが
結構作られてます。

キャピキャピな感じのパッションフルーツ感はあまりなくて
タイトでミネラル感とシトラスが上品な、大人のソーヴィニョン・ブラン。

30を過ぎたころから若さをそのまま体現しましした!・・・って感じのマールボロのソーヴィニョン・ブランがすっかり苦手になりましたが
こんな穏かなソーヴィニョン・ブランだったら、また飲みたくなります。


今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!
日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから
 

↑このページのトップヘ