ワイン生活@オーストラリア

自然大国オーストラリアから、美味しいワイン情報をお届けします。

タグ:マクラーレン・ヴェイル


師走ですね。
クリスマス・シーズンまっただ中のオーストラリアです。
出張だったり風邪だったりで、時間のリズムがいまいち掴めていないまま新年を迎えてしまいそうです。

 

 

ジ・アザー・ライト・ブラインドフォールド
The Other Right Blidnfold Shiraz McLaren Vale
いかにもヒップスターっぽいマクラーレン・ヴェイルのシラーズ。

とってもライトでマクラーレン・ヴェイルのシラーズとは全く思えないいわゆるナチュラルワインのシラーズです。

オーストラリアのシラーズから、こんなに溌剌としたライトなワインができるのだなという一例。
しっかりとした骨組はあるのだけれども、出来立ててのフラジャイルさも、若々しさからくるテクスチャーも楽しめる、バランスのとれたワインです。

 今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!
日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook
ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければ下のコアラとアルパカくんを、ポチッと1クリックお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。


LINEの読者登録はコチラから

Mokaiのメルマガが10日に発行されました。
今回は、店長のゆうさんが、お店のブログにも記事を転載してくれましたよ~→★ 
良かったらまた見てください。

シドニーは、急に寒くなりました。




こう見えて、微妙にお仕事中。

先日買った、お得なワインセットがもうなくなって最後の一本。
パクストンのワインは本当に実直で優しくて美味しい。
すんなり飲めます。


今、色んなことを変えたい、変わりたいと思っていて
その過程で、なかなかうまくいかないことも多々ありまして
それでも、これがたとえダメだったとしても、
とにかくやれることはとにかく全部やっちゃえ、と思っています。
30代も後半に差し掛かると、もうガスガス前に進むしかない。

その流れで、先日「シドニーに来て、良かった?」と夫に聞かれました。

日本を離れているからこその苦労もたくさんある。
でもそれと同じぐらい、ここでしかできないこともたくさんできている。

から、うん、やっぱり来てよかったよ。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければ下のコアラとアルパカくんを、ポチッと1クリックお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。


 


新しいワイングラスを買いました。



ザルト!買ってしまいましたー。
びっくりするほど細いステム。




むむむ、この繊細さは・・・!!
ずっとリーデル信者 だったけど、このエレガンスは魅力!

でも繊細さは魅力だけど、全部のグラスをこれで揃えると思うとちょっとドキドキするかなぁ。


 
 
今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければ下のコアラとアルパカくんを、ポチッと1クリックお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。
 

こんにちは。ご訪問ありがとうございます。
今日のワインは南オーストラリア州のマクラーレン・ヴェールから。



 
優しい優しい味わいのシラーズです。
Battle of Bosworth Wine Puritan Shiraz
バトル・オブ・ボスワース ピューリタン・シラーズ
https://www.battleofbosworth.com.au 
因みにオーガニックで保存料無添加です。
 
「スペインの"joven ホヴェン"スタイルのように、フレッシュで若いうちに飲むスタイル」との事。
樽も使わずクリーンな仕上がり。
若々しい紫色のワインからは、これまた若々しいピュアな果実やお花の香りだけ。

ラベルの上の黄色い花はおそらくマスタードですね。
マスタードの花は「カバー・クロップ」としてよく自然派のブドウ畑に植えられています。
害虫や病疫の予防になる効果があり、また冬の間「冬眠中」の土壌に栄養を与えてくれたり、土壌の侵食防止にもなったりと、様々なメリットがあります。

このワインメーカーの別ラベルにSpring Seed Wine Coというブランドもあり、こちらは色んなお花の種のパッケージをモチーフにしたラベル。


http://www.springseedwineco.com.au/

例えば同じカベルネでも、幾つか違うお花の種類からラベルが選べます。
最近ボトルネックにお花の種が付いたものが売られてました。粋なプロモーションですね。



今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければ下のコアラとアルパカくんを、ポチッと1クリックお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。

 

日本でも買えるんだ!

こんにちは。ご訪問ありがとうございます。

本日は南オーストラリア州のマクラーレン・ヴェールのYangarra Estate PN Pet Nat 2014
をご紹介します。
http://www.yangarra.com/
お値段は32ドル。
 
Pet Natはペティアン・ナチュール(自然微発泡)の略。
・・・微発泡どころかサイダー並みの、結構な勢いの泡ですが・笑
ブドウの糖分が自然酵母によって自然と2次発酵を起こして発泡。
手摘み、足踏み、アンフォラ(粘土製の壺)で醸造。

写真提供:オット

これがアンフォラ。いろんな大きさや形のものがあるみたいです。

There have been no additions of yeast, enzyme, acid, tannin or sulphur.
ということで極力人間の手を加えずに作られた、とのこと。

因みにオーストラリアのスパークリングワインにはすっかりおなじみのクラウンシール。
グルナッシュ主体、ちょっと甘くてでもしっかりめボディ。クランベリー、ターキッシュデライト、どこかスパイクがあるなと思う印象はカリニャンから?
シャンパーニュよりずっと気軽にグビグビっと飲めてしまう。

ちなみにこれは、ワイン好きのネイリストさんのお宅へ持参したワイン。
華もあって芯もあって。そんな女性と一緒に飲みたい一本です。


ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

今日も読んでくださってありがとうございます。
 

↑このページのトップヘ