ワイン生活@オーストラリア

自然大国オーストラリアから、美味しいワイン情報をお届けします。

タグ:ペンフォールズ

お久しぶりの更新です。
先日お仕事でバロッサに行ってきました。 



広大なブドウ畑が延々広がるバロッサ。
オーストラリアでおそらく最も有名なワイン産地ですが
有名になるのにはやはり訳があって歴史深い、そしてホスピタリティに溢れたとても温かい場所です。

滞在中は、「地産地消」「コミュニティ」「地元愛」そんなキーワードがずっと頭に浮かんでいました。

そして、オーストラリアはニューワールド、というけれど、バロッサには世界に現存する、最古のシラーズやグルナッシュ、カベルネがあるのですよ。








 



普段はほぼ内勤で、オフィスでPCの画面を睨んで慌ただしく仕事をしていますが
やはりたまにはこうしてヴィンヤードやワイナリーへ行って
ブドウの樹やワインにも、直接触れなければ、と痛感しました。

オーストラリアのワイン産地も、まだまだ未開拓の場所が多くあります。
いつか全部回れるかな。

2016年も残すところあと3週間。
このまま、慌ただしく過ぎていきそうです。


今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!
日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook
ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければ下のコアラとアルパカくんを、ポチッと1クリックお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。


LINEの読者登録はコチラから

先日会社の部署で、シラーズ持ち寄りディナーをやりました。
みんながそれぞれ違うシラーかシラーズを持ってくる、というもの。
私のコントリビューションはこれ。


トム・ショブルックのプールサイド。
バロッサのシラーでこんなに淡い色、しっかりと骨組みもあり飲みごたえもある。
革新派、超ヒップスターなワインなので、保守派のおじさまたちは嫌うだろうかと思ったら
意外や意外、逆に大好評でした。



プールサイドはまだ日本には入ってないのかな?



ボスはグランジ持ってきてくれました。1986年ヴィンテージ。





ビーチワースのSavaterre。これもすごく良かった。
これだけブラインドでテイスティングしたんですが、国と産地当てクイズ、全部当たった〜。

場所はNewtownのOldtown in Newtown。
http://www.oldtowninnewtown.com/



最近はBYOできるお店が、減ってきました。
それだけ本格的にワインを揃えているお店が増えたということでもあります。


 チリとパルメザンのかかった辛〜いチップス。辛いけど、これがまた癖になる美味しさ。

チームで集まってご飯を食べる、ってあまりないことだったのですが
これから3ヶ月ごとに違うテーマでやりたいな、ということに。
 みんな忙しいから、正直どれぐらい続くのか、というか2回目はあるのかな、と思うこともあるけど
まあそれはそれで。

 今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければ下のコアラとアルパカくんを、ポチッと1クリックお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。


LINEの読者登録はコチラから

↑このページのトップヘ