ワイン生活@オーストラリア

自然大国オーストラリアから、美味しいワイン情報をお届けします。

タグ:テンプラニーリョ

日豪プレス、今月の記事がウェブにアップされています。
良かったら読んでね。
tempranillo

続きはこちらから。


昨日はずっと行けてなかった歯医者へ。
オーストラリアの歯医者は国民保険が効かないからなんせ高い。

プライベート保険に入っていたら、4割ぐらいはカバーされるけどそれでも高い。
でも放っておいて複雑な治療が必要で何千ドル、みたいな恐ろしい話もよく聞くので
意を決して歯医者へ

というのも、実は私の入っている保険会社BUPAには専用の歯科医院があって、
年に一度の検診は無料と、会員ならばかなり優遇されると知ったのが去年。
(会員じゃなくても誰でも検診は受けられます。但し優遇割引は無し)

せっかく毎月保険料払ってるのに、何がカバーされているのかちゃんと知りませんでしたよ
というわけで、歯石をごりごりごり取って貰い、スッキリ。
ずっと来てなかった割に歯茎も歯も健康です、と言われ、ホッ。 
検診、クリーニング、レントゲン3枚、フッ素コート等々で、合計469ドルの診察&処置費が
保険でカバーされてなんと完全無料
半年後の次回の検診は少しかかるかもしれませんが
これからはちゃんと定期的に来よう。

実は私、上の犬歯2本が生え変わらず、乳歯を2本持ってます。
もしや大人の歯がまだ埋まっているのか?!ということになりそれもチェックしてもらった。
大人の歯は残念ながら?埋まってなかったけど
歯根はしっかりしているので、チャンとケアしたら30年は大丈夫と言われました。
デンタルフロスは毎日してね、とのこと。

今年も体のメンテナンス、ちゃんとしよう。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!
日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから

今日も暑いよシドニー。



クレア・ヴァレーの醸造家、ケリ・トンプソンのテンプラニーリョ、パッソです。
彼女はどちらかというとリースリングで有名なのですが
ロゼや赤も美味しいものを作っています。
このワインはストライプだけど、他はポルカドット柄の、ポップなラベルが印象的。

最近暑いのでこちらも少し冷やしていただきました。
タンニン(渋味)が柔らかめな赤は、多少冷やしても美味しくいただけますね。

そういえば、今月の日豪プレスのコラムもテンプラニーリョがテーマです。
ぜひお手にとって、読んでみてくださいね。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!
日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから

こんにちは。
今日もご訪問、ありがとうございます。

先週日本のワイン業界の大先輩から、
「麻婆豆腐に合うオーストラリアワインを紹介して」
しかも「お肉は豚じゃなくラム肉で」
 その上「麻婆は四川風でよろしく」

というムチャぶり ミッションを頂きました。

以前ご紹介したユニコゼロのChopsticksや、トーブレックのマルサンヌもいいと思ったのですが
せっかくなので、まだご紹介したことのないワインを 。





SC Panelle Tempranillo Touriga 2014
https://pannell.com.au/
エス・シー・パネル テンプラニーリョ&トゥーリガ
30ドルです。

テンプラニーリョとトゥーリガ・ナシオナルのブレンドなんです。
スペインのヒーローとポルトガルのヒーローのブレンドですね。

麻婆豆腐と聞いて、辛い料理なら、やっぱりアロマティックな白?と最初は思いました。
リースリングやゲヴュルツなど、香り高い白ワインは辛いものとハーブや香辛料のように香り豊かなお料理とよく合いますし、口内の熱を和らげてもくれるのでピッタリなのですが

今回はラム肉、ということで、今回は敢えてスパイシーな赤にしてみました。
で、ふとポルトガルの品種のトゥーリガ・ナシオナルが頭に浮かび、これ。

桑の実と茶色い甘辛いスパイス。スターアニス、シナモン、チャイニーズ・ファイブスパイス。
ソフトでふくよかですが、軽やかなミディアム・ボディ。 
タンニンはごくごく控えめで滑らかな中に小粋なスパイクがあって。

ちなみに麻婆豆腐の写真はありません・笑
でも、ちゃんと作ったよ!ラムで。
美味しくいただきました。

SCパネルのワインメーカーはスティーヴン・パネル。
2015年の「オーストラリアン・ワインメーカー・オブ・ザ・イヤー(グルメ・トラベラー)」
2014年にオーストラリアのワイン・ショーの中でも最も栄誉とされる「ジミー・ワトソンズ・トロフィー(ロイヤル・メルボルン・ワイン・ショー)」を獲得。
最近ジェームス・ハリデー氏のワイン・コンパニオンのサイトでも特集記事が出ていたりして
こちらも注目のワインメーカーさんです。
ロボットのような印象的なラベルが可愛いですよね。



これはシラー。
ちなみにジミー・ワトソンズ・トロフィーを獲得したのは、2013年のシラーです。


さて、このミッション、合格点は如何程ですか?

今日も読んでくださって、ありがとうございます。





Love, from Sydney

ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければ下のコアラとアルパカくんを、ポチッと1クリックお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。




英語強化月間ちう。 

↑このページのトップヘ