ワイン生活@オーストラリア

自然大国オーストラリアから、美味しいワイン情報をお届けします。

タグ:タスマニア



ある日の会社でのテイスティング。
マーティンボロのクラギー・レンジ、モーニングトン・ペニンシュラのムールドック・エステートのマッキンタイヤ・ピノ・ノワール、そしてタスマニアのフロッグモア・クリークのピノ・ノワール。

冷涼気候のピノ・ノワールがゾロリそろったラインナップでした。
いつもこんなのばっかりじゃないのです。
普段はもっとやっつけな感じでテイスティングをしています・笑
ちなみにこの日はシャルドネもよかった。

今、オーストラリアではクール・クライメイトが熱い。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!

Facebookページができました

日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

ランニングブログ
ランナーズ・ハイ! in シドニー


「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから


クリスマスも新年も、ほぼ通常どおり稼働していた我が家ですが、
ようやく、少し遅めの休暇です。
朝4時に起きて、早朝6時半のフライトで、タスマニアのホバートへやってきました。

まずは着いてすぐに、MONA - Museum of Old and New Artへ。

この美術館はMoorilla Estateというワイナリーの敷地内に建てられた地下三階の美術館で
大富豪デビッド・ウォルシュのプライベート・コレクションを一堂に会したもの。
個人のコレクションと言ってもかなり大規模で、
しかもかなり不思議な作りの建物で、隠し扉のように次々に現れるアートに圧倒されながら歩き回った3時間。








ダイナソーで作ったダイナソー。







館内に各作品への説明はなく、iPodのアプリとヘッドフォンで解説を楽しめるシステムになっています。
池田亮司など、日本人アーティストの作品もいくつかありましたよ。



ちなみにMonaへはフェリーで行くのが便利なのですが、少し余分を払うとPoshpitというVIPルームでゆったりすることができます。
スパークリングワインとフィンガーフード、あるいはデザート付き。かなりお勧めです。
ちなみに12歳以下の子供は入れない、大人だけの空間です。

アート鑑賞のあとはもちろんワイン・テイスティングへ。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!

Facebookページができました

日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

ランニングブログ
ランナーズ・ハイ! in シドニー


「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから

↑このページのトップヘ