Now Where's My Wine?

シドニー在住、ワインライター兼通訳のフロスト結子です。オーストラリアから楽しいワイン情報を発信します。

タグ:シャンパーニュ

前回マルシェでお買い物した美味しいものたちと
シャンパーニュを持って
パリの公園へピクニックへ行きました。
春の晴れた日のパリの公園、家族連れやカップルで賑わいます。
IMG_3013
良さげな場所を見つけて落ち着くと、すぐそばにロゼ・ワインを持ってきたのに
どうやらコルクスクリューを忘れたらしきお兄さんがいて
他のカップルに、ワインのボトルを見せながら「あれ、持ってない?」と聞いているのを見かけました。
エクスキューズモアー、ムッシュー、と声をかけ、 貸してあげました。
私の限られたフランス語で通じる範囲でよかった・笑
IMG_3014
IMG_3023

 
旅の必需品、リーデル・オー。
グラスを旅行に持っていくなんて、すごいねとよく言われますが
正直プラスチックのカップを都度買ったり持ち運ぶ手間と、さして変わりありません。
ちなみに最近はシャンパーニュにも大きめのグラスを使うのが好きで
ピノ・ノワールのグラスを使ってます。

ちなみにシャンパーニュはカナール・デュシェーヌのブリュット・ナチュールでした。


IMG_3029
 パリ・マラソンのパーカー☺️ 
IMG_3042
 温かな春のパリ、美しかったです。

ちなみにこの公園は、Buttes Chaumontというところです。
今度はここで走ってみたいです。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから
 

贅沢な雨の朝を過ごした後
ランチにオススメのレストランをゴッセのナタリーさんに教えてもらいました。 

エペルネは本当に小さな町で、モエ・エ・シャンドンやペリエ・ジュエのような大きなシャンパンハウスが並ぶものの
ものすごく観光地化してるわけでもないという印象でした。

Bistrot le 7
オレンジ色の壁に、暖かな雰囲気のあるビストロでした。
古いお屋敷に招かれたみたいな気分になれます。

予約はしませんでしたが、平日だったからか空いていました。
暖炉のすぐそばの席に案内していただきました。


IMG_2904
ホワイトアスパラのテリーヌ♪
IMG_2906
チキンの煮込み

IMG_2907
 旦那さんは仔牛のキドニーの煮込み。
 
午後はゆったりと何もせずに。
この人には一応ご挨拶。

IMG_2908


今日も読んでくださって、ありがとうございます。

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから 

マラソンブログも更新しています→映画にっき Brittany Runs a Marathon

パリ滞在中、1日電車に乗ってシャンパーニュへ行ってきました。
パリからさらに北にあるエペルネ、しかもこの日は雨が降って少し寒かったですが
私は雨がそんなに嫌いでもないのです。
私たちが結婚した日も雨でしたし。

しっとりとした小さなエペルネの町に
雨が降っているのも、なかなか情緒があると感じました。

今回ランスではなくエペルネを選んだのは
シャンパン・ハウスのゴッセとアポイントがあったからです。
一般非公開のシャンパン・ハウスですが、今回は同業者の夫がアポを取ってくれました。

IMG_2880

ブランド・アンバサダーのナタリーさんが迎えてくれました。 
ロビーで少し歴史の話を聞いてから近代的なセラーを見せていただく。
IMG_2852
ノン・マロラクティックのシャンパーニュとしても知られるゴッセ。
温度調節のできるステンレスタンクで熟成させます。
 
IMG_2855

そして地下へ。長い長い回廊が続く、とてもとても広い地下セラー。
迷路みたいです。
これがエペルネの町全体の地下にあると思うと、感慨深いものがあります。

IMG_2857
 憧れのシャンパーニュの地下セラー。

IMG_2858
文字通り、宝物がたくさん眠ってます。

IMG_2861
 
IMG_2876
 
IMG_2879
 ミュズレ山盛り。
 
しっかり歩いた後はもちろんゴッセのテイスティング。 

IMG_2900

ゴッセはノン・ヴィンテージも最低3年、ヴィンテージは時に10年以上熟成させるらしいです。

グリーンのラベルはまだこの時点でオーストラリアにも未入荷のグラン・ミレジメ2012年。
この時は4月だったのですが、ちょうどドイツのプロヴァインに出展中で
その時に初お披露目されたものだとか。
あとで自分のノートを見返すとHoney、と一言書いてありました。
芳醇かつ極辛口の贅沢なシャンパーニュでした。


IMG_2889


ブランドマネージャーのナタリーさん。
美しい方でした。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから

 


夫からのクリスマス・プレゼントの一つ、
ブドウ農家のシャンパーニュメーカーについて書かれた本
Robert WaltersのBursting Bubblesです。

休み時間、通勤、帰路、何かとスマホやパソコンの画面ばかり見がちですが
敢えて紙の本をゆっくり手に取る時間はやっぱり貴重。
毎朝数ページずつしか読めませんが、紙の感触、匂いも一緒に楽しみながら。

この本は、例えばシャンパンの批評やガイド、あるいはWSETなどの資格試験の勉強用というよりは
それぞれの生産者の素顔にフォーカスした本、といった感じです。
まだ全部読んでないけど。


Robert WaltersはBibendeumというオーストラリアのワインインポーターのオーナーです。
日本でも買えるようなので、良かったら手に取ってみてください。 



 今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!
日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから

皆様、新年明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
シドニーの新年の花火を、今年も無事に見ることができました。

MARIE
(C) M.F. 友人による撮影






ゲストが持ってきてくれた、Rockford Black Shiraz Sparkling。
オーストラリアに住んでいてもなかなか手に入りづらい、希少なスパークリングシラーズです。
日豪プレスのコラムでスパークリング・レッドを書いた回、これも紹介したかったけど
手に入りづらいという理由でお薦めから外した、というもの。
タバコの香り、クローブの香り、複雑味と深みのあるとても美味しい、大人っぽいスパークリング・シラーズでした。




 
バスケットプレスというシラーズでも有名です。


全部は写ってないんですが、6人で9本のワインが空いた夜。
全員二日酔い無し(多分)。

さて、さっそく今年の抱負。

【走る】今年は去年できなかった「トレイルラン」に挑戦したいです。フルマラソンももちろん走ります。後、州外の大会にも出たい!怪我に注意して走りやすい体作りも。

【仕事、学び、生き方】仕事、というか働き方。次の段階に進むべき段階に来ているのではないか、と思っています。今年も何か、学びたいなあ。

今年やりたいことを、新しいほぼ日手帳のおまけページ「MY100」コーナーに書き込んでいく。
sample_5
sample_6
やり遂げたらチェック✔も入れられます。便利!

さっそく書き出してみるものの、今のところやっと20個ぐらいです。
現実問題今年中はきっと無理、と思うことでも、とにかくどんどん書いてみようと思います。
いつか実現する日のために。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。

Love, from Sydney

こちらもよろしく!
日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

バナーを新しくしてみました。「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから
 

↑このページのトップヘ