Now Where's My Wine?

シドニー在住、現地法人でワインに従事するフロスト結子です。オーストラリアから楽しいワイン情報を発信します。

タグ:シドニーライフ

在宅勤務も4週をすぎ
だんだんと「New Normal」に慣れてきたとはいえ
この異常な状況のなんともいえない不安に襲われたりしていますが

なんだよくわからないけど平日はほぼ毎朝吐き気がする(でも吐かない、吐けない)
なんの前触れもなく涙が出たこともある
「不安」「ストレス」を感じて体が反応していることは確かでした。

長丁場になるかもしれないCOVIDー19のこの時期を乗り越えるため
今私が意識してやっていることを少しご紹介したいと思います。

瞑想🧘🏻‍♀️
まず、吐き気のことを夫に相談したら瞑想を勧められました。
そういえばと、お世話になっている方からも以前勧められた瞑想用アプリHeadspaceを久しぶりに開いて
毎朝3分ずつからスタートし始めました。瞑想のセッション以外にも
ストレスを解放するコツなどをわかりやすく手短に紹介したビデオコンテンツもたくさんあったりして



最初は、というか今もその効果はよく解ってないのですが
毎朝意識して時間をとり
呼吸を整え意識を集中させることには
少なからずリラックス効果はあるようです。

心配事を考える時間が少し減った気がします。
今日でちょうど10回目のセッションを終えました。
無料期間を終えると有料になるアプリですが、しばらく続けてみようと思ってます。

紙の本📚
身体が食べ物を必要とするように、魂は本を必要とする。本はこころのご飯です
家にいることが多く在宅で仕事をするので
どうしてもパソコンやスマートフォンをいつも以上に見てしまい
必要なこととはいえニュースにもうんざり
ソーシャルメディアにもYouTubeにも飽きてくる
なので本を読む。
紙の匂い、手触り、フォント、インクのシミが癒しになります。
まだまだ英語の本は読むのが遅いので
オーディオブックも兼用して物語に向き合います。
時には走りながら、時には大事に選んだワインとともに。

IMG_5452



IMG_5432
Normal People (English Edition)
Rooney, Sally
2018-08-28


IMG_5344




AESOPのハンドケア🤲
お気に入りのイソップのハンドサニタイザーとハンドソープ、ハンドクリーム。

匂いもパッケージも、もうとにかく癒し。
何度も手を洗うのでカピカピにならないように。
ハンドサニタイザーはずっと売り切れだったのですが
関係者のお友達が再入荷直後にすぐ教えてくれて、オンラインで買うことができました。
その日のうちにまた売り切れていたけど・・・
IMG_5436ランニング🏃‍♀️
運動のための外出はまだ許されています。ただ例えば車などで移動してビーチに行って走る、とかいうのはもうダメらしく家の近所で、というのが原則らしいのです。ので家の近所で新たなルート開拓をしています。
IMG_5430

これについてはランニングのブログに。

次は久しぶりに笑、ちゃんとワインのお話を書こうかな?

今日も読んでくださって、ありがとうございます。

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから

こんばんは。

58428FDC-EBE7-45B7-9E61-4AC5D0D63A88_1_105_c
ニュージーランドの中野くんの九能ワイン、ナルキッサス。
オーストラリアにも入荷しましたよ。
すごくいい香り!ゲヴュルツ?と聞いたら、色々混じってるそうです。

先日オーストラリアの首相が
オーストラリアに入国した全ての人は14日間の自主隔離を求めると発表しました。

私たちは先週金曜日から自宅勤務となりました。

会社によって対応はまだバラバラのようですが
多くの人がリモートワークをしている状況です。

私の勤務先は今月いっぱいはとりあえず自宅勤務です。
モニターが小さくてやだなーと思ってましたが、なんとか慣れました。
各種ミーティングや出張もキャンセルとなりました。

オーストラリアは基本自宅で仕事をするというのは普通にあることなので
この辺は日本よりも素早く切り替えができたのではないかと思います。

お店は開いてますが、うちの近くのスーパーマーケットでは
トイレットペーパー、ハンドサニタイザーなどの衛生用品、
米、パスタ、缶詰食品、冷凍食品、お肉などが品薄な模様です。
が、完全に売り切れてるというわけでもないようです。
肉以外の生鮮食品は今のところ普通でした。
カフェではキープカップ(マイカップね)の持ち込みを断るお店が増えてきました。

500人以上の集まりが禁止、とのことで
5月いっぱいまでの各マラソンなどのスポーツイベント
学校行事、劇場関連、お祭り、セミナー、ワイン系のイベントなどが中止となっています。

今日週1のフランス語のレッスンに行ったら
導入でき次第、オンライン講座に切り替える態勢を整えてるとのことでした。
室内での少人数の集まりも避けるようにという通達が出たことによるものと思われます。
このままだとフランスのように学校やレストランも閉まるかもしれません。
カンタスとジェットスター航空はフライトの90%が休便になったとか。


でも、マラソンは中止にはなったけど、まだ走ることはできる
会社には行けないけど仕事と収入はある
食べるものもあるし
服も洗える、シャワーも浴びれる。
ネットもあるし、本もある、ワインもある。

900A177F-8AE0-43AA-880F-92ACEA7C5129_1_105_c


・・・まあまあ大丈夫な気がしてきた。

状況が随時変わっている状態なので
いつこの状況がどうなるかは分かりませんが
政府の偉い人にもお医者様にもわからないようなので

私はできる仕事をしようと思います。
とりあえず、気分を上げるためにお気に入りのハンドソープを買ってみました。


皆様もどうぞ、出来るだけ心穏やか過ごせますように。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから

新年あけましておめでとうございます。
今年最初のワインは、Unico Zeloでした。
バルベラ&ネッビオーロです。



2017年は、すごくたくさんのワインメーカーさんやブドウ栽培家さんや、ワインライターさんにお会いできた、ありがたい貴重な機会がいくつもありました。

夫が怪我で動けなくなった時は、いつも何も言わずに当たり前のように支えてくれる彼のありがたみを改めて痛感しました。


さてっと、今年の全体的なテーマは
Follow my gut feeling
自分の心に正直に生きること。仕事でもそれ以外でも、もし何か決断に迷ったら、理屈ではなく心から素直にやりたいと思うかどうかで決めること。


具体的な目標は

【WSET Educator&APPになる】
そろそろ少しでもワイン産業に、直接的に還元したい。というわけで、今年はワイン教育へかかわっていきたいと思います!そのためにお勉強をまた始めます。また新たなステージへ進めるよう頑張ります。


【運転免許】
去年、年末ギリギリに学科試験に合格しました。今年は一人で運転ができるようになるProvisional 1が目標です。



【書く】
英語で書く機会を増やします。それから、もっと早く書くこと!効率よく、いい文章を書けるように。




WSET Diplomaの現役受験生の方々が、このブログや前のブログを見てくださって
声をかけてくださることも多いのですが
これから受験される方々が、希望を持てるように
厳しい受験勉強をより頑張れるように
結果を残せるよう、今年も色々邁進してまいります!

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!

Facebookページができました

日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

ランニングブログ
ランナーズ・ハイ! in シドニー


「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから





また時間が開いてしまいました。

昨日は冬至でした。
これから少しずつでも、また日が長くなっていくのだなと思うと
ちょっと前向きになれます。
家に帰ったら外が真っ暗、というだけで、気がめいりがちです。

さて、先日シドニー・フィルム・フェスティバルで
フランスのワイン映画を見ましたよ!


英題:Back to Burgundy
原題:Ce qui nous lie(私たちをつなぐもの)
ブルゴーニュのドメーヌに生まれ、父親との確執から故郷を長く離れ、人生に悩むワインメーカーの男性が、父親の危篤をきっかけに妹弟の元に戻り、またワインを作るという話。

美しいブルゴーニュの風景
ワイン造りのプロセス一つ一つにおけるDecision making
家族やパートナーとのぶつかり合い、そしてReuniting。

ところどころ「このシーン、必要?」みたなところもなきにしもあらずだけれど
全体的に美しく、笑いどころも多くあって良い映画でした。
グラス好きな方、ザルトやリーデルもいっぱい出てきますよ。

主人公はオーストラリアでワイン造りをしていた、という設定なので
オーストラリアも少しだけ出てきます。

普段はあまり映画を見ないのですが、
フィルムフェスティバルの時はなんだか楽しくて、つい出かけたくなります。









帰りは遅めのディナー。

アデレード・ヒルズのMichael Hallのワイン、Blanc de Pigeon。
シャルドネとソーヴィニョン・ブラン、という奇抜なブレンド。
なかなか面白いワインでした。

後を引くしっかりめのテクスチャーと美味しさ、アロマティックな白です。

誰が誰と飲んでも間違いなく美味しいワインではあるけれど
できるならこのワインの面白さがわかる人と飲んだら面白いだろうな、と思うワイン。



今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!
日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

ランニングブログ
ランナーズ・ハイ! in シドニー


「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから

今週末は3連休でした。

平日は家でも仕事をすることが多くて、しかも料理の大半がBBQを使うこともあって、
BBQが得意な夫に料理をまかせっきりなので
せめて週末ぐらいは妻っぽいことを。



ビーフ・ブリスケットです。

最近シドニーで流行っている肉料理と言えば
ビーフブリスケットとプルドポーク。
がっつりと大きなお肉のブロックを、じっくりとローストして
そのお肉をほぐして、サンドイッチやサラダにしたもの。

作り方はとても簡単で、お肉の表面を軽く焼いて、マスタードを塗り
ハーブとタマネギと一緒に4-5時間オーブンで焼くだけ。



ソースはレッド・カラントのジェリーと、レッドワイン・ビネガー、小麦粉。
ふかふかの白いパンに、コールスローサラダと一緒に。



ちなみにこの本のレシピを参考にしました。ジェイミー♪♪

本来は節約レシピなのですが
日本では大きな肉の塊を買うのが難しいから、あんまり節約にはならない、かも笑

レッド・カラント・ジェリーを料理に使うって、イギリスっぽい?








ワインは以前も少しご紹介した、イギリスのスパークリング。
極辛口のシャンパンのよう。
この洗練されたパッケージもさることながら
特別な時のためのワインです。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!
日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

ランニングブログ
ランナーズ・ハイ! in シドニー


「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから

↑このページのトップヘ