ワイン生活@オーストラリア

自然大国オーストラリアから、美味しいワイン情報をお届けします。

タグ:クレア・ヴァレー

こんにちは。
ただいまクィーンズランドにて休暇中です。
この間にたまった写真と記事を整理します。

去年のイースターあたりにクレア・ヴァレーのジム・バリーが
ギリシャの土着品種の白ブドウ、アシルティコをオーストラリアで初めて植えたと教えていただいて
その時は探してみたものの全く見かけることもなく
きっとすごく希少なワインだから、セラードアまでいかないと買えないのだろうなと思っていました。

で、しばらく忘れてたんですが、先日訳した記事に、このワインのことが書かれていたので
何気にジム・バリーのホームページを見てみたら。


普通に買えました。
1人6本まで、という限定付きですが。

極辛口で、糖分を一切感じません。
そして舌触りがチョーク、チョーク、チョーク。
ちょっとシャンパンみたい・・・いや、もちろん発泡はしてないですけど。
クレア・ヴァレーのリースリングみたいなミネラル感も。
これは生ガキやハマチの刺身と一緒に頂きたい。きっと食べ物と一緒の方が、美味しくいただけるワインだと思います。

オーストラリアでアシルティコをわざわざ作った、ということの面白さが分かち合える方と
一緒に飲みたい一本です。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!
日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

ランニングブログ
ランナーズ・ハイ! in シドニー


「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから

今日も暑いよシドニー。



クレア・ヴァレーの醸造家、ケリ・トンプソンのテンプラニーリョ、パッソです。
彼女はどちらかというとリースリングで有名なのですが
ロゼや赤も美味しいものを作っています。
このワインはストライプだけど、他はポルカドット柄の、ポップなラベルが印象的。

最近暑いのでこちらも少し冷やしていただきました。
タンニン(渋味)が柔らかめな赤は、多少冷やしても美味しくいただけますね。

そういえば、今月の日豪プレスのコラムもテンプラニーリョがテーマです。
ぜひお手にとって、読んでみてくださいね。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!
日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから

こんにちは。
ご訪問ありがとうございます。

今日ご紹介したいのは、「モンスターズ・アタック」という面白い名前とラベルのリースリングです。

一昔前の海外アニメのようなラベルが強烈なインパクト。

Some Young Punks Monsters, Monsters Attack! Riesling
お値段は$25ぐらい。
http://www.someyoungpunks.com.au/

ホワイトマスクのようなフローラルな香りが華やかで、しっかりめに糖分を残したオフドライ(中甘口)・スタイル。
産地は南オーストラリア州はクレア・ヴァレーのWatervale(ウォーターヴェール)。
多くの優れたオーストラリアのリースリングがここから生まれています。



あまりワインに詳しくないけど飲むのは好き、という女友達と
モダン・ベトナム料理のBYOディナーへ持参しました。「ブドウの味がする〜」と言ってました。
ピリ辛&甘酸っぱい、東南アジアのお料理にピッタリです。

Some Young Punks(とある若いパンクたち)というブランドを立ち上げたのは、3人の若いワインメーカー、Jen Gardener、 Nic BourkeとCol McBryde。

ワインのちょっと堅苦しいところを思い切り打ち破ってくれる、こんな遊び心いっぱいのワイン、楽しいですね。
でも品質は決して落とさずに。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。
 
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


↑このページのトップヘ