ワイン生活@オーストラリア

自然大国オーストラリアから、美味しいワイン情報をお届けします。

タグ:オコタ・バレルズ

今年3度目の風邪を引いています。
私だけかと思ったら、他にもそういう人が周りにいたので
どうやらそういう冬らしいです。
今はサッパリ味覚が解らないので少し前に飲んだワインをご紹介します。


オコタバレルのヴェルモット風。
厳密に言うと酒精強化ではないのでヴェルモットではない。
息子さんが庭で摘んだ17種類のハーブを放り込んで作ったものだそうです。
ブーケガルニの入った赤ワイン。冷やして飲みましょう。

パトリック・サリヴァンのハギスみたいでしたよ。
これからの季節に合いそうな、夏っぽいワイン、といいたいところですが
実のところシドニー、まだまだ寒いです。

仕事は半分ぐらいの稼働率、会社の仕事は自宅からアクセス、翻訳したい記事溜まってゆく。
週1のランニングクラブにも行けないし、仕事のディナーもキャンセル。

病気ってつくづく不便です。
風邪は引いてしまうと、もう休むぐらいしかできないけど
その休むということが、実はなかなか難しいですね。



最近好きなネイティブフラワー。力強く美しい。
こういうお花の咲く庭が欲しい。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!

Facebookページができました

日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

ランニングブログ
ランナーズ・ハイ! in シドニー


「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから

こんにちは。ご訪問有難うございます。

最近急速に変化しつつある、オーストラリアのシャルドネを。
 

Ochota Barrels The Slint Vineyard Chardonnay Adelaide Hills
http://ochotabarrels.com/
オコタ・バレルズ スリント・ヴィンヤード・シャルドネ
お値段$40と、ちょっと高め。

程よい上品な樽使いとフルーツのバランスが絶品のシャルドネです。

オーストラリアのシャルドネといえば、ちょっと前までは
樽もしつこいほど主張して、アルコールも高く、果実味もギュンギュンくるようなFattyなものか
そうじゃなければ、完全にプレーンで、ただのドライな白ワインか

そんなひと昔前のオーストラリアのシャルドネの先入観を、大いに覆してくれるワインです。

こういうワインを飲むと、あーオーストラリアって、やっぱり自由な国なんだなと
一人勝手に納得する私です。

日本に比べたら不便なことも断然多いオーストラリアですが
それでも、なんだかんだと自由で、新しくて、冒険する人がたくさんいて
自分らしく生きやすい国なんだろうなあ、と思います。

仕事でもプライベートでも
アジア人女性で現地語のネイティブ・スピーカーでもない私が
当たり前のように現地のコミュニティに温かく受け入れてもらえて生活していますが
普段は当たり前のように思ってるけれど、実はこれって非常に幸運なことであって、
他の多くの国では、同じようにいかない場所の方が、きっと多いのだろうなと。

それに対して卑屈になるつもりも、意見を物申すつもりはないのです。
ただそれが、まだまだ今私たちが生きる世界の現実であるというだけで

日々変幻自在に変化を遂げているオーストラリアワインを見ていると、
ああこの国は本当に、ワインメーカーそれぞれが、作りたいワインを作ってもいい国なんだなと。
オーストラリアワインは、「自分は自分らしく」でいいのだなと、なんだかホッとするのです。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければ下のコアラとアルパカくんを、ポチッと1クリックお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。




 
ロゼも美味しいよ~

↑このページのトップヘ