ワイン生活@オーストラリア

自然大国オーストラリアから、美味しいワイン情報をお届けします。

タグ:ウッズ・クランプトン

最近、旅行を控えて、倹約中(でもワインは飲む)の我が家のデイリーユースワイン。

 

Papa Nico Shiraz 2015
パパ・ニコ・シラーズ2015 
小売で$10-$14ぐらいです。安っ。でも安定の美味しさ。
実はこれ、Woods Crampton ウッズ・クランプトンのワインメーカーの一人、ニック・クランプトンが作ってるワインです。シャルドネもおいしいよー。
ラベルは若干ダサいですが笑
平日の家ご飯にはぴったし!

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければ下のコアラとアルパカくんを、ポチッと1クリックお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。


LINEの読者登録はコチラから

 

こんにちは。
今日もご訪問ありがとうございます。


 
Woods Crampton Sleeping dogs Dry Red 2014
ブレンドはグラシアーノ、ボンヴェドロ、マタロ(ムーヴェドレ)。
http://woods-crampton.com.au/

ベリー系フルーツとオレガノのようなドライハーブの香りがうまく折重なっている赤ワイン。
結構アルコールが高めで温かい口当たり。
このままで飲んでも、ポークチョップみたいなお料理と合わせても良いでしょう。
ブラックペッパーをたっぷり効かせると合いそうです。
ドライハーブを効かせた、煮込み料理などもいいかもしれません。

ここ数日立て続けに嬉しいお仕事のオファーが。
詳細決まりましたら随時ご報告いたします。

5年前、10年前から考えれば、全くもって思ってもみなかったところから
不思議なご縁がいろいろ重なって
お仕事に繋がったり、あるいはずっと音信不通だった人とまた繋がれたりと
ここ数年、「ご縁」という言葉の重みをつくづく感じています。

「すべてのことには理由がある」
良いことも悪いことも、いずれ起きるであろう良いことに、きっと繋がっている。
特に誰に言われたわけでもないですが、そう思うようになってからは、時には辛いと思えることも受け止められるようになりました。
ワインが繋いでくれるご縁。本当に、毎日、感謝、

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければ下のコアラとアルパカくんを、ポチッと1クリックお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。



チョコレート、もう買った?

 

こんにちは。今日もご訪問、有難うございます。
最近は天気が荒れ気味のシドニーです。
今週は火曜日が祝日で、
本業はオフィス・ワークのサラリーマンの私、しっかりお休みをいただきました。



先日もご紹介したウッズ・クランプトンのワイン。
http://woods-crampton.com.au/
今回は、シラーズです。
シドニーの皆さん、これはまだまだ、在庫は潤沢にありますよ〜。

もし日本にまだ進出していないのであれば
ユニコ・ゼロに次いで注目株か?!と思っております。特に赤は。

バロッサで昔から植えられている品種(マタロとか、そういうマイナーなものを含め)を、
モダンなスタイルを上手に取り入れているトイったイメージ。
全てのワイン・ラベルは徹底して同じデザイン、ていうのも
なんか潔くてかっこいいなと。

日本にお目見えする日も近いのでは?!
と期待しております。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければ下のコアラとアルパカくんを、ポチッと1クリックお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。


 


ビジネス英語なら日経
英語で仕事できるって、やっぱり楽しいですヨ。

こんにちは。今日もご訪問頂き、ありがとうございます。



Woods Crampton Pedro 2014 Barossa Valley
ウッズ・クランプトン ペドロ 2014
http://woods-crampton.com.au/

ラベル・デザイナーのアーロン・ウッズと、マーケティング専門のニコラス・クランプトンが共同で立ち上げたプロジェクト。
彼らのワインはこうやって全てストライプが入ったラベルで
結構マニアックな品種のものも多く
これはボンヴェドロ主体、グラシアーノ、テンプラニーリョ。
 
ボンヴェドロ Bonvedroは、ジャンシス・ロビンソン女史著の品種のバイブル、Wine GrapesではパラレタParraletaという表記で載っています。


Kindle版、安くなったなぁ。

サルジニア島、スペイン、ポルトガル、そしてオーストラリアでもわずかに栽培され、いろんな別名がある品種のようですね。
ちなみにオーストラリアでは(少なくともこの本の出版時には) 正式な統計が取れていなくて
カリニャンと間違えられていた時期もあったとか。

確かにちょっとこの木の枝っぽいところ似てるかも。

第一印象としては、暑い夏でもガブガブ飲めるglugable(※造語・スラングです。MWやWSET等の試験では書かないでね)赤ワイン。 
ホヴェン・スタイル(スペインの若飲みワイン)、という表記もあります。
ちょっと冷やして飲んでも美味しいです。
Unico Zeloと並んで今、オーストラリアでも超注目の、ヒップでかっこいいワインです。

ちなみに後ろに写ってるものすごい肉の塊は晩御飯のお肉。
BBQで1時間半、低めの温度でジワジワ焼きました。夫が。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければ下のコアラとアルパカくんを、ポチッと1クリックお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。
 

↑このページのトップヘ