ワイン生活@オーストラリア

自然大国オーストラリアから、美味しいワイン情報をお届けします。

タグ:イタリアワイン

夫の母はベーキングが(も)得意なのですが

私は甘いものが基本ダメなので
彼女の作るクリスマス・プディングとかスポンジケーキとか、全く食べれないのです。

なので結婚して以来、彼女の「私の作ったスイーツ食べて」のオファーを頑なに断ってきました。
結婚してもうすぐ8年、「Yukoは甘いものが食べれないのだ」と頭では分かっていても
未だに自分が作ったものでもそうでないものでも
「これはそんなに甘くないから」「スポンジだけのとこだけでも食べてみたら」と私に食べさせようと粘る母・笑。
「ママー、この話はもうしたよね?」というお決まりのフレーズで笑いながら交わせるようになったのはつい最近のこと。

でも、今年初めて作ってくれた、このアーモンドブレッドは初めて楽しめた。






これは食べれる!というか美味しい。
ビスコッティをさらにもっと薄くスライスしたもので
甘さはちょっとだけあるのですが軽くワインと一緒に食べるととってもおいしい。
というわけで、クリスマスに実家に帰った時「持って帰りなさい」とタッパーに入れてくれました。

イタリアンの超辛口ロゼと合わせてみたよ。
ワインは、マルコポーロ・ピノ・グリージョ・ラマト2014.フリウリです。
ピノ・グリージョのうっすらとタマネギカラーのロゼ。美味しいです。


お母さんありがとう。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!
日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。


LINEの読者登録はコチラから
 

こんにちは。

オーストラリア国内大手のワイン商社Samuel Smith & Negociantsのセミナー
Working with Wineに参加してきました。

2年に一度開催される、プロ向けのワインセミナーです。
セミナーに出席するためには一応事前に入試もありまして、無事合格できました。

18歳以上でオーストラリアでワインに携わる人なら誰でもエントリーでき
毎回かなり豪華なワインとセミナー内容なのに
参加はなんと無料。

成績最優秀者には、研修旅行のごほうびも。

ちなみにマスターオブワインの1学年を修了した人はエントリーできないそうですが。





今回のテーマは、トスカーナ。
朝の10時からサンジョヴェーゼのビシビシの酸で目が覚めました。

トスカーナなので、豪華スーパータスカンも。


 
ティニャネッロのヴァーティカルティスティング!

久しぶりにまじめにワインを座学で学んで、疲れました。
WSET Diplomaの同級生たちとも、久しぶりに再会。

そして皆の活躍ぶりに、またちょっと焦る・笑

まだ何にも成し遂げられていないけど
「成し遂げられた!」と思う日は、もしかして一生来ないのかもしれません。
少しずつでも前に進めば、さらにその先がもっと見たくなるだろうし
ここで終わりということなどないのだろうなと思います。
人生って、一生が下積みなのだな、とつくづく。

これからも毎日地道にがんばります。


今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければ下のコアラとアルパカくんを、ポチッと1クリックお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。
 

↑このページのトップヘ