ワイン生活@オーストラリア

自然大国オーストラリアから、美味しいワイン情報をお届けします。

カテゴリ:シドニーライフ > オーストラリアの美味しいもの

オーストラリアの人が、何よりうるさいこだわるのが、「お肉とコーヒー」だと私は思っていて
結婚してすぐの頃、ローストの達人である義母が、お肉屋さんに行ってラム肉を買うときに
「これは今年の春に生まれたラム?」と聞いているのをそばで聞いて、衝撃を受けました。
(春に生まれた子羊は美味しいらしい) 。

献立に応じてお肉の部位を指定することは勿論、はたまたまるごと(鶏とか豚とかを)買うこともできたりもします。  
ステーキ、シチュー、ローストなど、目的によって部位を細かく指定して買う義母のような人も多いよう。どの部位が何にあうのか、とか、お肉の質とか、良く解っている人が多い印象です。

春の足音が聞こえ、本格的に暖かくなる前にスロー・クックを、と思って買ったのがブリスケット。



ブリスケットは前股 の内側にある肩ばら肉、だそうです。

brisket



筋が入っていて、脂身が溶け込むのでスロークッキングには向いているよう。
このブリスケットのお肉を長時間煮込んでパンにはさんだ「ブリスケット・サンドイッチ」を最近よくシドニーの外食産業で見かけます。トロトロに煮込んでほぐしたやわらかいお肉のサンドイッチ。
美味しいに決まってますね!

我が家では、スープストックとマルサラで2時間ほど煮込んで、シチューにしました。



 
 今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければ下のコアラとアルパカくんを、ポチッと1クリックお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。


LINEの読者登録はコチラから

ワインブログだけにするつもりでしたが、
ちょっと趣旨を広げてみたくなり、「オーストラリアの美味しいもの」、というカテゴリーを作ってみました。
ワインの奥深さは深海レベルなんだけど、そこでずーっと働いていると、実はとても狭い世界に生きている、と感じることもあり。
これからはオーストラリアの生鮮品やグルメフードも、ご紹介していきます。

ビクトリア州のレスブリッジでワインを作っていたケントくん
こないだシドニーへやってきました。

自分の作ったワインや、レスブリッジのワインの他に「このヨーグルト、めっちゃ美味しいんで食べてください!」とわざわざ大きなジャーのやつを持ってきてくれました。
ケント君、本当にいいやつです。 

 
シープミルク、つまりは羊の乳のヨーグルトですね。
羊の乳の、チーズは食べたことがあるけど、これは初めての食感。
優しくてクセもなく、ポテッとした食感が美味し〜い!

普通におやつとして食べても美味しいし、こないだはポークサラダのドレッシングにしてみても美味しかったよ。

シドニーにもあるかな?と思って探したら、ハリスファームに売ってた🎵
http://www.harrisfarm.com.au/collections/yoghurt/products/meredith-yoghurt-green-lge
ケント君、ありがと! 日本に帰っても元気でね。

ケント君の作ったワインは、11月まで飲むのはお預け。
またそのワインもご紹介します。



今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければ下のコアラとアルパカくんを、ポチッと1クリックお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。


LINEの読者登録はコチラから 

↑このページのトップヘ