ワイン生活@オーストラリア

自然大国オーストラリアから、美味しいワイン情報をお届けします。

カテゴリ:白ワイン > セミヨン

こないだハンター・ヴァレーに行ってから、
1人ハンター・ヴァレー・ブームが続いています。
普段飲むワインはビクトリア、南オーストラリアが多かったのですが
最近はまたハンターが好きになりました。
ハンター・ヴァレーも、やっぱり面白いワインメーカーがいっぱいいるんですよねー。





ハーカム・アジーザズ・セミヨン。
Azizaとは、ワインメーカー、リッチ―・ハーカムのお祖母ちゃんのお名前。
イスラエル系の家系で、おばあちゃんが家族のために、ワインを造っていたんですって。

オレンジワインのセミヨンで、亜硫酸無添加、でもってマロラクティック発酵を経ています。
 ZippyとかLaceyとかいう言葉が浮かぶ。
これは、おだしのきいた鍋と一緒に飲みたいなあ。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!
日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

ランニングブログ
ランナーズ・ハイ! in シドニー


「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから 
 

先日、オーストラリアの新しい形のセミヨン、という記事を訳していた時に出てきたこのワインを、夫が買ってきてくれました。




David Franz Eden Edege
デビッド・フランツ・イーデン・エッジ
リースリングとセミヨン、という異色のブレンドです。 

まずすごいかっこいいラベル!
手塚治虫の大人向けマンガみたいなタッチ、と思ったのは私だけかしら。
以前もご紹介したことがありますが、デビッド・フランツは、あの伝説的なワインメーカー、ピーター・レーマンの息子さんです。

ピーター・レーマンのワインは伝統的で正統派な印象ですが
デビッド・フランツのワインはどちらかというとOut of Square(枠からはみ出すことを恐れない)といった印象。
リースリングとセミヨンのブレンドって、ありそうでなかった組み合わせ。
(セミヨンとシャルドネのブレンドの安価なワインは、かつて良く見かけました)。

第一印象はオフドライ?と思ったぐらい果実味がしっかりしている、でも辛口でした。
セミヨンの丸みとリースリングのお花の香り、レモンやライムを煮詰めて冷やしたようなテクスチャー。

デビッド・フランツ、これから注目の生産者の一人です!

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!
日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから


 

日豪プレスのコラム「幸せワインガイド」ウェブ版が発行されました。
良かったら、読んでくださいね。
http://nichigopress.jp/gourmet/wine-guide/128109/

今月は、ハンター・ヴァレーならではのあの品種です。



今日はお仕事たまってるので、ここまで。



今月と来月は、なかなか予定がいっぱい。楽しく頑張りマス。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければ下のコアラとアルパカくんを、ポチッと1クリックお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。


LINEの読者登録はコチラから








↑このページのトップヘ