ワイン生活@オーストラリア

自然大国オーストラリアから、美味しいワイン情報をお届けします。

カテゴリ: シドニーライフ

いつもアクセスいただき有難うございます。
日豪プレスの連載「幸せワイン・ガイド@オーストラリア」のウェブページが更新されました。
どうぞ宜しくお願いします。
Capture

続きはコチラから→

さて、昨日は無事にフルマラソンを完走しました。



レースの後は、部活の後の高校生か、というぐらい恐ろしい食欲が・・・
去年はフルマラソン後ボロボロになって、翌日仕事にならなかったことをかんがみて
今年は翌日の今日、休みを頂きました。

朝は疲労した筋肉を冷やすために泳ぎに行き、その後猛烈にお腹が空く。朝ごはん食べたのに。
夕べからずっと、食べても食べてもお腹が減っている。
マラソンの消耗、恐るべし。

選んだおやつはなんとミートパイw

14389927_10155449316264657_91710034_n
※これはちょっと前の画像です。

オーストラリアの名物の一つにはミートパイがあります。
ステーキ肉をごろごろに切って煮込んだシチューが入ったものがメインですが
ラム肉だったり、マッシュルームが入ってたり、たまに鴨肉や鹿肉のものもあります。
鶏肉と野菜のクリーム煮、みたいなのもあるよ~。
ちなみに、ビーフパイの上にマッシュポテトを載せて焼いたという強烈なものをシェパード(羊飼いの)パイ、といいます。

健康的とはお世辞にもいえませんが、オーストラリアの「美味しい」のひとつであることは確か。

コンビ二などでも買えますが、パイを買うのにお勧めなのは個人経営のベーカリー。
パイ生地にこだわってたり、中身のシチューもしっかりしたものを作ってたりします。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければ下のコアラとアルパカくんを、ポチッと1クリックお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。


LINEの読者登録はコチラから


すっかり春めいてきたシドニーです。
明日はシドニーマラソン、年に1度フルマラソンを走る日です。
このマラソンは、日本からも毎年多くの参加があり、日本人専用の受付窓口があり
日本人のボランティアの方もたくさん参加されてます。
私もいつか走れなくなったらボランティアやりたいなー。

毎回恒例の忘れ物チェック。

これは今朝撮ったもの。
実はこれ、かなりいろいろ忘れてます。
左上から、時計回りに
①ランニングキャップ(プーマ)
②ランニングトップ(アシックス 大会のもの)
③ランニングタイツ(SKINS)
④補給食(GU+プロテイン・バー)
⑤ランニングソックス(アシックス)
⑥ビブ
⑦ポーチ
⑧シューズ(アシックス)
⑨スマホケースアームバンド

これがテイク2。



さて、追加されたアイテムはいくつでしょう?
って見ればそのまんまですが。
 
前日の今日ですが、私はあまりいつもと変わらないものを食べています。
気持ち炭水化物多め、ではありますが
あまり体重が増えて重たくなっても走りづらいので。

明日参加される皆さん、楽しんでくださいね。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければ下のコアラとアルパカくんを、ポチッと1クリックお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。


LINEの読者登録はコチラから
 

シドニーには、日本ではなかなか手に入りづらい種類のお肉が結構あります。
手のひらサイズのローストチキン、スパッチコック。ちっこいですね。
要は若鶏よりもさらに小さいひな鳥、ということのようです。

レモンとの比較写真。何気にワインがウニコゼロだよ。

味は鶏肉の柔らかい感じ。癖も無いです。
食べ方はローストしたり、ポットで白ワインとニンニクでコトコト煮詰めたり、マスカルポーネをつめて焼いたり。どちらかというと秋に向いたお料理です。
これとか。
http://www.gourmettraveller.com.au/recipes/recipe-search/drink-suggestion/2010/6/spatchcock-with-40-cloves-of-garlic/

お買い求めになるときは、出来れば冷凍ではなくフレッシュなものを。
お肉屋さんはもちろん、大手のスーパー(コールズ、ウールワースなど)でも買えますよ。

このレシピなら、ワインはローヌ系白品種がお勧めです。






今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければ下のコアラとアルパカくんを、ポチッと1クリックお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。


LINEの読者登録はコチラから


 

オーストラリアブランドの美味しいもの、お洒落なものは
大抵メルボルン発祥と言っていい。
とびきりお洒落なものがメルボルンで生まれ、シドニーに進出し、
途端に値段が高くなる、というのがおきまりのパターン。

AESOPだってT2Teaだって、元はメルボルンのブランド。
メルボルン発祥のチョコレート・サロンKoko Blackも、メルボルンのコリンズ・ストリートが発祥のチョコレートです。
http://www.kokoblack.com/

 ヘーゼルナッツ、グレーズド・オレンジ、クラッシュド・アーモンドなどの板チョコレート。
手のひらぐらいの大きさのものが9ドルと、なかなかのお値段ですが
お値段するだけあって美味しい。
ワインやウィスキーにも合う、大人のためのチョコレート。


ギフトにも良さそうです。

市内のStrand Archadeにブティックがありますが、
グルメ系に強いデパートなどにも置いてあるようです。

お試しください。

上等なチョコレートと合わせるならこんなワイン。


 







今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければ下のコアラとアルパカくんを、ポチッと1クリックお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。


LINEの読者登録はコチラから

シドニーには大きなフィッシュマーケットがあり、あらゆるお魚はもちろん、牡蠣、海老、ロブスター、カニ、ホタテ、とまあいろんな新鮮な海産物が買えます。

牡蠣にもいろんな種類があって、味や大きさが結構違うんですね。
私は大きくて優しい味のPacific Oysterパシフィック・オイスターが好き。
と思って調べたら、この牡蠣は日本由来のものでした(日本名、太平洋牡蠣)。
なるほど、口に合うわけだ。

タスマニア、ニュー・サウス・ウェールズ州、西オーストラリアの一部などで生産されています。





これはCoffin Bayコフィン・ベイ・オイスター、これもパシフィック・オイスターの一種です。

シドニー・ロック・オイスターは小ぶりで味が濃い目、クリーミーな印象。
plate_doz

色もちょっと黄色がかってますね。

牡蠣はこちらでは生で食べる場合がほとんど。
シンプルにレモンを絞ったもの、和風ならポン酢にもみじおろし、ぐらい。

とはいえ、ベーコンにウスターソースを添えてグリルした「キルパトリックKilpatrick」というレシピもあります。
maxresdefault


牡蠣とあわせるならこれかな。


今日も読んでくださって、ありがとうございます。
Love, from Sydney

ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければ下のコアラとアルパカくんを、ポチッと1クリックお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。


LINEの読者登録はコチラから


 

↑このページのトップヘ