ワイン生活@オーストラリア

自然大国オーストラリアから、美味しいワイン情報をお届けします。

カテゴリ: シドニーライフ



夫の母のスペシャリテはラム・ローストです。
我が家に滞在するときは、いつも何かしらのロースト・ディナーを振舞ってくれるのですが
 たいていラムです。

繁忙期のワイン業界、夫婦ともに1年で一番多忙な時期です。
そんなときあまり料理にかける時間も余裕もなくて
救世主のように現れて、ごはんを作ってくれるお義母さんであります。

やっぱり、オーストラリアのお母さんのスペシャリテはローストなのかしら。
あと、 うちのお義母さんは、ラザニアも得意です。

 クリスマスまであと少し。

ワインの記事、こちらではあまり書けてませんが、ワインオーストラリアのFacebookページで更新しています!
よろしければフォローしてください。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!
日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook
ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければ下のコアラとアルパカくんを、ポチッと1クリックお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。


LINEの読者登録はコチラから 

実はここ一週間ほど風邪をひいて寝込んでいたのですが
夫が買ってきてくれたアイスクリームが、マギー・ビアのものでした。
rich-vanilla-bean-ice-cream-webt

マギー・ビア Maggie Beerはバロッサを拠点にした人気料理研究家で、
いつもニコニコしているイメージの、とってもチャーミングな方です。 
テレビにもよく出演していて、レシピ本も数多く出版されています。
maggie-beer-copy
笑顔がステキなマギー・ビアさん。
https://www.maggiebeer.com.au/

さらに彼女は自分の名前のグルメフードのブランドを持っていて、アイスクリームの他にもオイルやヴィネガー、ソース、ジャム、パテなんかもあります。
お値段もそこまで高くなく、普通のスーパーでも買えるものばかり。

アイスクリーム、バニラ・ビーンズがいっぱい入ってて美味しかったよ。
ちなみに私、オーストラリアに来てからかなり最近まで、マギー・ビアはビールのメーカーだと思ってました。

注意) Beerはマギーさんの名字です。

Maggie's Christmas
Maggie Beer
Penguin
2014-10-23


マギー・ビアブランドの食品は、 オーストラリアからのお土産にもお勧めですヨ。

 今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!
日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook
ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければ下のコアラとアルパカくんを、ポチッと1クリックお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。


LINEの読者登録はコチラから

最近、人生で初めて「面接する側」を経験しました。
私のような移民でも、現地の方を採用する側に回る、ということがあり得るのがオーストラリアなのですね。

外国人の上司が日本人スタッフを面接するって、日本では外資系以外ではあんまりないことじゃないでしょうか。いやいや、先日帰った時の日本の様子を見たら、最近はそうでもないのかな?
どうなんでしょう。

もとい。

そんなわけで面接の場で「面接会場の、テーブルの反対側」に座る機会をいただきまして。
履歴書、カバーレター、服装、髪型、まあ色々気になることはありますが
オーストラリアでこれから面接を受ける方に、少しでも参考になれば。

①第一印象はやはり大事。最初の印象が一番良かった人が、やはり面接の質疑応答も、一番しっかりしてたように思います。その逆も然りでした。

②服装、身だしなみは清潔感第一。オーストラリアは日本よりは緩めですが、オフィスワークはやはりスーツが鉄板です。

③応募する会社とポジションのリサーチは万全に。まあこれは日本と一緒ですね。

④想定される典型的な質問には最低限の準備を。
  1. なぜこの仕事に応募したのか
  2. あなたの強みと弱みは
  3. どのように仕事の優先順位を決めるか
  4. 気の合わない同僚とはどのように良い関係を築くか
  5. 怒った取引先へはどのような対応をするか
  6. 職場でどのような状況でやる気が出るか、またはその逆か
  7. 今までの仕事で一番辛かったことは(そこから何を学んだか
  8. 自分のミスから学んだことは。
  9. これからのキャリアビジョンは?(この仕事を経てどのようにステップアップしたいのか)
などなど。

こういった質問には 必ず「具体例」と一緒に説明できるようにしておく。
「今の(以前の)会社で、こんなトラブルがあったけど、こういう風に切り抜けた、あるいはこういったことが勉強になった」とか
「怒っている顧客には自分ができる最善の解決案を提案し、自分が敵ではなく相手を助けようとしていることを伝え、冷静になってもらう。事が深刻な場合は関連部署、上司にも連絡を同時にしておく」とか。

教科書通りではなく、実体験を話すことが大事です。辛かった経験を話すときも、そこから何を具体的に学んだのか、今同じことが起きたらどうするべきなのか、と言うポジティブな結論を導き出すこと。

自分の経験した 仕事について、辛かったこと、楽しかったことにせよ、たくさん話す人は
自分の職務についてしっかりと理解しているし、どんな経験でもそこから何かを学ぼうと
ポジティブな姿勢で臨んでいるな、と感じることができます。
例えそれがどんなに単調な仕事であれ、日々の職務からいろんなことに気づいている、と言うことなのかな、と。

これらの質問の答えに、何を言えば正解、と言う答えはないと思います。
わからない質問、答えのない質問もあるかもしれません。
何も全てに素晴らしい回答を期待している、と言うわけではないです。
わからないことがある時に、どんな顔を見せるのかで、その人の人柄が見える、と言う点も大きいでしょう。
逆に延々喋りすぎるのも煙たがられる、と言うパターンもありますから・笑

そう、最終的にはやっぱり人柄。
この人と一緒に働きたいか、既存のスタッフと折り合いが良さそうか。
上司となる人と、うまくやっていけそうか。

面接って、もちろん仕事がもらえればそれに越したことはないですが
例えダメでも、それまでの自分のキャリアを振り返る、良いきっかけになると思います。
自分が市場で何をオファーできるのか、改めて考えてみては如何でしょう。

今日はお堅い話だったので、和みそうなこちらの写真でどうぞ。




今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければ下のコアラとアルパカくんを、ポチッと1クリックお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。


LINEの読者登録はコチラから
 

日本で名刺ケースを一新しました。



今回は、自分のための買い物は、これと本ぐらいでした。
多方面からたくさんお土産をいただいて、私の物欲は、十分すぎるほど満たされました。
みなさん、ありがとう〜

念のためと思って一応フリーランス用の名刺を少し持っていってましたが
思った以上にたくさんの方々と名刺交換の機会があり、内心ホッとしてました。(あぶねーあぶねー) 

日本ほどきちんと名刺交換をする国って、他にあるのでしょうか。
オーストラリアで名刺交換って、あんまりないんですよ。特に私は基本内勤なのでね。

本当に連絡先を渡す必要がある時、「じゃあここにメールしといてね」って感じにペラ〜ッと渡す程度のものなのですが

日本では実用的な連絡先の交換、という意味以上に
初対面の方に「私はこういうものです」という自己紹介、そして会社を代表する意味を込めてお渡しするものなんですよね。
そして、頂いた名刺はみなさん大事に専用ファイルに保存する。

それが今更ながらに分かり、本業の方の名刺は「ま、いらんやろう(゚∀゚)」と思って、持って行かなかったことを、ちょっと後悔しました。
「オーストラリアでは何をされているのですか?」と聞かれた時、名刺があれば、本業の説明ももうちょっとスムーズだったのにネ。

本職では実際あまり使わないのですが、ポジションも変わったことだし、また作ってもらおうかな。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければ下のコアラとアルパカくんを、ポチッと1クリックお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。


LINEの読者登録はコチラから
 

久しぶりの更新です。
昨日、日本からシドニーへ戻ってまいりました。




東京は3年前と比べても大きく変化しているように感じました。
大抵のお店の店員さんは英語が話せたし、というか外国人の店員さんも少なからず見かけ
ドラッグストアも有名百貨店もとにかく免税、免税の文字。
Wi-Fiが使える場所も格段に増え。観光客も増える一方のようですね。
新幹線の車両の半分が外国人だったし、ホテルの宿泊客もそんな感じでした。
むしろ日本語で話しかけられることの方が少なかったような。

3分おきにひっきりなしに電車が来るのに常に混雑している駅、
Suicaのスムーズさ、店員さん、駅員さんの丁寧さ。
清潔で音姫、自動洗浄付きの公衆トイレ。
東京の整然とした、同時にものすごいエネルギーの塊のようなものを感じます。


シドニーへ戻ったら、空港の駅のオパールカードのチャージマシンは3台中2台当然のように壊れていて
ネットでチャージしたらしたで、翌日まで反映されず
バスは交通渋滞で時間通りに来ないのも当然で、今日は待ち時間だけで30分以上待った。

そんな適当なシドニーですが、東京よりも不特定多数の人に対しての親切心が残されている気がしました。
妊婦やお年寄りに道や席を譲る、とか、ベビーカーのママさんに手を貸す、とか。
駅のアナウンスで引っ切りなしに言われなくても、皆当然のことのようにやっている。




東京はとっても便利で綺麗な街だけど
この喧騒の中で生き、働くのは、いろんなプレッシャーがあるのだろうなと
通勤ラッシュの人たちと逆方向に歩きながら思いました。

もちろんオーストラリアに居たら居たで、種類の違うストレスがあるっちゃありますが
一生懸命やって居たら、結構助けてもらえるし
ストレートに褒めてくださる方もたくさんいるので

どこに居ても、何をしても、自分がやりたいことを、
自分が正しいと信じた道で生きていこうと思います。


なんかめっちゃ運気が上がりそうなお守り買ってみた。

今日から仕事復帰。本職では上司のおかげで転機がありました。
フリーランスも、新たなプロジェクトに、心機一転。
頑張ります。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければ下のコアラとアルパカくんを、ポチッと1クリックお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。


LINEの読者登録はコチラから





 

↑このページのトップヘ