Now Where's My Wine?

シドニー在住、現地法人でワインに従事するフロスト結子です。オーストラリアから楽しいワイン情報を発信します。

カテゴリ: シドニーライフ

大好きなご夫婦、タカさんとワナカさんのレストラン、KURO DININGが営業を再開されたので
ランチにお邪魔してきました。

9E1AE1A2-4362-4AE8-B9D8-8157D953ACD2_1_105_c
鴨と蕎麦モミ?であってる?のオントレ
01D47AB3-BEBA-4F71-8039-C9DC996C6E23_1_105_c
メインはサーモン。

5E31177C-C970-4C14-991E-B3F5032A3C9E_1_105_c
抹茶のタルト。私、デザートは普段頂かないのですが
これは甘さ控えめで、中に小豆も入ってて、大変美味しくいただきました。
ちなみにワインは、クリームシェリーを合わせてみましたよ。

お料理も素晴らしいことでは有名なKUROですが
ワインリストも素敵なんですよ。

アデレード・ヒルズのトラデイショナル・メソッドのスパークリングワインを作る
デヴィエーション・ロードをいただきましたよ。
AD232005-F666-4311-9F96-484199654A6E_1_105_c

数量が極々少ないのか
シドニーの小売店ではまだ見かけたことがありません。
が、日本ではオーストラリアワインのスペシャリスト、Down Underさんが輸入されているそうです。
去年のWANDSさんの記事でも少し取り上げさせていただいた、デヴィエーション・ロード。
オーストラリアのスパークリングワインには
安めのNVシャンパーニュよりずっと余韻が長くて凝縮感があって美味しいものが
たくさんありますね。


今日も読んでくださって、ありがとうございます。

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから


ワインに従事して10年がすぎ
その大半をオーストラリアで過ごしてきました。

アドミン、オペレーション、カスタマーサービス、バイヤー、マーケティング、ワイン教育
日本語関連では翻訳、通訳、執筆、市場調査、イベント、

来るもの拒まず、オポチュニティは全てバッチコーイと受け止めてきました。
が、どれもイマイチ中途半端で、自分の中であまりこれは、という分野が極めきれずにいました

去年リストラの憂き目?に合ったことで
いろいろ見つめ直す機会となりました。

去年40歳になったこともあり
仕事も取捨選択の時期に来たと感じており
今までやってきたお仕事のいくつかを思い切って手放しました。
1B983D55-69DA-460E-8C56-609F5FBB72BC_1_105_c

私が決断する前に自然と離れていったもの
自分から勇気を持って手をやっと離したもの
その過程は色々ですが、でもそう言う流れができていたのかなと思っています。

オーストラリアでこれからも必要とされる人材として生きていくためには
方向性の転換が必要だと強く感じていました。
オーストラリアの市場で重宝される人材でいるためには
日本人であることは残念ながらあまり強みにはならない。


日本人であることは置いておいてもとにかく今より使える人材にならなくてはいけない。
Diploma持ってようが、どれだけワインの知識に長けていようが
オーストラリア市場で商品を売る力をつけなくてはいけない。

私も、日本を離れて11年です。
オーストラリアでのキャリアの方が長くなりました。
  • 移民であること、英語が第二言語であることに甘えないこと
  • オーストラリアのワイン市場に一点集中すること
  • オーストラリアで使える人材になること
658A86EB-62B5-429C-9CD7-9DAF365C9614_1_105_c


オーストラリアのエンブレム、カンガルーとエミューのように前だけを向いて歩いていきます。


今日も読んでくださって、ありがとうございます。

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから




在宅勤務も4週をすぎ
だんだんと「New Normal」に慣れてきたとはいえ
この異常な状況のなんともいえない不安に襲われたりしていますが

なんだよくわからないけど平日はほぼ毎朝吐き気がする(でも吐かない、吐けない)
なんの前触れもなく涙が出たこともある
「不安」「ストレス」を感じて体が反応していることは確かでした。

長丁場になるかもしれないCOVIDー19のこの時期を乗り越えるため
今私が意識してやっていることを少しご紹介したいと思います。

瞑想🧘🏻‍♀️
まず、吐き気のことを夫に相談したら瞑想を勧められました。
そういえばと、お世話になっている方からも以前勧められた瞑想用アプリHeadspaceを久しぶりに開いて
毎朝3分ずつからスタートし始めました。瞑想のセッション以外にも
ストレスを解放するコツなどをわかりやすく手短に紹介したビデオコンテンツもたくさんあったりして



最初は、というか今もその効果はよく解ってないのですが
毎朝意識して時間をとり
呼吸を整え意識を集中させることには
少なからずリラックス効果はあるようです。

心配事を考える時間が少し減った気がします。
今日でちょうど10回目のセッションを終えました。
無料期間を終えると有料になるアプリですが、しばらく続けてみようと思ってます。

紙の本📚
身体が食べ物を必要とするように、魂は本を必要とする。本はこころのご飯です
家にいることが多く在宅で仕事をするので
どうしてもパソコンやスマートフォンをいつも以上に見てしまい
必要なこととはいえニュースにもうんざり
ソーシャルメディアにもYouTubeにも飽きてくる
なので本を読む。
紙の匂い、手触り、フォント、インクのシミが癒しになります。
まだまだ英語の本は読むのが遅いので
オーディオブックも兼用して物語に向き合います。
時には走りながら、時には大事に選んだワインとともに。

IMG_5452



IMG_5432
Normal People (English Edition)
Rooney, Sally
2018-08-28


IMG_5344




AESOPのハンドケア🤲
お気に入りのイソップのハンドサニタイザーとハンドソープ、ハンドクリーム。

匂いもパッケージも、もうとにかく癒し。
何度も手を洗うのでカピカピにならないように。
ハンドサニタイザーはずっと売り切れだったのですが
関係者のお友達が再入荷直後にすぐ教えてくれて、オンラインで買うことができました。
その日のうちにまた売り切れていたけど・・・
IMG_5436ランニング🏃‍♀️
運動のための外出はまだ許されています。ただ例えば車などで移動してビーチに行って走る、とかいうのはもうダメらしく家の近所で、というのが原則らしいのです。ので家の近所で新たなルート開拓をしています。
IMG_5430

これについてはランニングのブログに。

次は久しぶりに笑、ちゃんとワインのお話を書こうかな?

今日も読んでくださって、ありがとうございます。

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから

こんばんは。

在宅勤務3週目に突入しました。
この1週間の変化を振り返ってみると
10人以上の集まりを控えるように、から3人以上の集まりがダメになり
公園やスケートリンクなどが閉鎖になりました。
70歳以上、60歳以上の持病のある人、そして50歳以上のアボリジニの人たちには完全外出禁止令。
アボリジニの方々はでも侵略時代に白人が持ち込んだ病気に免疫がない、あるいは弱い方が多く
また生まれつき既往症を持っている方も多いのだそうです。

シドニー市内のホテルは、政府からの指示の元、海外からの帰国者が直接空港から移送され、
厳重な警備のもと隔離されていて一切外出禁止、
ホテルの周辺には警察官が常時警備についていて異様な雰囲気が漂っているそうです(夫談)

ワイン業界では飲食店が通常営業ができずに苦しんでいる一方で
小売部門、特にECサイト部門ではワインのパニックバイが起きていて
供給が追いつかないほどに売れています。

これで飲食業者の方々が通常営業に戻ってきた時に
生産者や卸業者がちゃんと供給できると良いのですが。

FDB99D8D-9C43-47BE-8457-E15B595F3A53_1_105_c
私のパニックバイしたワイン。

細かい計算は控えますが
オーストラリアではワインやサイダーには10%の消費税の他に29%のWETという税金が課せられることもありなかなかの税収入ともなるのです。
この税収が、今困っている人たちのところに還元されますように。

エイプリルフールの今日、「今度は酒屋が閉鎖になるぞ!」という
実際あり得なくもないジョークがソーシャルに流れてきて

業界人にしたら、失業するかどうかの瀬戸際ですから、全然笑えないんですけども。
もちろんそういう投稿をした人たちに怒るべきかというとそうじゃない。
憎むべきはもちろんウィルスそのものなのですから。

64B3C122-0DA5-49C1-A04A-92A7785656F9_1_105_c

1ヶ月前とは全く違う世界になってしまった今の日常
時々メンタルもやられそう。
次回は今の「新しい」日常を受け入れ、メンタルを保っているかを書いていこうと思います。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから


こんばんは。

58428FDC-EBE7-45B7-9E61-4AC5D0D63A88_1_105_c
ニュージーランドの中野くんの九能ワイン、ナルキッサス。
オーストラリアにも入荷しましたよ。
すごくいい香り!ゲヴュルツ?と聞いたら、色々混じってるそうです。

先日オーストラリアの首相が
オーストラリアに入国した全ての人は14日間の自主隔離を求めると発表しました。

私たちは先週金曜日から自宅勤務となりました。

会社によって対応はまだバラバラのようですが
多くの人がリモートワークをしている状況です。

私の勤務先は今月いっぱいはとりあえず自宅勤務です。
モニターが小さくてやだなーと思ってましたが、なんとか慣れました。
各種ミーティングや出張もキャンセルとなりました。

オーストラリアは基本自宅で仕事をするというのは普通にあることなので
この辺は日本よりも素早く切り替えができたのではないかと思います。

お店は開いてますが、うちの近くのスーパーマーケットでは
トイレットペーパー、ハンドサニタイザーなどの衛生用品、
米、パスタ、缶詰食品、冷凍食品、お肉などが品薄な模様です。
が、完全に売り切れてるというわけでもないようです。
肉以外の生鮮食品は今のところ普通でした。
カフェではキープカップ(マイカップね)の持ち込みを断るお店が増えてきました。

500人以上の集まりが禁止、とのことで
5月いっぱいまでの各マラソンなどのスポーツイベント
学校行事、劇場関連、お祭り、セミナー、ワイン系のイベントなどが中止となっています。

今日週1のフランス語のレッスンに行ったら
導入でき次第、オンライン講座に切り替える態勢を整えてるとのことでした。
室内での少人数の集まりも避けるようにという通達が出たことによるものと思われます。
このままだとフランスのように学校やレストランも閉まるかもしれません。
カンタスとジェットスター航空はフライトの90%が休便になったとか。


でも、マラソンは中止にはなったけど、まだ走ることはできる
会社には行けないけど仕事と収入はある
食べるものもあるし
服も洗える、シャワーも浴びれる。
ネットもあるし、本もある、ワインもある。

900A177F-8AE0-43AA-880F-92ACEA7C5129_1_105_c


・・・まあまあ大丈夫な気がしてきた。

状況が随時変わっている状態なので
いつこの状況がどうなるかは分かりませんが
政府の偉い人にもお医者様にもわからないようなので

私はできる仕事をしようと思います。
とりあえず、気分を上げるためにお気に入りのハンドソープを買ってみました。


皆様もどうぞ、出来るだけ心穏やか過ごせますように。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから

↑このページのトップヘ