Now Where's My Wine?

シドニー在住、現地法人でワインに従事するフロスト結子です。オーストラリアから楽しいワイン情報を発信します。

カテゴリ: シドニーライフ

こちらも何ヶ月も前の話で恐縮ですが
毎年夏になるとオペラハウスの対岸のミセス・マコーリーズ・チェアの付近に
屋外シネマが開かれるシドニー。
今年はCOVIDで開催決定がギリギリまで分かりませんでしたが
なんとか無事に開催されました。

マスク着用は必須、NSWのQRコードでチェック・イン。
アルコールや食べ物の持ち込みは禁止されているので
簡単な荷物検査があります。

私はお仕事の関係でフリーチケットをいただいたこともあり
今年は2セッション行ってきました。
上映される映画は日替わりで
ハリウッドやオーストラリアの最新映画から、「ティファニーで朝食を」みたいな往年のクラッシックな作品まで。
「ラブ・アクチュアリー」「プラダを着た悪魔」「カジノ・ロワイヤル」など少し前の人気作品も上映されました。

オペラハウスをバックに星空シネマ。

最初に観た作品はこちら

C964FD4F-7BC5-44A5-BABB-459188CDF2D8_1_105_c
「ペンギン・ブルーム」です。
実話を元にした物語なのですがこの日がオープニングであったため
製作者とモデルになったご夫婦が舞台挨拶へ登場しました。
この直前シドニーのノーザン・ビーチではクラスターが起きて一部がロックダウンになっていたので
こうやって屋外のイベントが開催できたということがとてもありがたい
そんな気持ちのこもったスピーチをされました。

このお話は事故で半身不随になった女性と家族が
保護して家族の一員となったマグパイにペンギン、という名前をつけて
前に進んでいく物語。

マグパイって卵を産む時期は攻撃的になって人を襲ったりすることもあるのですが
本当は好奇心旺盛な頭の良い鳥でもあるみたいです。
このマグパイはしばらく本当に家族に懐いて一緒に暮らしていたみたいです。

主演はオーストラリア人女優のナオミ・ワッツと、「ラブ・アクチュアリー」や「ウォーキング・デッド」でも知られるアンドリュー・リンカーン。

オーストラリアの名作を観るのには贅沢すぎるセッティング。
いろんな人の努力があって開催できたのだろうなぁと一人感動していました。

アンドリュー・リンカーン演じる主人公の夫は写真家で
「ペンギン」と家族の姿をたくさんの写真に残されています。







ワインはクローザー・バーからクローザー・ヴィンテージ・スパークリング。
屋外、夜間ということもあり、グラスはプラスチックです。

B2914E58-3003-4994-9B57-C0F294724457_1_105_c



来年も行けますように。
シドニーオペラハウス



今日も読んでくださって、ありがとうございます。

よろしければこちらも。
マラソンブログ
ランナーズハイ・イン・シドニー

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから。


今の会社に入って1年が過ぎました。

世界中が不安で包まれている中
「外国人」という立場でこの国で暮らす私に
素晴らしい機会を与えてくださる運命の神様ありがとう。

別に信仰心とかはないんだけど
なんだか目に見えない大きなパワーに感謝したい気持ちです。

1D5DD9D5-DBB3-403F-953D-4808F1004C4E

25歳ぐらいの時の自分に教えてあげたい。
あの頃妄想レベルで思い描いた夢を
その当時には想像もできなかったことをいくつも叶えていることを。
若い時に思い描いていたことが
思い返すと結構叶ったことがたくさんあります。

長いこと願い続けていることって結構しんどいけれど
そうすると夢は結構かなうものです。

とはいえ決して順調満帆ではなかったです。
悔し涙を流したことも
自信を無くして心が折れたことも幾度もありました。
今だって、悩みはいっぱいありますし
ダメな自分に落ち込むことも日常です。
夢は年齢を重ねるにつれ、より深く、さらに広がっていくもの。
人間は欲張りな生き物ですからね。

10年前の自分なら満足できていたであろうことも
今の自分には物足りなく感じてしまう。
こうやって人はできることもやりたいことも、少しずつ増えていくのだなと思います。

他人様より頑張ったと言う自負はありません。
この世は自分より頑張ってる人ばかり。
ただただ人に、仕事に、自分の夢に誠実であるべきと
何も言わず教えて下さった周りの方々には
心から感謝いたします。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから

大好きなご夫婦、タカさんとワナカさんのレストラン、KURO DININGが営業を再開されたので
ランチにお邪魔してきました。

9E1AE1A2-4362-4AE8-B9D8-8157D953ACD2_1_105_c
鴨と蕎麦モミ?であってる?のオントレ
01D47AB3-BEBA-4F71-8039-C9DC996C6E23_1_105_c
メインはサーモン。

5E31177C-C970-4C14-991E-B3F5032A3C9E_1_105_c
抹茶のタルト。私、デザートは普段頂かないのですが
これは甘さ控えめで、中に小豆も入ってて、大変美味しくいただきました。
ちなみにワインは、クリームシェリーを合わせてみましたよ。

お料理も素晴らしいことでは有名なKUROですが
ワインリストも素敵なんですよ。

アデレード・ヒルズのトラデイショナル・メソッドのスパークリングワインを作る
デヴィエーション・ロードをいただきましたよ。
AD232005-F666-4311-9F96-484199654A6E_1_105_c

数量が極々少ないのか
シドニーの小売店ではまだ見かけたことがありません。
が、日本ではオーストラリアワインのスペシャリスト、Down Underさんが輸入されているそうです。
去年のWANDSさんの記事でも少し取り上げさせていただいた、デヴィエーション・ロード。
オーストラリアのスパークリングワインには
安めのNVシャンパーニュよりずっと余韻が長くて凝縮感があって美味しいものが
たくさんありますね。


今日も読んでくださって、ありがとうございます。

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから


ワインに従事して10年がすぎ
その大半をオーストラリアで過ごしてきました。

アドミン、オペレーション、カスタマーサービス、バイヤー、マーケティング、ワイン教育
日本語関連では翻訳、通訳、執筆、市場調査、イベント、

来るもの拒まず、オポチュニティは全てバッチコーイと受け止めてきました。
が、どれもイマイチ中途半端で、自分の中であまりこれは、という分野が極めきれずにいました

去年リストラの憂き目?に合ったことで
いろいろ見つめ直す機会となりました。

去年40歳になったこともあり
仕事も取捨選択の時期に来たと感じており
今までやってきたお仕事のいくつかを思い切って手放しました。
1B983D55-69DA-460E-8C56-609F5FBB72BC_1_105_c

私が決断する前に自然と離れていったもの
自分から勇気を持って手をやっと離したもの
その過程は色々ですが、でもそう言う流れができていたのかなと思っています。

オーストラリアでこれからも必要とされる人材として生きていくためには
方向性の転換が必要だと強く感じていました。
オーストラリアの市場で重宝される人材でいるためには
日本人であることは残念ながらあまり強みにはならない。


日本人であることは置いておいてもとにかく今より使える人材にならなくてはいけない。
Diploma持ってようが、どれだけワインの知識に長けていようが
オーストラリア市場で商品を売る力をつけなくてはいけない。

私も、日本を離れて11年です。
オーストラリアでのキャリアの方が長くなりました。
  • 移民であること、英語が第二言語であることに甘えないこと
  • オーストラリアのワイン市場に一点集中すること
  • オーストラリアで使える人材になること
658A86EB-62B5-429C-9CD7-9DAF365C9614_1_105_c


オーストラリアのエンブレム、カンガルーとエミューのように前だけを向いて歩いていきます。


今日も読んでくださって、ありがとうございます。

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから




在宅勤務も4週をすぎ
だんだんと「New Normal」に慣れてきたとはいえ
この異常な状況のなんともいえない不安に襲われたりしていますが

なんだよくわからないけど平日はほぼ毎朝吐き気がする(でも吐かない、吐けない)
なんの前触れもなく涙が出たこともある
「不安」「ストレス」を感じて体が反応していることは確かでした。

長丁場になるかもしれないCOVIDー19のこの時期を乗り越えるため
今私が意識してやっていることを少しご紹介したいと思います。

瞑想🧘🏻‍♀️
まず、吐き気のことを夫に相談したら瞑想を勧められました。
そういえばと、お世話になっている方からも以前勧められた瞑想用アプリHeadspaceを久しぶりに開いて
毎朝3分ずつからスタートし始めました。瞑想のセッション以外にも
ストレスを解放するコツなどをわかりやすく手短に紹介したビデオコンテンツもたくさんあったりして



最初は、というか今もその効果はよく解ってないのですが
毎朝意識して時間をとり
呼吸を整え意識を集中させることには
少なからずリラックス効果はあるようです。

心配事を考える時間が少し減った気がします。
今日でちょうど10回目のセッションを終えました。
無料期間を終えると有料になるアプリですが、しばらく続けてみようと思ってます。

紙の本📚
身体が食べ物を必要とするように、魂は本を必要とする。本はこころのご飯です
家にいることが多く在宅で仕事をするので
どうしてもパソコンやスマートフォンをいつも以上に見てしまい
必要なこととはいえニュースにもうんざり
ソーシャルメディアにもYouTubeにも飽きてくる
なので本を読む。
紙の匂い、手触り、フォント、インクのシミが癒しになります。
まだまだ英語の本は読むのが遅いので
オーディオブックも兼用して物語に向き合います。
時には走りながら、時には大事に選んだワインとともに。

IMG_5452



IMG_5432
Normal People (English Edition)
Rooney, Sally
2018-08-28


IMG_5344




AESOPのハンドケア🤲
お気に入りのイソップのハンドサニタイザーとハンドソープ、ハンドクリーム。

匂いもパッケージも、もうとにかく癒し。
何度も手を洗うのでカピカピにならないように。
ハンドサニタイザーはずっと売り切れだったのですが
関係者のお友達が再入荷直後にすぐ教えてくれて、オンラインで買うことができました。
その日のうちにまた売り切れていたけど・・・
IMG_5436ランニング🏃‍♀️
運動のための外出はまだ許されています。ただ例えば車などで移動してビーチに行って走る、とかいうのはもうダメらしく家の近所で、というのが原則らしいのです。ので家の近所で新たなルート開拓をしています。
IMG_5430

これについてはランニングのブログに。

次は久しぶりに笑、ちゃんとワインのお話を書こうかな?

今日も読んでくださって、ありがとうございます。

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから

↑このページのトップヘ