ワイン生活@オーストラリア

自然大国オーストラリアから、美味しいワイン情報をお届けします。

カテゴリ: お知らせ

ベトナムの話題が続いていましたが少し話題を変えて。

ベトナムとシンガポールから帰ってきたら
部屋の前に段ボール箱が置いてありました。

Unico Zelo & Applewood Distilleryのカーター夫妻からの贈り物。
「いつもサポートをしてくれてありがとう!」と。

彼らのスピリッツ&ワインを、何度か記事に載せたお礼でした。
Capture



Unico Zelo & OkarTシャツと、ワインとリキュール。ワインはフィアーノのオレンジワインです。

う、嬉しい(´;ω;`)!

オーストラリアでも海外でも人気になっても
いつもとても謙虚な2人。
こんなにたくさん素敵なプレゼントをいただいてしまいました。

嬉しいなぁ。あり難いなぁ。
頑張っててよかったなぁ。


今週末は仕事が立て込んでいて、ほぼ引きこもり。
次のマラソンも近いというのに、走りに行くこともせずに
ひたすら翻訳、リサーチ、ライティング。
たまにはこんな週末があってもいい。

このグリーンのTシャツ着て頑張ったよ。
人から感謝されるためにやってるわけではない。
だけど感謝されたら、やはりめちゃくちゃ嬉しいではないですか。

そんな彼らの造った、大人のためのリキュール、Okarの記事が、日豪プレスにアップされました。
Capture
つづきはこちらから→
今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!

Facebookページができました

日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

ランニングブログ
ランナーズ・ハイ! in シドニー


「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから


日豪プレス、今月はいつもの連載ではなく特集記事を組ませていただきました。

リンクはこちらです。
どうぞよろしくお願いします。



先日シドニーでマスター・オブ・ワインの試験がありまして
私の友人も、何人かが試験に臨みました。

試験の様子を聞くだけで、そのあまりの凄まじさに、本当に「呆然」としてしまうマスター・オブ・ワインの厳しさ。

あんなに苦しかったWSET Diploma受験が「まだまだ序の口」と思えてしまうほどに。
(喉元過ぎれば、的な感覚もあるかしれませんが)

これをやるぞとまず決意をし、実際に200%全力で取り組んでいる人たちには、本当に尊敬の念しかありません。

私自身は費用の面からも(どっちかというとこれが主な理由)、心の準備の面からも、今のところ受験予定はありませんが

壮大な山の頂上を目指し、険しい道を歩み始めた仲間が羨ましくもあり
自分自身、色々犠牲にしながらも、辛いもういやだと泣きながらもめっちゃ勉強していたDiploma受験生時代が懐かしくもあります。

資格講座や大学に通わなくても、一人で粛々と勉強できる器用な人間なら良いのですが
私はそれなりに指南がないと、ダメな人間のようで。

ノート造りでもしてみようかしら。




この本が気になる。


今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!

Facebookページができました

日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

ランニングブログ
ランナーズ・ハイ! in シドニー


「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから









ゴールドコーストでフルマラソンを完走し、今日の午後シドニーへ戻ってきました。
ゴールドコースト、意外と食のシーンも楽しめました。

滞在中は会社はもちろんお休みでしたが
執筆や翻訳の仕事はいつも通りありまして
それがしんどかったか、といえばそうでもなくて
逆にいつもよりゆっくりと取り組めたおかげで、楽しめたのであります。
気持ちの余裕って、大事だと思いました。

深呼吸ができる環境に自分を置いてみたら
「自分の言葉で書かなきゃ」、という
ライターとして当たり前のことをまた思い出し
キーボードを打つ手が、いつもより軽快に動いたりもしました。
フルマラソンを走った直後にも関わらず、いや、走ったからこそ、というべきか
しっかりと英気を養うことができました。

自分はものを書くのが好きなんだった。
だからライターにずっとなりたかったんじゃなかったのか。
翻訳も同じこと。

好きだから始めたのに、最近時間に追われてやっつけ仕事にしていなかったか。
と、自らを省みる、良い機会となりました。

さて、Facebookのお友達には告知させていただきましたが、こちらでもしつこくお知らせです!
今月で連載2年を迎えました日豪プレスさんで、初めてワインの特集記事を組ませていただきました!






本文はコチラ
【特集】知ればもっと好きになるオーストラリア・ワイン講座


本紙では、4ページの見開きの大盤振る舞い!

ワインに関心はあるけれど、なんだかんだで最初の一歩が踏み出せない、
そんな若い女性たちを特に意識して、編集さんと一緒に作った記事です。

たくさんの人にオーストラリアワインを好きになってほしい。
そんな思いを込めて作りました。
構成は編集の方が大幅に作ってくださり、それを一緒にまた直し・・・短期間できれいに仕上げていただき、感謝、感謝です。

初心に戻って、また頑張っていきます。

あ、ちなみに連載コラムも通常通り掲載しております。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!
日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

ランニングブログ
ランナーズ・ハイ! in シドニー


「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから






日豪プレスで記事を書かせていただけるようになって、
今月から産地にフォーカスして記事を書かせていただいています。

 hunter
続きはこちらから!→
この写真を撮ったのはずいぶん前ですが、
丁度この間、Lake's Folly (レイクス・フォリー)を訪れました。
この写真を撮ったころには、自分の書いた記事が日豪プレスに載せてもらえるなんて、思ってもみませんでした。
 
久しぶりにハンター・ヴァレーを訪れて、この土地の良さがまた改めて実感できた上で
この記事を書けたので、タイミング的にとてもよかったのだなと思います。

やっぱりワイン産地は、定期的に訪れなければいけませんね。
次はどこに行こうかな?

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!
日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

ランニングブログ
ランナーズ・ハイ! in シドニー


「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから
 



Capture

日豪プレスの記事がアップされました。
今月はマルサンヌとルーサンヌです。
続きはこちらから→

ウェブ版が出るころには、次の記事の締切り、というのがいつものパターン。
ちなみに来月からは産地にフォーカスして書いていきます。

マルサンヌとルーサンヌは好きな品種です。
柔らかでアロマティックな白が、とても好きです。



今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!
日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

ランニングブログ
ランナーズ・ハイ! in シドニー


「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから

↑このページのトップヘ