Now Where's My Wine?

シドニー在住、ワインライター兼通訳のフロスト結子です。オーストラリアから楽しいワイン情報を発信します。

カテゴリ:白ワイン > ピノ・グリ&グリージョ

お久しぶりの更新です。
仕事を始めて、社会復帰して3ヶ月。
バリバリ頑張って・・・というより、オタオタばかりしていますが
仕事があるというのはやはり幸せですね。

久しぶりにこんなワインがあるのですよ、とご紹介したくなったもので、ブログを開いてみました。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3d9f
Tatachilla White Admiral Pinot Grigio

色違いの2つのワイン、ではなく
これ、2つとも同じワインなんです。
色が違うのは、温度によってラベルの色が変化するからなんです。
ちなみに、左が飲み頃の温度で右が常温です。
飲み頃までワインがしっかり冷えると、お花がピンク色に変わるのです。

めっちゃ可愛い!!!!お値段も1本15ドルと、まあまあ可愛い。

ちなみにロゼもあります!





ロゼは冷えると淡いブルーが濃くなります。
実はこれ、低アルコールワインでもあるんです。 アルコール度数が9%ぐらい。
オーストラリアでは10年ぐらい前に低アルコールワインが流行ったのですが
その当時のものはあんまり美味しくないものが多かったのですが
今出てきているものは比較的バランスのとれたものが多い気がします。

ちなみにこのワイン用のブドウは早く収穫したり、アルコールを抜いたりするのではなく
余分なブドウ果汁を加えることで、全体のアルコール度数を下げています。


強いお酒が苦手、という人は、一度少しだけ試してみてくださいね。


今日も読んでくださって、ありがとうございます。

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから




先日、うちにホームスティっぽい感じで来てくれたゲストが手土産に持ってきてくれたウニコ・ゼロのピノ・グリです。
うっすらピンクがかっているのわかりますか?
Pretty Pink!きれいな色ですね。

Unico Zelo Harvest Pinot Gris 
経済的な困難に直面する農家からブドウを買って作ったシリーズだそうです。
しっかりとテクスチャーのあるピノ・グリです。
余韻にうっすらとある心地よい苦みがちょっとグレープフルーツみたいで美味しいです。


今日も暑い一日で、最高気温は37度でしたが、
今晩から急激に冷え込み、明日の最高気温は19度。すごい気温差だなあ。


このロゼも大好き!

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!
日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook
ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければ下のコアラとアルパカくんを、ポチッと1クリックお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。


LINEの読者登録はコチラから


ラ・プローヴァのピノ・グリージョ。アデレード・ヒルズです。

http://www.scottwines.com.au/la-prova/


パリッとさわやかなリンゴとナシの香り。
ちょっとナツメグのような香りも。

ロッソも美味しいですよ。

ピノ・グリは貝とあわせるのが好きです。



ピノ・グリとピノ・グリージョは同じ品種でその違いの定義はかなりあいまい。
前者がアルザス風、後者がイタリア風、のときもあるけど
オーストラリアに関して言えばそれも絶対じゃない。
から、結論から言えば、気にするな。としか言えない。
のですが、これをお客さんに説明しても、頑として違うと言い張る人も居たりします。
ので、まあ啓蒙活動のひとつと言いますか。

素敵な週末をお過ごしください。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければ下のコアラとアルパカくんを、ポチッと1クリックお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。


LINEの読者登録はコチラから

 

↑このページのトップヘ