ワイン生活@オーストラリア

自然大国オーストラリアから、美味しいワイン情報をお届けします。

カテゴリ:白ワイン > シャルドネ



今日はハーフボトル。
ムールドックのシャルドネ、2012です。
ワイルドイーストっぽいファンク。

オーストラリアでハーフボトルって、結構希少なんです。
そこまで需要がないから割が合わない、ってことだとは思うのですが。

日本と違い、オーストラリアって、お酒に弱い人ってあんまりいない。
ライフスタイルの選択肢として、全くお酒を飲まないという人はいますが
飲んだら具合が悪くなるとか、真っ赤になるとか、退室的に受け付けない、という人には会ったことがまずない。
そういう人がいたかと思えば、だいたいアジア系の、特に女性が多いんですよね。
アルコールへの耐性は、実際アジア人と白人では違いがあるそうなのですよ。

話が横にずれましたが、ワインってやっぱり誰かと一緒に飲むお酒だと思いますね。
2人なら3本ぐらい、なんなら6人で10本ぐらい開けたこともあるけど
1人だとハーフボトルでお腹いっぱいになることも。
 
今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!
日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

ランニングブログ
ランナーズ・ハイ! in シドニー


「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから 

お客様が来て下さったので?今夜はウニコ・ゼロ、ハーヴェストシリーズのシャルドネです。



スモーキーで、オークしっかりめのシャルドネです。
ハーヴェストは、ウニコゼロの他のシリーズとはまた印象の違うワイン。
もっとアカデミックというか、良い意味で優等生な感じの印象です。



UZ。ちょっとU2みたい??笑


 今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!
日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから

変な天気が続いているシドニーです。

今とってもホットなワインメーカー、ウニコ・ゼロの新しいシリーズ、ハーヴェストです。


 

今日のはシャルドネ。
経済的困難なブドウ農家からブドウを買いつけて作るワイン。
現代の、ピーター・レーマンみたいだね。 

ウニコ・ゼロは、ブレンダン&ローラ・カーター夫妻の作るワインで
 このハーヴェストシリーズは、ローラが中心になって作っているとか。
通常のウニコ・ゼロはもっと破天荒なイメージのワインですが
このワインに浮かぶ言葉は「安定」。

このハーヴェスト・シリーズは、経済的に困っているブドウ農家を支援する目的で作られたワイン。
ワインそのものも、とても良い意味で「優等生」という言葉が、いい意味で頭に浮かぶワインです。
冒険はしない、しっかりと品質を見据えたシャルドネ。

ワイン造りは農業、地元の農家をリスペクトして守っていく、そんなスピリッツで作られたワインです。
 
今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!
日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから 

久しぶりにワインの記事。



お手軽ヘビロテシャルドネ。
バーン&フラーシャルドネ アデレード・ヒルズ、17ドルぐらい。
Burn & Fuller Chardonnay 2015 Adelaide Hills

我が家の平日ディナーの定番です。
お気軽に飲めるお値段で、しっかりとした品質の白です。
なんでもお好きなお料理と合わせて飲んでください。
同じメーカーの、シラーズも美味しいですよ。
ちなみにうちは、この日はピザでしたヨ。




今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければ下のコアラとアルパカくんを、ポチッと1クリックお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。


LINEの読者登録はコチラから

 



オーストラリアでワインを作る女性、ラドクリフ敦子さんのワインを、初めて頂きました。
Small Forest by Atsuko Chardonnay 2015 Upper Hunter Valley
Facebook Pageはこちら→

オークの使い方が上品でいい塩梅にトロリとした質感が魅力。
とてもバランスの良い、ウィークデー・ワインですね。

これはヴェルデリョ(ヴァデーロになってるけど)。



ハンター・ヴァレーには何度も行ってますが
実は行ったことがあるのはローワー(Lower)・ハンター・ヴァレーばかりで
アッパー(Upper)・ハンターの敦子さんのワイナリーには、実はまだ行ったことがなくて
行かなくてはいけないPriority Listの、かなり上位に入ってる場所です。
ハンター・ヴァレーと一言に言ってもかなり広く、
LowerとUpperで降水量を含む気候がやっぱりかなり違うようです。
次のお休みに、行ってみたいなあ。

ところで、ホームオフィスを作ろうと、倉庫になっていたセカンド・ベッドルームを整理していましたが
その後、諸事情ありリビングの片隅にデスクを移さなければならない時期があって
結局そのままそこが仕事場になっちゃいました。

晩御飯仕込みながら作業したり・笑


寒い夜は布団をかぶり。本棚にも近くて、割と快適。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければ下のコアラとアルパカくんを、ポチッと1クリックお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。


LINEの読者登録はコチラから
 

↑このページのトップヘ