ワイン生活@オーストラリア

自然大国オーストラリアから、美味しいワイン情報をお届けします。

カテゴリ:赤ワイン > ピノ・ノワール

ご縁あって、今年なんと3度目のタスマニア訪問中。
タスマニア島でも南部に位置するホバート、日の入りがなんと20時半。ずっと明るいです。

ずっと会いたかったスモールアイランドワインのワインメーカー、ジェームズに偶然会い
「今日このあとインタビューさせて!」とお願いしたらあっさりとOK

47577535_10158245147614657_6758334467087007744_n

言ってみるものですね。
今年初めに出会った彼のワイン。
tiger

4つのピノ・ノワールをテイスティングさせてもらいました。
産地別にブルーがNorth、紫がSouth、そしてタスマニアのピノノワールのベンチマークとなるBlack Label、さらにオレンジのラベルがリザーブ。白いラベルはロゼです。

2017年ヴィンテージも秀逸でした。
アーティストのおばさまがかかれたというタスマニアタイガーを、ペイントの上からプリントしています。
なんとこの出会った前日に恋人と婚約したというジェームズ。
素敵なフィアンセの彼女ともお会いしましたよ。

今年は気がつけば、タスマニアの記事ばかり書いてますね。

47579371_10158244577599657_8692037505203044352_n
楽しいサラマンカマーケットにて。


tas


今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!

Facebookページができました

日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

ランニングブログ
ランナーズ・ハイ! in シドニー


「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから



私の好きなヤラ・ヴァレーのピノ・ノワール
ホドルス・クリークの新ヴィンテージがリリースになりました。
去年よりもすごくライトに感じたけれど
もしかして、開けるのが早かったのかな?と思ったり。

このお値段にしてこの高品質。
本当にありえないぐらいお得なピノ・ノワールです。

別に回し者じゃないよ。
ホドルスクリーク ヤラヴァレー ピノ・ノワール 2017 750ml
ホドルスクリーク エステート / Hoddles Creek Estate


今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!

Facebookページができました

日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

ランニングブログ
ランナーズ・ハイ! in シドニー


「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから



ある日の会社でのテイスティング。
マーティンボロのクラギー・レンジ、モーニングトン・ペニンシュラのムールドック・エステートのマッキンタイヤ・ピノ・ノワール、そしてタスマニアのフロッグモア・クリークのピノ・ノワール。

冷涼気候のピノ・ノワールがゾロリそろったラインナップでした。
いつもこんなのばっかりじゃないのです。
普段はもっとやっつけな感じでテイスティングをしています・笑
ちなみにこの日はシャルドネもよかった。

今、オーストラリアではクール・クライメイトが熱い。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!

Facebookページができました

日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

ランニングブログ
ランナーズ・ハイ! in シドニー


「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから


昨日親不知の抜歯を終えて、今週末はアルコールを禁止(飲み込まないテイスティングもダメ)されています。
辛い食べ物も硬い食べ物もダメ、ついでに言うと運動もダメ。
ちなみに、タバコもダメだそうです。吸わないけど。

しばらくはお酒も飲まず、柔らかい食べ物を食、しっかり寝て生きていきます。
固形物が食べられず、あまり動くことも出来ないので、体がフニャフニャする。
赤ちゃんか。




今日は少し前に飲んだワインを。
モーニングトン・ペニンシュラの美しいワイナリー、テン・ミニッツ・バイ・トラクターのピノ・ノワールです。
10xシリーズは一番安いシリーズですが、それでも$33とまあまあのお値段。

モーニングトンのピノ・ノワールはちょっとお値段がします、が品質は確かです。
テン・ミニッツ・バイ・トラクター、の意味は
彼らの持つ畑が、全部トラクターで10分以内の場所にあるから。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!

Facebookページができました

日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

ランニングブログ
ランナーズ・ハイ! in シドニー


「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから

オーストラリア人の夫が、「新商品が入ったよ」と笑いながら持って帰ってきたこのワイン。



世界最強ラグビーチーム、オールブラックスでおなじみ、ハカダンスのラベルでございます。
オーストラリア・チームのワラビーズの永遠のライバル・・・とは言え、しばらくワラビーズがオールブラックスに勝つ姿は見ていない。

これ見たら、その場でハカダンスを思わず踊ってしまう確率、100%。

最初の掛け声って、「ガンバッテーガンバッテー」って聞こえてたけど、 Ka Mate Ka Mateて言ってたんだ。
絶対に「ガンバッテー」ではないことはうすうす気づいてましたが。

セントラルオタゴのピノ・ノワールでこんなに面白いラベルはなかなか貴重。
中身は、というと、結構しっかりとスムーズな、質の良いピノでした。
実はこれは、マウント・エドワードという、セントラルオタゴでは結構有名なワイナリーが作っています。
オーストラリアのレストラン中心、一部のワインストアでしか扱ってないみたいです。
日本はまだちょっと先かな?
日本のインポーターの皆さん、ワールドカップにいかがでしょう。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!
日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

ランニングブログ
ランナーズ・ハイ! in シドニー


「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから


↑このページのトップヘ