Now Where's My Wine?

シドニー在住、ワインライター兼通訳のフロスト結子です。オーストラリアから楽しいワイン情報を発信します。

カテゴリ: 白ワイン

先日ポルトガルワイン関連のリサーチを少ししておりましたら
そういうタイミングで夫がポルトガルワインを買ってきてくれたりします。

ローヌの最大ネゴシアン、シャプティエがポルトガルで生産しているワインで
最近オーストラリアでも買えるようになりました。
Dos Lusiandasというブランド。品種は土着品種のブレンド・笑

このラベル、どう見ても「米」っていう文字にしか見えないんですけど
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3dbd

ピーチにペアーに、っていうなんか可愛らしい香り。
エッジの効いた酸。そんなに複雑なワインではないですが、面白い。

ちなみにシャプティエは1996年からラベルに点字を採用していて
これもわかりづらいですがラベルに点字が施されています。

ちなみにブレンドで品種:Rabigato, Gouveio, Códega do Larinho, Viosinho.
うーん、見事に一個も知らん笑
ポルトガルの品種が面白いですよね。

今年は念願のポルトガルに行けてとても幸せな年でした。
ご飯は美味しく、風景は美しく。
また行きたい場所が、一つ増えました。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_50c

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_53d

今日も読んでくださって、ありがとうございます。

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから

お久しぶりの更新です。
仕事を始めて、社会復帰して3ヶ月。
バリバリ頑張って・・・というより、オタオタばかりしていますが
仕事があるというのはやはり幸せですね。

久しぶりにこんなワインがあるのですよ、とご紹介したくなったもので、ブログを開いてみました。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3d9f
Tatachilla White Admiral Pinot Grigio

色違いの2つのワイン、ではなく
これ、2つとも同じワインなんです。
色が違うのは、温度によってラベルの色が変化するからなんです。
ちなみに、左が飲み頃の温度で右が常温です。
飲み頃までワインがしっかり冷えると、お花がピンク色に変わるのです。

めっちゃ可愛い!!!!お値段も1本15ドルと、まあまあ可愛い。

ちなみにロゼもあります!





ロゼは冷えると淡いブルーが濃くなります。
実はこれ、低アルコールワインでもあるんです。 アルコール度数が9%ぐらい。
オーストラリアでは10年ぐらい前に低アルコールワインが流行ったのですが
その当時のものはあんまり美味しくないものが多かったのですが
今出てきているものは比較的バランスのとれたものが多い気がします。

ちなみにこのワイン用のブドウは早く収穫したり、アルコールを抜いたりするのではなく
余分なブドウ果汁を加えることで、全体のアルコール度数を下げています。


強いお酒が苦手、という人は、一度少しだけ試してみてくださいね。


今日も読んでくださって、ありがとうございます。

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから

bluepoles

Bluepoles Lost on Mars Marsanne 
マーガレット・リヴァーのマルサンヌ100%。
とろんとしたテクスチャー、ライチのような香りと味。
マルサンヌって、ルーサンヌに比べたらボディとかボリュームとかそういうイメージでしたが
こんなにアロマチックになるんだな、という例。
ちょっとゲヴュルツみたいでした。
蒸し暑い夜が続いています。そんな夜に嬉しい白でした。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!

Facebookページができました

日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

ランニングブログ
ランナーズ・ハイ! in シドニー


「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから


たまにですがフリーランスのお仕事の一環として
「インタビューする」ということがあります。
インタビューのお仕事というのは本当に面白いです。
業界の知識人の方とじっくりお話ができるというだけでもちろん楽しいのですが
大体の場合、博識な方々と2人だけでじっくり面と向かって(お電話のこともありますが)お話ができるというのは、本当に、とても贅沢な時間なのです。
まだまだ毎回初めてコンタクトする方には緊張もするし
冷たくされたらへこむなあとか思ったりするのですが

42501501_489155538264158_8242954419063226368_n
グレーツァー・ディクソンのリースリングです。

今日は久しぶりにタスマニアを思い出して飲んだリースリング。
ちょうどこのワインメーカーさん当人と、メールのやり取りのあった日
夫がその彼のワインを買ってきました。
こういうことが、良くある家です。我が家は。

今年はちょっと甘め。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!

Facebookページができました

日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

ランニングブログ
ランナーズ・ハイ! in シドニー


「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから



少し前に飲んだワインですが
アデレード・ヒルズのワインメーカー、BKワインズのヴァン・ジョーヌ(黄色いワイン)。
イエローワインブルースカイフロール。
フランスのヴァン・ジョーヌの品種であるサヴァニャン。
樽内でフロール(産膜酵母)と呼ばれる白い花のような膜状の酵母が発生し
ワインの表面と空気を遮断します。
これにより独特の風味を持つワインが出来上がります。

一言でいうとSavoury、甘味を一切感じないテクスチャーのしっかりとしたワイン。
一緒に飲む人は選ぶワインかもしれません。

ちなみにオーストラリアでは、長年アルバリーニョと思われていた白ブドウ品種が
実はこのサヴァニャンだった、という経緯があります。
これに使われたブドウも、昔はアルバリーニョと思われてたのかな。


今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!

Facebookページができました

日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

ランニングブログ
ランナーズ・ハイ! in シドニー


「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから



↑このページのトップヘ