ワイン生活@オーストラリア

自然大国オーストラリアから、美味しいワイン情報をお届けします。

カテゴリ: 白ワイン

こないだハンター・ヴァレーに行ってから、
1人ハンター・ヴァレー・ブームが続いています。
普段飲むワインはビクトリア、南オーストラリアが多かったのですが
最近はまたハンターが好きになりました。
ハンター・ヴァレーも、やっぱり面白いワインメーカーがいっぱいいるんですよねー。





ハーカム・アジーザズ・セミヨン。
Azizaとは、ワインメーカー、リッチ―・ハーカムのお祖母ちゃんのお名前。
イスラエル系の家系で、おばあちゃんが家族のために、ワインを造っていたんですって。

オレンジワインのセミヨンで、亜硫酸無添加、でもってマロラクティック発酵を経ています。
 ZippyとかLaceyとかいう言葉が浮かぶ。
これは、おだしのきいた鍋と一緒に飲みたいなあ。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!
日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

ランニングブログ
ランナーズ・ハイ! in シドニー


「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから 
 



オーストラリアでは、フィアーノと並んで最近人気がじわじわ上昇中なのがヴェルメンティーノ。
リバーランドとかバロッサとか、暑いところに植えられてるみたいです。
これはスピニフェックスのセカンドラベル、Miette。
グレープフルーツみたいな苦みのある、テクスチャーというか歯ごたえのある白ワイン。
料理を選ばない、何でも合いそうな白ですね。
mietteは、シラーズも美味しいですよ。
shiraz
日豪プレスでもご紹介しています。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!
日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

ランニングブログ
ランナーズ・ハイ! in シドニー


「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから

 

ここのところ仕事が立て込んでおり、更新が滞ってましたが
元気にやっております!

先週まで久しぶりにオーストラリア・ワイン以外のお仕事依頼が入りまして
普段ひたすらオージーオージー(時々キウィ―)している脳みそをブラッシュアップ。

「WSET Diplomaホルダーたるもの、常にグローバルな視点でワイン業界を見ていなければならない」

・・・とまでは思いませんが、せっかくお仕事をいただけるのだから
オセアニア以外の知識も常時アップデートしていきたいものです。
オーストラリアワインは今すごく身近に感じられる存在になり
昔からずっと知っていた友達と、最近になってまた急に仲良くなれた、みたいな感じです。

少し前に飲んだワインですが



 スモール・フォレスト 敦子さんのヴェルデリョ。
トロンとしたテクスチャーが美味しい。

ハンター・ヴァレーに久しぶりに行って、ヴェルデリョを久しぶりに飲みました。
ヴェルデリョって、検索するとマデイラのことばかり出てきますが
ハンター・ヴァレーでは良く作られている品種です。

オーストラリアのワインの歴史は酒精強化ワインから始まったので
それに適した品種が良く発展したようですね。
ハンターでは昔からある品種だから、これは【オルタナティブな品種】とは言えないのかな。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!
日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

ランニングブログ
ランナーズ・ハイ! in シドニー


「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから 

パイオニア的日本醸造家と言えばやはりグレイスワインの三澤彩奈さんではないでしょうか。
金曜日、三澤さんのマスタークラスが、シドニーのワインショップThe Oak Barrelにて開催されました。


grace

今回は甲州6種類とマスカット・ベリーAのブレンドの赤1種類をテイスティング。 
甲州は、6種類が全部、味も香りも全く異なるワインでした。
 
グリド甲州はアロマティックで甲州を全く知らない人でも抵抗なく飲める爽やかな白ワイン。


グリド甲州より産地を絞ったグレイス甲州は、多分グレイスワインのベンチマーク的なワイン。


もっと甲州そのもののユニークな味わいが判りやすく作られています。優しい口当たり、はんなりとした香りで、お寿司と一緒に飲みたくなります。

そしてより洗練された鳥居平キュヴェ・三澤2015年コチラはもっと香りが凝縮した感じ。







そして、これと同時にテイスティングしたのが鳥居平キュヴェ・三澤プライベート・リザーブの2009年。三澤さんの2年目のヴィンテージ、ちょっとハンターヴァレーのセミヨンのようなイメージ。甲州でも良いヴィンテージだと、熟成することができるんだ、と小さく感動したワイン。でも、これは好き嫌いが分かれるかもしれません。

 一番おもしろかったのが2015年の明野キュヴェ・三澤。こちらは還元したような、スモーキーな香り。この特徴は醸造でなく畑からくる特徴だなんだそうです。
甲州といえばクリーンで淡いイメージしかなかったのですが、これはとても複雑な味わいがして何度も何度も確かめたくなって飲みたくなるワインです。

唯一の赤、茅が岳ルージュは、ちょっとボジョレに似た赤ワイン。ライトで噛みたくなる美味しいテクスチャーが魅力。繊細な和食と、良く合いそうです。焼き鳥が食べたくなりました笑




甲州がこんなにも面白い品種であると、教えて下さった三澤さんのワインに改めて感動です。
ワイン造りの力はもちろんですが、先駆者としてアクションを起こすことへの勇気、行動力、
ポジティブなエネルギーをたくさん分けていただきました。

マスタークラスはちなみに満席、日本人の方もいらっしゃってましたが、ほとんどがオーストラリア人の方、業界関係者も多く来ていたようですが、一般の愛好家の方も多かったようです。
日本の国外で、甲州への関心が休息に高まっている事が垣間見れた夜でした。



今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!
日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

ランニングブログ
ランナーズ・ハイ! in シドニー


「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから


 



今日はハーフボトル。
ムールドックのシャルドネ、2012です。
ワイルドイーストっぽいファンク。

オーストラリアでハーフボトルって、結構希少なんです。
そこまで需要がないから割が合わない、ってことだとは思うのですが。

日本と違い、オーストラリアって、お酒に弱い人ってあんまりいない。
ライフスタイルの選択肢として、全くお酒を飲まないという人はいますが
飲んだら具合が悪くなるとか、真っ赤になるとか、退室的に受け付けない、という人には会ったことがまずない。
そういう人がいたかと思えば、だいたいアジア系の、特に女性が多いんですよね。
アルコールへの耐性は、実際アジア人と白人では違いがあるそうなのですよ。

話が横にずれましたが、ワインってやっぱり誰かと一緒に飲むお酒だと思いますね。
2人なら3本ぐらい、なんなら6人で10本ぐらい開けたこともあるけど
1人だとハーフボトルでお腹いっぱいになることも。
 
今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!
日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

ランニングブログ
ランナーズ・ハイ! in シドニー


「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから 

↑このページのトップヘ