ワイン生活@オーストラリア

自然大国オーストラリアから、美味しいワイン情報をお届けします。

カテゴリ:白ワイン > リースリング

たまにですがフリーランスのお仕事の一環として
「インタビューする」ということがあります。
インタビューのお仕事というのは本当に面白いです。
業界の知識人の方とじっくりお話ができるというだけでもちろん楽しいのですが
大体の場合、博識な方々と2人だけでじっくり面と向かって(お電話のこともありますが)お話ができるというのは、本当に、とても贅沢な時間なのです。
まだまだ毎回初めてコンタクトする方には緊張もするし
冷たくされたらへこむなあとか思ったりするのですが

42501501_489155538264158_8242954419063226368_n
グレーツァー・ディクソンのリースリングです。

今日は久しぶりにタスマニアを思い出して飲んだリースリング。
ちょうどこのワインメーカーさん当人と、メールのやり取りのあった日
夫がその彼のワインを買ってきました。
こういうことが、良くある家です。我が家は。

今年はちょっと甘め。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!

Facebookページができました

日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

ランニングブログ
ランナーズ・ハイ! in シドニー


「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから

こんばんは。

最近温かくなってきたシドニー、ロゼや白の率が増えてきました。
と、思っていたら、今日は強風で急に寒くなったりしてびっくりしたり。

昨日はまだ温かったので、久しぶりにリースリングを開けました。
メニューはポークチョップ。



マウント・バーカーは西オーストラリア州の涼しいワイン産地です。
ハワード・パークは安定した品質のワインを作るファミリー・ビジネス。
リースリングというと、南オーストラリアのクレア・ヴァレーとイーデン・ヴァレーが強い産地ですが
西オーストラリアでも美味しいものがたくさん作られています。

数年前のワインオーストラリアのリースリングイベントで飲んで心に残っていたリースリングの一つでした。
一言でいうと「しっかりしている」リースリング。
リースリングは基本軽やかな白ワインですが
色々なリースリングを同時に比べて飲むと、その個性の違いはなかなか面白くて
これは私の好きな、口当たりがしっかり残るタイプ。
まだまだ熟成しそうな予感です。

リースリングが美味しくなると、そろそろ春の予感。


今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!

Facebookページができました

日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

ランニングブログ
ランナーズ・ハイ! in シドニー


「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから



数日前の写真ですが、オコタ・バレルズのリースリング。週の中日(なかび)のご褒美です。
テクスチュアルなリースリング、キッズ・オブ・ザ・ブラックホール。ブラックホールの子供????
オコタ・バレルズのネーミングはいつもちょっとQuirkeyですね。

最初ちょっと冷やし過ぎてしまったのか、キャラクターがちょっとわかりづらかったですが
少しだけ温度が上がってきたら、より果実味が出てきて美味しく頂けました。

あー今週は疲れたっ>_<
今週も、あと一日。

今日は満月が綺麗ですね。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!
日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

ランニングブログ
ランナーズ・ハイ! in シドニー


「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから



先日、オーストラリアの新しい形のセミヨン、という記事を訳していた時に出てきたこのワインを、夫が買ってきてくれました。




David Franz Eden Edege
デビッド・フランツ・イーデン・エッジ
リースリングとセミヨン、という異色のブレンドです。 

まずすごいかっこいいラベル!
手塚治虫の大人向けマンガみたいなタッチ、と思ったのは私だけかしら。
以前もご紹介したことがありますが、デビッド・フランツは、あの伝説的なワインメーカー、ピーター・レーマンの息子さんです。

ピーター・レーマンのワインは伝統的で正統派な印象ですが
デビッド・フランツのワインはどちらかというとOut of Square(枠からはみ出すことを恐れない)といった印象。
リースリングとセミヨンのブレンドって、ありそうでなかった組み合わせ。
(セミヨンとシャルドネのブレンドの安価なワインは、かつて良く見かけました)。

第一印象はオフドライ?と思ったぐらい果実味がしっかりしている、でも辛口でした。
セミヨンの丸みとリースリングのお花の香り、レモンやライムを煮詰めて冷やしたようなテクスチャー。

デビッド・フランツ、これから注目の生産者の一人です!

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!
日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから


 

リースリングばっかり作ってるRielingfreakというブランドのNo.5を飲みました。
No.5はオフドライです。 シャネルみたい?

他にもNo.3やらのNo.9やら色々違うスタイルのがあるみたいです。

・・・んー、美味しいけど、まあ普通かな・笑
もっともっと華やかな感じの香りなのかな、と思ったけど
期待しすぎたかな。




今日はオーストラリア・デーという祝日ですが
地味に家で仕事をしておりました。
1月は、年初めということもありますが個人的にも色々なことの節目になった月でもあるので
いろいろ考えてしまいますね。

自分は文章書くのはやっぱり好きだな、ということに最近また改めて思って
今年はそちら方面で色々広げていきたいです。



しっぽをパタパタする近所の猫。


今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!
ワインオーストラリア Facebook

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから 

↑このページのトップヘ