ワイン生活@オーストラリア

自然大国オーストラリアから、美味しいワイン情報をお届けします。

カテゴリ:オーストラリアワイン > ビクトリア州

こんにちは。今日もご訪問有難うございます。


ルーク・ランバート・スパークリング・シャルドネ
Luke Lambert Sparkling Chardonnay Yarra Valley
http://www.lukelambertwines.com.au/
お値段は52ドル。
野生酵母、無濾過、無清澄、ゼロ・ドサージュ(加糖なし)。
ちょっと曇ったスパークリングのシャルドネ。
無濾過のワインって濁ったリンゴジュースみたいなあのテクスチャーがたまらなく好きです。
泡も細かくて非常に繊細でした。

この記事は1月15日に書いておりますが
ちょうど1年前の今日、最後の最後の試験にようやく受かったよ、と電話で教えてもらって
晴れてWSET Diplomaホルダーになった日に、
夫が仕事をちょっと早く切り上げてくれて(職場の人が早く帰ってお祝いしてあげなさいと言ってくれたらしい。優しいなあ。)買ってきてくれたワインでした。

あれから1年。これからどこに向かうのか。少しずつ見えてきました。
今年も新しいお仕事を始めます。
詳細は後ほど。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければ下のコアラとアルパカくんを、ポチッと1クリックお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。
 
スティルのシャルドネは日本でも買えるのね。

こんにちは。
今日もご訪問いただき、有難うございます。

これまで色々なオーストラリアのワイン産地各地を訪問してきましたが
今までで一番好きだったのが、ヴィクトリア州のモーニントン・ペニンシュラです。
南極海に近く本当に美しい地域で、程よい観光地で、かといってハンター・ヴァレーほど大規模でもなく。
美味しいものもたくさんあるし、程よく首都(メルボルン)にも近いし。
在宅ワークで食べれるようになったら、ぜひとも引っ越したい場所です。




そんなモーニントン・ペニンシュラから美味しいピノ・ノワールを。
Dexter Wine Pinot Noir Mornington Peninsula
デクスター・ピノ・ノワール
http://www.dexterwines.com.au/
作るワインはピノ・ノワールとシャルドネのみ。徹底しています。
ピノとシャルドネ、あとはあってもピノ・グリだけ、というワインメーカー、モーニントン・ペニンシュラ、結構多いです。

そしてモーニントンのワインは、全体的に値段が高め。
ちなみにこのピノ・ノワールは$55。
でも美味しいんだな〜。

ちなみにこれは夫が出張中に、一人でしめしめ、と飲んだワイン。
オーガニックのスーパーで、普段は絶対買わない美味しい(=つまり高い)お惣菜を買い、ちょっと良いワインで"Me time"。
一人の時間を贅沢に楽しみたい時に買ったワインでした。
1本は飲みきれなかったですが。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければ下のコアラとアルパカくんを、ポチッと1クリックお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。











こんにちは。
今日もご訪問ありがとうございます。

WSET Diplomaの試験で、まず大抵最初に受ける試験はUnit2。ワインの生産、つまり栽培と醸造についての科目です。これは範囲はめちゃくちゃ広いですが、選択問題なのである意味一番簡単です。

それをクリアしたあと、記述式の科目へと進みます。

懐かしの画像・・・笑 一時期こんな写真ばかり撮っていました。


私の場合、一番最初の記述式試験は酒精強化ワインでした。
世界三大酒精強化ワインであるシェリー、ポート、マデイラを中心に学んでいきますが
フランスのヴァン・ド・ナチュールやオーストラリアの酒精強化などもカバーしなくてはいけませんでした。
確かにWSETの過去問を遡っても、出題傾向として毎回この三大酒精強化以外に必ずもう一問、マイナーな酒精強化ワインの出題があったと記憶しています。







その中でもオーストラリアのヴィクトリア州ラザグレンで生産されているマスカットは
実は世界でもなかなか特殊な酒精強化ワインである、と学びました。



ブドウの樹の上でカラカラになるまで乾燥させてレーズン状になったブドウを圧搾して
シェリーのソレラ・システムのように異なるヴィンテージのワインを少しずつ継ぎ足して混ぜる「うなぎのタレ方式(って、日本でワイン勉強した人、習ったよね?)」。

つまり乾燥したブドウを使ったデザートワインの生産方法と、シェリーの製造方法を組み合わせたというもの。
かなり特徴的なワインなので、試験に出たらむしろすごくラッキーなワインであると思います。

特徴は、まずとにかく香りが飛び抜けて芳醇で強いこと。比較試飲すればすぐわかりますが、色の似ているトーニー・ポート、アモンティリャード・シェリー、マデイラなど、どの酒精強化に比べてもこれは格段に違います。
ラベンダーやアールグレイ・ティー(つまりベルガモット)の香り やコーヒー豆の香りなど。
マスカットの華やかな香りとキレキレの酸味は、ブラインドでテイスティングしても本当〜にわかりやすいワインです。


酒精強化ワインの試験を経て、その複雑な製造方法を学んでいろんなワインに出会って以来、大好きに。


ラザグレン・マスカットはダーク・チョコレートやフルーツケーキと一緒にいただくと
本当に美味です。
これも大好きなオーストラリア・ワインのひとつ。
美味しい食事の後の、贅沢なデザートに。ゆっくり、しっぽり、ちびちびと飲みたいワインです。
一度ぜひ試してみてくださいね。




今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければ下のコアラとアルパカくんを、ポチッと1クリックお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。


こんにちは。今日もご訪問有難うございます。
今日のワインはコチラ。

Patrick Sullivan Wine `Haggis`
パトリック・サリヴァン・ハギス
品種は不明・・・
http://patricksullivan.com.au/ 
こちらも自然派のワインメーカー、パトリック・サリヴァンのワイン。



いわゆる「オレンジワイン」の部類に入るのか、スキンコンタクトを経た白ワイン、色はオレンジというより薄いピンクです。でも、ロゼでは決してない、既存のカテゴリーに当てはまらないワインかも。
ガスパチョみたいなハーブ香を含んだ清涼感と搾りたてのブドウジュースみたいなフレッシュさとテクスチャー。ジャスミンみたいなお花の香りも。香り高い。

モダン・ベトナム料理と一緒に頂きました。

これはオーストラリアワインをこよなく愛する人と飲みたい一本です。

今急速に変化しつつあるオーストラリアワインを、まさに象徴するかのような一本。
こんな不思議なスタイルのワインがあるなんて、と。
最近日本でも、オーストラリアのナチュラル・ワインが高く評価され始めたと小耳に挟んでいます。
「安い、甘い、アルコールガッツリ、シンプル・・・」といった、一昔前のオーストラリアワインのイメージが、オーストラリアの国外で今、急速に変わりつつあると感じています。
繊細で複雑で、それでいて思い切り自由にワインを作る若者が急速に増えています、オーストラリア。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。
Love, from Sydney

ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければポチッとお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。



 


Mac Forbes EB Pretty Young Thing Syrah Nouveau 2015
http://macforbes.com/
ヤラ・ヴァレーのマック・フォーブスの作ったヌーヴォースタイルのシラー。
EBとはExperimental Batch、ということらしく、「とりあえず試しに作ってみた」っていう感じなのかな?「プリティー・ヤング・シング」って、なんだかティーンの女の子みたいだな。
ただただ若さが眩しい感じ。

色は本当に紫。赤じゃなく、紫。
グレープジュースの延長のような若々しく荒々しい、噛み応えのある赤い果実。
液体なのに口の中で噛めそうなテクスチャー。
ブドウの房を丸ごと潰した時の、ブドウの茎の香りと味がするような。
蒸し暑い真夏の遅い夕ご飯に、しっかりめに冷やして頂句と美味しい軽やかで、でも芯もしっかりとある赤ワインでした。

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

今日も読んでくださって有難うございます。



↑このページのトップヘ