ワイン生活@オーストラリア

自然大国オーストラリアから、美味しいワイン情報をお届けします。

カテゴリ:オーストラリアワイン > ビクトリア州

こんにちは。
今日もご訪問、ありがとうございます。



写真は少し前のものですが、ヴィクトリア州のジーロング、レスブリッジ・ワイナリーのピノノワールです。

レスブリッジ・ワイナリー・メナージュ・ア・ノワール
Lethbridge Menage a Noir a Geelong Pinot Noir 
お値段は$30
http://www.lethbridgewines.com/
お店の棚に残ってた、最後の一本でした。

このワインを飲んだ時は「肉っぽいなー」と思った記憶がありますが
ティスティングノートを読んだら「ベーコン」だの「ジビエ」だの「皮革」などが出てきて
赤いサワーチェリーみたいな爽やかなキャラクターもあり
無濾過で味にしっかり深みがあります。丁寧に作られたワインなんだなあと端々に感じる。

ブドウは手摘み、 ワイルド・イースト(野生酵母)で、自然と乳酸発酵が始まるのを待つ・・という
なんとも自然のままーに、余計な手を加えないで、自然の恩恵を思い切り享受して作っているワインのようです。 

ところで、今このレスブリッジ・ワイナリーで、目下ワイン造りに励む日本人の若者がいます。
私の書いた記事ではないのですが、日豪プレスで若き日本人醸造家としてご紹介してます。
また、ポッドキャストTokyo飲食ライフにも出演されています。

通称トミー、またはKent君の、熱〜いインタビュー記事はこちら
1杯のワインから世界が広がる ー 富田堅巴さん 

そしてTokyo飲食ライフのエピソードはこちらです。
前編 後編

よかったら、読んで&聞いてみてくださいね。

いつも、目をキラッキラさせながら、ワインへの熱い情熱を語るKent君。
これからの日本のワイン業界の未来は、こういう若者がけん引するのだろうなあ、と親戚のおばさんのような目線で見守っている私です^^
頑張れっ!Kent君!

レスブリッジ・ワイナリーも、実はたまたま以前日豪プレスで取り上げたことがあったようなので
そちらもリンクを貼っておきます。
科学者が造る「最高のワイン」とは?
 

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければ下のコアラとアルパカくんを、ポチッと1クリックお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。
 


Boomtown Winemakers Cooperate White 2015 Central Victoria
https://www.facebook.com/BoomtownWineCo/
ブームタウン・ワインメーカーズ・コーポレート・ホワイト
お値段は30ドル。

作っているのはこれと赤ワイン1種類のみ。
赤もブレンドのようです。

「なんかおもろいオーストラリアワインを買ってきて」、と言う指令のもと夫が買ってきたワイン。
 ブレンドはヴィオニエをメインに、リースリング、シャルドネ、マスカット・アレサンドリア。
 アロマティックな白ぶどうの香りで極辛口。
 ヴィオニエのアプリコット、ショウガ、フレッシュな花束のような香りが全面に出ています。
マスカットの強い香りもしっかりと。

「ワインは一番何が好きなの?」という、よく聞かれる、でも答えるのがとても難しい質問に敢えて答えるのであれば
「アロマティックな白」かもしれません。
ワインの楽しさの一つは、やっぱりワインの中にある色々な香りのエレメントを探していくことじゃないかな、と思うので。
色々な香りに出会うことで、またワインの引き出しも増える気がします。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければ下のコアラとアルパカくんを、ポチッと1クリックお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。



 

こんにちは。今日もご訪問有難うございます。


ルーク・ランバート・スパークリング・シャルドネ
Luke Lambert Sparkling Chardonnay Yarra Valley
http://www.lukelambertwines.com.au/
お値段は52ドル。
野生酵母、無濾過、無清澄、ゼロ・ドサージュ(加糖なし)。
ちょっと曇ったスパークリングのシャルドネ。
無濾過のワインって濁ったリンゴジュースみたいなあのテクスチャーがたまらなく好きです。
泡も細かくて非常に繊細でした。

この記事は1月15日に書いておりますが
ちょうど1年前の今日、最後の最後の試験にようやく受かったよ、と電話で教えてもらって
晴れてWSET Diplomaホルダーになった日に、
夫が仕事をちょっと早く切り上げてくれて(職場の人が早く帰ってお祝いしてあげなさいと言ってくれたらしい。優しいなあ。)買ってきてくれたワインでした。

あれから1年。これからどこに向かうのか。少しずつ見えてきました。
今年も新しいお仕事を始めます。
詳細は後ほど。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければ下のコアラとアルパカくんを、ポチッと1クリックお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。
 
スティルのシャルドネは日本でも買えるのね。

こんにちは。
今日もご訪問いただき、有難うございます。

これまで色々なオーストラリアのワイン産地各地を訪問してきましたが
今までで一番好きだったのが、ヴィクトリア州のモーニントン・ペニンシュラです。
南極海に近く本当に美しい地域で、程よい観光地で、かといってハンター・ヴァレーほど大規模でもなく。
美味しいものもたくさんあるし、程よく首都(メルボルン)にも近いし。
在宅ワークで食べれるようになったら、ぜひとも引っ越したい場所です。




そんなモーニントン・ペニンシュラから美味しいピノ・ノワールを。
Dexter Wine Pinot Noir Mornington Peninsula
デクスター・ピノ・ノワール
http://www.dexterwines.com.au/
作るワインはピノ・ノワールとシャルドネのみ。徹底しています。
ピノとシャルドネ、あとはあってもピノ・グリだけ、というワインメーカー、モーニントン・ペニンシュラ、結構多いです。

そしてモーニントンのワインは、全体的に値段が高め。
ちなみにこのピノ・ノワールは$55。
でも美味しいんだな〜。

ちなみにこれは夫が出張中に、一人でしめしめ、と飲んだワイン。
オーガニックのスーパーで、普段は絶対買わない美味しい(=つまり高い)お惣菜を買い、ちょっと良いワインで"Me time"。
一人の時間を贅沢に楽しみたい時に買ったワインでした。
1本は飲みきれなかったですが。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければ下のコアラとアルパカくんを、ポチッと1クリックお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。











こんにちは。
今日もご訪問ありがとうございます。

WSET Diplomaの試験で、まず大抵最初に受ける試験はUnit2。ワインの生産、つまり栽培と醸造についての科目です。これは範囲はめちゃくちゃ広いですが、選択問題なのである意味一番簡単です。

それをクリアしたあと、記述式の科目へと進みます。

懐かしの画像・・・笑 一時期こんな写真ばかり撮っていました。


私の場合、一番最初の記述式試験は酒精強化ワインでした。
世界三大酒精強化ワインであるシェリー、ポート、マデイラを中心に学んでいきますが
フランスのヴァン・ド・ナチュールやオーストラリアの酒精強化などもカバーしなくてはいけませんでした。
確かにWSETの過去問を遡っても、出題傾向として毎回この三大酒精強化以外に必ずもう一問、マイナーな酒精強化ワインの出題があったと記憶しています。







その中でもオーストラリアのヴィクトリア州ラザグレンで生産されているマスカットは
実は世界でもなかなか特殊な酒精強化ワインである、と学びました。



ブドウの樹の上でカラカラになるまで乾燥させてレーズン状になったブドウを圧搾して
シェリーのソレラ・システムのように異なるヴィンテージのワインを少しずつ継ぎ足して混ぜる「うなぎのタレ方式(って、日本でワイン勉強した人、習ったよね?)」。

つまり乾燥したブドウを使ったデザートワインの生産方法と、シェリーの製造方法を組み合わせたというもの。
かなり特徴的なワインなので、試験に出たらむしろすごくラッキーなワインであると思います。

特徴は、まずとにかく香りが飛び抜けて芳醇で強いこと。比較試飲すればすぐわかりますが、色の似ているトーニー・ポート、アモンティリャード・シェリー、マデイラなど、どの酒精強化に比べてもこれは格段に違います。
ラベンダーやアールグレイ・ティー(つまりベルガモット)の香り やコーヒー豆の香りなど。
マスカットの華やかな香りとキレキレの酸味は、ブラインドでテイスティングしても本当〜にわかりやすいワインです。


酒精強化ワインの試験を経て、その複雑な製造方法を学んでいろんなワインに出会って以来、大好きに。


ラザグレン・マスカットはダーク・チョコレートやフルーツケーキと一緒にいただくと
本当に美味です。
これも大好きなオーストラリア・ワインのひとつ。
美味しい食事の後の、贅沢なデザートに。ゆっくり、しっぽり、ちびちびと飲みたいワインです。
一度ぜひ試してみてくださいね。




今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければ下のコアラとアルパカくんを、ポチッと1クリックお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。


↑このページのトップヘ