ワイン生活@オーストラリア

自然大国オーストラリアから、美味しいワイン情報をお届けします。

カテゴリ:オーストラリアワイン > ビクトリア州



お久しぶりです。
先日は休暇でビクトリア州のワイン産地に行ってきました。

そして今週も色んな予定がぎっしり、ってほどではないですが、飛び石ぐらいのレベルで。
気がつけば、暦の上では秋を迎えたオーストラリアです。



いつ行っても美しいメルボルン。
シドニー在住暦の方が断然長いのに、やっぱり肌に合うのはメルボルン。
でももうしばらくは、シドニーで頑張ります。



モーニングトン・ペニンシュラで買った、イーブン・キール・シャルドネ。
モーニングトンらしい、エレガントなシャルドネです。




今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければ下のコアラとアルパカくんを、ポチッと1クリックお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。







 

あとお久しぶりです。
すごく時間が空いてしまいました。
本当は毎日必ず書く!と思って始めたブログなのに・・・

なぜかというと、2月に入ってから、ありがたいことにフリーのお仕事が2件増えたからなのです。
ついでに既存の顧客からのプロジェクトのオファーも1件。
他にも色々ありまして、かなりバタバタしながら気がつけばもう月末。

そう、日豪プレスの他にもう1件、連載でコラムを書かせていただけることになりましたので、そちらはまた改めてお知らせしますね。
 
新しいリズムができるまで、更新は毎日はできないかもしれませんが
美味しいワインをまた少しずつご紹介させていただきますので、宜しければお付き合いください。



Patrick Sullivan Good Morning Tom Pinot Noir
パトリック・サリヴァン・グッド・モーニング・トム・ピノ・ノワール
http://patricksullivan.com.au/
46ドルです。
モーニントン・ペニンシュラのピノ・ノワール。
このイラストに描かれているのは、パトリックの盟友トム・ショブルック。
これもまた、強烈なインパクトのラベルですね。

パトリック・サリヴァンのワインは本当に自然との距離が近い感じがします。
最近その新規のコラムを書きながら、バイオダイナミック農法について改めてまた勉強し直してみたいな、と思うようになりました。
「生命体のサイクル」という概念が、スピリチュアルだけど科学的でもある、ような。

さて、明日から実はメルボルンです。
久しぶりのヴィクトリア州!
写真いっぱい撮ってきますね〜。



今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければ下のコアラとアルパカくんを、ポチッと1クリックお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。



【モテるワインのコンシェルジュ Jouir】


 

こんにちは。

本日のワインはホドルス・クリークのピノ・ブランです。
http://www.hoddlescreekestate.com.au/


このピノ・ブランは噛みごたえのしっかりとある、梨のような味がしました。

オーストラリアにはいろんな種類のフルーツが売られていますが
Corella Pears という梨に似ているなーと思いました。


こんな梨。

日本の梨はみずみずしくて甘いイメージですが
この梨はもっと凝縮していて 果肉が固い。
そして、何より疲れた心身に、なんだかじわじわっとくるワインでした。
主張しすぎず、控えめなんだけれども、ちゃんと美味しいし、しつこさもなく。


ピノ・ブランって、主役にはなることが少ない品種なのかもしれませんが
実はすごく美味しいワインがたくさんあるんですよね。


今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければ下のコアラとアルパカくんを、ポチッと1クリックお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。




こんにちは。
今日もご訪問、ありがとうございます。

 


美しいモーニントン・ペニンシュラより
パリンガ・エステート・ペニンシュラ・シャルドネ2014
27ドル。
Paringa Estate `Peninsula` Chardonnay 2014 Mornington Peninsula
http://www.paringaestate.com.au/ 

パリンガのワインは3段階あって、これは一番お安いシリーズ。
リッチで樽香がかなりしっかり目のシャルドネです。
熟した黄色い桃のような凝縮した香りがします。
でも口当たりはでも意外と軽やか。
正直そこまでコンプレックスなワインではないですが、平日の夕飯と気軽に飲める感じのスタイルです。


モーニントン・ペニンシュラは、本当に本当に美しいワイン・カントリーで
いつか本当に引っ越したい場所です。
ヴィクトリアは、シドニーよりもずっと寒くてお天気も気まぐれですが
なんとなく肌に合う気がしています。

シドニー在住も、この4月で丸7年。
メルボルンに住んでいたのは10年以上前で立った2年間なのですが
それでもなんかメルボルンの方がいいな〜と思ってしまいます。
シドニーも、大好きですけどね。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければ下のコアラとアルパカくんを、ポチッと1クリックお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。



1000時間ヒアリングマラソン




 

こんにちは。
今日もご訪問有難うございます。

オーストラリア・ワインの美味しさ、楽しさを伝えたい、と言いながらも、
正直あまりお教えしたくないワインも結構あります。

なぜなら、人気が上がりすぎると、自分が買えなくなって困るから(^^;
でもま、結局教えちゃうんですけども。どっちやねん。





ホドルス・クリーク・エステート シャルドネ
ヤラ・ヴァレーのシャルドネです。
http://www.hoddlescreekestate.com.au/

ヤラ・ヴァレーのシャルドネの、お手本のようなワイン。
しかもお値段20ドル。って安すぎじゃないのー?!って思う美味しさ。
ホドルス・クリークのワインは、お値段に対して質の高さに、いつもびっくりさせられるワインばかり。
ちなみに私はコ○トパフォー○ンス、という和製英語はあまり好きではない(というか英語圏では通じないので)ので使いません。
英語で言うならQuality-Cost Ratio、ってとこでしょうか。

程よい上品な樽も軽やかなボディも。
平日のおうちディナーでも、お持たせにも良いシャルドネです。

 
美味しいピノもカベルネも作っているホドルスクリーク。
また他のワインも順にご紹介したいワイナリーです。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければ下のコアラとアルパカくんを、ポチッと1クリックお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。




 勉強って確かにマラソンだよね・・・

↑このページのトップヘ