ワイン生活@オーストラリア

自然大国オーストラリアから、美味しいワイン情報をお届けします。

カテゴリ:オーストラリアワイン > ビクトリア州

寒い寒い!

シドニーは、一気に寒くなりました。
ここしばらく、連続で毎日雨だそうです。

「でも最近ずっと雨降ってなかったから、よかったよね」と会社の同僚たちが言っていて、
雨も悪いことばかりじゃないよね、と思わせてくれるオーストラリアの人たち。

とは言え、最低気温が10度以下になることはあまりなく
いたってマイルドなのがシドニーの冬です。




エルドラド・ロード・カジモド・シラーズ・デュリフ・ネロダヴォラ 2013
http://eldoradoroad.com.au/
https://www.facebook.com/eldoradoroadwines

ビクトリア州ビーチワースの作り手です。
デュリフはプティ・シラーとも呼ばれる果皮の厚いブドウで色の濃いワインを作ります。
ネロ・ダヴォラはイタリアのシチリア島のブドウ品種です。 
かなり珍しい面白い組み合わせのブレンド。さすがオーストラリア、なんでもあり。

こんな組み合わせだから、がっつりこってりしたワインなのかな?と思ったら
なんとも上品でスルスルと飲める、優しいエレガントな赤ワインでした。
スミレやバニラ、桑の実、控えめな香り
味わいに深みはあるけど重たくはありません。
ほっとするような、ピュアさ。
そう、このワインのテーマはピュアなのです。

カジモド、とは「ノートルダムの鐘」に出てくるせむし男の呼び名。
(名前ではないらしいです)。
純粋で美しい心を持ったカジモドにちなみ「大事なのは中身、本質的な美しさ」という気持ちで作られたワインなんですって。

良いワインに出会えました。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければ下のコアラとアルパカくんを、ポチッと1クリックお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。


LINEの読者登録はコチラから




 

ヤラ・ヴァレーのレヴァンティン・ヒル。
できたばかりの新しいワイナリーです。



ソーヴィニョン・ブラン・セミヨンです。
Levantine Hill Sauvignon Blanc Semillon 2014
http://www.levantinehill.com.au/
樽熟成したソーヴィニョン。ルビーグレープフルーツにイエロー・ピーチ。ミネラル感もたっぷり。
とろっとしたテクスチャーが、なんだかちょっとヴィオニエみたいです。


Yarra Yering(ヤライェリング)に居たポール・ブリッジマンさんが醸造責任者です。
ポールさんの愛犬、アーチーも登場するビデオ。

 

アーチー、 元気そうだなぁ。
Yarra Yeringで、出会ったときのこと。
http://blog.livedoor.jp/vinolog/archives/50071672.html 

今週も、お疲れ様でした。 また来週も頑張ります。 今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければ下のコアラとアルパカくんを、ポチッと1クリックお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。


こんにちは。週末ですね!

Mokaiのメルマガでのワインコラムの連載が、明日から始まります!
ご購読ぜひ宜しくお願いします!→



ヤラヴァレーのジャイアント・ステップのシャルドネです。
Giant Steps Yarra Valley 2015 
http://www.innocentbystander.com.au/ 

Innocent Bystander (善意の第三者)という、面白い名前のワイナリーから。
白桃としっかりめのフレンチオークのバランスがとてもよい。
くいくいっと飲めてしまう心地のよいワインでした。

そういえばこのワイン、シドニーではあまり見かけない。
メルボルンではもっといろんなお店で売ってた気がしたけどな。
ただの思い込みだったのかな?



ああ、なんて美しいヤラ・ヴァレー。

この1年間は、実に色んなことがありました。
30代になってから、時が経つのが本当に早くって
気がつけばもう、40歳がすぐそこに見えてきて
やりたいと思うことは先延ばしにせず、どんどんやらなきゃな!と思います。
どっかの有名な先生じゃないけど

ワイン業界の片隅で、自分にも何かできることがあるのかもしれない。
自分にしかできないなにかがあるかもしれない。

たくさんの人に支えていただき、本当にただただ感謝、と、毎日馬鹿の一つ覚えみたいに言ってますが
これからも、一生懸命働きます。


今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければ下のコアラとアルパカくんを、ポチッと1クリックお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。





なんか宝石みたいなスイーツだ。 

こんにちは。
今日もご訪問、ありがとうございます。

昨日、とあるワインコレクターの方のところにワインを引き取りに行って「いつもありがとう」といただいたワイン。
 


 
Stonier KBS Vineyard Pinot Noir 2003 Mornington Peninsula

https://www.stonier.com.au
ストニアー・ケー・ビー・エス・ピノ・ノワール

黒いラベル(高いやつ)のストニアー、初めて飲みました。
13年の時を経ても、とてもみずみずしさと花のような可憐さを残していて
バランスが全く崩れていない。そして長い長い優しい余韻が続きます。



こちらはスタンダートのピノ・ノワール。こちらも十分美味しいですよ。


今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければ下のコアラとアルパカくんを、ポチッと1クリックお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。





 

こんにちは。今日もご訪問、有難うございます。



Arfion Smokestack Lightning Sauvignon Blanc 2015
http://www.arfion.com.au/

自分のためには、あまりソーヴィニョン・ブランって買わないのですが(単に好みの問題で)
これはちょっと買ってしまった。面白いソーヴィニョン・ブランです。
いかにも自然派っぽいこのラベル、産地はヤラ・ヴァレーです。
500mlのボトルで、30ドルと、結構高いですが。
スキンコンタクトをプロセスに加えたオレンジワイン。っていうほどオレンジでもないけど。
他にゲヴュルツやピノ・グリ、ピノ・ノワールも作ってるそうです。
スキンコンタクトを受けた白ワインは、テクスチャーがあって美味しいですよね。
ライチやマンゴスチンのような果肉の柔らかな白いトロピカル・フルーツの香りと味わい。
フルーツの入ったタイのサラダと一緒に飲みたいな。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければ下のコアラとアルパカくんを、ポチッと1クリックお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。







 

↑このページのトップヘ