Now Where's My Wine?

シドニー在住、ワインライター兼通訳のフロスト結子です。オーストラリアから楽しいワイン情報を発信します。

カテゴリ: 赤ワイン


ニュージーランドに居る間は、地産地消に徹してニュージーランドのワインばかりを飲んでました。
ので、久しぶりのオーストラリア・ワインです。
ウニコ・ゼロのメルロ、タブーです。

オーストラリアのメルロって、そんなに特別もてはやされることがあまりない品種ですが
このメルロは美味しいですよ!
 
最近ずっと煮詰まっていたので
ニュージーランドの美しい自然と
美味しいワインと
優しい人々に癒されて

また少し、頑張れそうです。
創作意欲もまた沸いてきました。
これが消えないうちに、どんどん書かなければ!!

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!
日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから


 

クィーンズタウンは小さな町なので、外食の選択肢は限られています。
カジュアルなお店は色々あるのですが、1度ぐらいはちょっとしたレストランで食事がしたいな、ってことで、ジョシュ・エメットというシェフの手掛けるレストラン、Rataへ。
Rata Facebookページ

3コースのランチが38ドル(ワインとかは別ですが)、クオリティ高いのにかなりお安い。
ディナーはアラカルトなのでもっと高いと思いますが。
こちらは前回ご紹介した、Zenkuroのお酒がリストに載っています。

zenkuro

ソムリエさんがとっても気さくで、ポーズとってくれました。
ピーチ・リキュールと濁り酒をベースにしたカクテルもあるんですって。

tartar

ステーキ・タルタルにワサビ味のスナック豆を合わせた前菜。
ZenkuroのDrip Pressed Shizuku Shibori 雫しぼり純米酒と一緒に頂きました。

southern lsland cheeseroll
ニュージーランド、南島の名物?サザンアイランド・チーズロール、ジョシュ・エメット版。

 porkbelly

wines
私のメインはポークベリー。ニュージーランドのオレンジワインにしたよー。
orange wine
 Tongue in Groove タン・イン・グルーヴ。
個人的には始めて飲むニュージーランドのオレンジワインです(たぶん)。
ポークベリーとバッチリの相性。

夫は同じタン・イン・グルーヴのピノ・ノワール。



スルスルと体にしみこむようなワインでした。

 あ、やっぱり日本の輸入元はワインダイヤモンズさんなんですね。
 凄いなあ、というかさすがです。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!
日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!
日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから

 

別ブログにも書いておりますが、ニュージーランドに来ております!



とても綺麗なクィーンズタウン

 
朝は冷え込み、昼は日差しがギラギラ。
でもなんとなく空気が合う。
ヤラ・ヴァレー、アデレード・ヒルズ、モーニングトン・ペニンシュラ・・・
ピノ・ノワールの産地の気候は、なんとなくちょうどよく涼しくて
人と自然の距離が近く
居心地のよい産地が多い気がします。
いつか世界中のピノ・ノワールの銘醸地をまわってみたいものです。
ピノ・ノワールに限らず、ワインの銘醸地はどこだって行きたいけれど。




ラベルが若干ダサいけど、美味しいピノノワール。
Terra Sancta Mysterious Diggings Pinot Noir Bannockburn Central Otago
これは比較的安めのものですが、エレガントで美味しいピノです。

大会が終わったら、ワイナリーもまわる予定にしていますので、随時レポートします♪




今日も読んでくださって、ありがとうございます。

Love, from SydneyじゃなくてQueenstown

こちらもよろしく!
日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから 



Moorooduc Estate Devil Bend Creek Pinot Noir
ムールドック・エステート デヴィル・ベンド・クリーク
ムールドックのピノの中では比較的お安いもの。

ちょうどユリの花束のような甘いスパイス感、テクスチャー、しっかりめのボディ。
Pretty、という言葉が浮かぶモーニングトンのピノ・ノワールです。

ムールドック・エステートの一人娘、ケイト・マッキンタイヤさんは
マスター・オブ・ワインで、モーニングトンのピノ・ノワールの第一人者です。



モーニングトン・ペニンシュラという場所は本当に美しくて
壮大な南極海と砂浜と、ヴィンヤードや果樹園、森林、牧場が隣りあわせで
ここに足りないものなんかないんじゃないかと思う。

私の親友の一人はこの土地の出身で
とても美しい彼女が、これまた美しいモーニングトンの、ワイナリーで結婚式を挙げたのが数年前。
ヴィンヤードや古い建物に佇むウェディングドレス姿の彼女とご主人は
本当におとぎ話に出てくる挿絵のようでした。

オーストラリアに住んでいても、案外遠いワイナリーですが
頑張ったら行ける距離にはあるので
また次に訪れる機会を楽しみに、ワインをおいしくいただきます。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!
日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから


今年の目標⑦新しいワイン・リージョンを訪れる。


 

ラムがやっぱりオーストラリアらしい食材だからだと思うのですが 
オーストラリア・デーの日はラムを食べるのが定番です。 



そして今年のオーストラリア・デーワインはこちら。
Unico Zelo Harvest Syrah
経済的に困難なブドウ農家を支援するためのワイン。
ちょっと冷やして飲むと美味しいよ。

このワインが作られた背景もそうなのですが
オーストラリアには昔から、コミュニティの中で助け合うマイトシップMateshipというものがあるようで
激動の現代社会の中でそれがだんだん薄れてきているのも事実とは言え
それでもオーストラリアという国の根底にはいつもあるものなんじゃないかなと
今も殊勝に信じています。

オーストラリアのワインのコミュニティの中でも
このマイトシップという言葉が良く見える場面によく出会うことがあって
それがオーストラリアン・スピリッツなのかな、と
コチラに来て8度目のオーストラリア・デーの日に思う。

せっかくオーストラリアにいるのだから、自分もそんな仕事がしたいな、と最近良く思います。
いつか直接的な形でワイン産業に貢献、還元できる仕事ができれば最高だけど
今がその時じゃないなら、今自分がいるコミュニティの中でマイトシップを追求していけばいいんじゃないか。

・・・と、今日のジョギング中にふと思ったのでした。
祝日明けて、また週末♪
良い週末をお過ごしください。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!
ワインオーストラリア Facebook

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから


 

↑このページのトップヘ