Now Where's My Wine?

シドニー在住、現地法人でワインに従事するフロスト結子です。オーストラリアから楽しいワイン情報を発信します。

カテゴリ: 赤ワイン

こんにちは。今日も、ご訪問有難うございます。
ここのところ、ほぼ毎週のように猛暑と、暴風と、雷雨が交代でやってくるという
無茶苦茶なお天気が続いているシドニーです。



そんな日は、ゆっくり映画でも見ながらじっくり飲みたいこのワイン。

La Violetta `Up!` Shiraz 2012 Great Southern, WA
ラ・ヴィオレッタのアップ!シラーズ。(って、そんな名前のアニメ映画あったな)。
http://laviolettawines.com.au/
すずし〜いところで作ったんだな、という爽やかなシラーズ。
30ドルぐらいです。

ちょっと冷やして飲むと本当に美味しくて、実にエレガント。
4歳とは思えないフレッシュさ。まだまだだって、縁が紫色ですよ。

西オーストラリアには、20代の時に2度ほど訪れていて
マーガレット・リバーとスワン・バレー、一度ずつ行ったことがありますが
ワインに従事するようになってからは、まだ行けてないのです。

同じ国内とはいえ、西オーストラリア州って、物理的に本当にとても遠いのですよね〜。
ちなみにオーストラリア大陸は、ヨーロッパ大陸がすっぽり入るほどの大きさ。

物理的に遠いせいか、ヴィクトリアや南オーストラリアのワインより
なんだかずっと遠い気がする西のワイン。
でも、このラ・ヴィオレッタのワインは、いつ飲んでも秀逸で、
またすぐ恋しくなってしまうワインです。

いつか必ず、近いうちにまた西オーストラリアに行きたい!

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければ下のコアラとアルパカくんを、ポチッと1クリックお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。






カールじいさんの空飛ぶ家 [DVD]
ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント
2010-04-21

これの原題もUp!

こんにちは。今日もご訪問、有難うございます。
最近は天気が荒れ気味のシドニーです。
今週は火曜日が祝日で、
本業はオフィス・ワークのサラリーマンの私、しっかりお休みをいただきました。



先日もご紹介したウッズ・クランプトンのワイン。
http://woods-crampton.com.au/
今回は、シラーズです。
シドニーの皆さん、これはまだまだ、在庫は潤沢にありますよ〜。

もし日本にまだ進出していないのであれば
ユニコ・ゼロに次いで注目株か?!と思っております。特に赤は。

バロッサで昔から植えられている品種(マタロとか、そういうマイナーなものを含め)を、
モダンなスタイルを上手に取り入れているトイったイメージ。
全てのワイン・ラベルは徹底して同じデザイン、ていうのも
なんか潔くてかっこいいなと。

日本にお目見えする日も近いのでは?!
と期待しております。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければ下のコアラとアルパカくんを、ポチッと1クリックお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。


 


ビジネス英語なら日経
英語で仕事できるって、やっぱり楽しいですヨ。

こんにちは。今日もご訪問、有難うございます。
お問い合わせを何件か頂いたので、
「シドニーでオススメのワインショップ」と
「オーストラリアワインの品揃えの良い日本のワインショップ」を
右サイドバーに追加しました。

シドニーのオススメ店は、大手のチェーン店は外し、こだわりを持った個人経営のお店だけを載せています。実際面白いワインは、こう言うお店にしか置いていない、というものも多いので。

日本のオススメ店は、誰かに贈りたいオーストラリアワインを探していたら、
大抵いつもここに行き着く、というお店を載せています。

1月26日はオーストラリア・ディ。
だったから、というわけではありませんが
この日のワインはやっぱりオーストラリア・ワイン。



Woodlands Cabernet Franc Merlot 2014 Margaret River
マーガレット・リヴァーから、ウッドランズ・カベルネ・フラン・メルロ
お値段は30ドルぐらい。
http://www.woodlandswines.com.au/

カベルネ・フランって、カベルネ・ソーヴィニョンに比べると
脇役にされがちなことも多いかと思いますが
カベルネ品種のキャラクターを持ちながらも線の柔らかさ、お花のような可憐さが魅力的ですよね。
深みもありますが、がっつりとした渋みなどはなく、軽いタッチでスイスイと飲めます。
昔はカベルネ・ソーヴィニョンの、雄々しい渋みがないと物足りない、と思っていましたが
最近はこういう優しいワインも、美味しく頂けるようになりました。

シャルドネもあるよ。



マーガレット・リヴァーのヒーロー品種といえば
ボルドーブレンドの赤(つまりカベルネ主体)と、シャルドネ。
ボルドー・ブレンドの白も(セミヨン、ソーヴィニョン・ブランのブレンド)頑張ってます。
 
今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければ下のコアラとアルパカくんを、ポチッと1クリックお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。



 

こんにちは。
ご訪問ありがとうございます。



Cullen `Mangan Vineyard` Merlot Malbec Petit Verdot 2013
http://www.cullenwines.com.au/
マーガレット・リバーのバイオダイナミック・ワインメーカー、カレン。
お値段は小売で29ドル。

カレンにはさらに値段の張るワインもたくさんあるのですが
これは30ドル以下と、お財布にも優しめ。

マーガレット・リバーのブレンドにしては珍しくカベルネはなし。
メルロー、マルベック、プティ・ヴェルドーのブレンドです。写真は一つ前のヴィンテージですが
今のヴィンテージは2014、まだ3度目のリリースだそうです。

ちなみにこれはお義母さんと一緒に外食した時に飲んだワインです。
クセがなく口当たりがとても柔らかく、味に深みもしっかりとした赤ワインです。

メルロのふっくらした黒いベリーやチェリー、マルベックのリコリスみたいなほんのりと甘辛いスパイス、PVの深い色と可憐な(ギャグではなく)スミレの花の香り。

「ワインを飲むのは好きだけど、特に詳しくはない目上の人」と飲むにはいいなと思いました。
背伸びせずとも誰でも素直に美味しくいただけ、実際品質がとてもしっかりとしているので安心してお出しできるワインです。
あとオーガニック&バイオダイナミック、というのが単純に良いものが好き、という印象が。
実際とても丁寧に作られた、美味しいワインです。


今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければ下のコアラとアルパカくんを、ポチッと1クリックお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。


こんにちは。
今日もご訪問、ありがとうございます。



写真は少し前のものですが、ヴィクトリア州のジーロング、レスブリッジ・ワイナリーのピノノワールです。

レスブリッジ・ワイナリー・メナージュ・ア・ノワール
Lethbridge Menage a Noir a Geelong Pinot Noir 
お値段は$30
http://www.lethbridgewines.com/
お店の棚に残ってた、最後の一本でした。

このワインを飲んだ時は「肉っぽいなー」と思った記憶がありますが
ティスティングノートを読んだら「ベーコン」だの「ジビエ」だの「皮革」などが出てきて
赤いサワーチェリーみたいな爽やかなキャラクターもあり
無濾過で味にしっかり深みがあります。丁寧に作られたワインなんだなあと端々に感じる。

ブドウは手摘み、 ワイルド・イースト(野生酵母)で、自然と乳酸発酵が始まるのを待つ・・という
なんとも自然のままーに、余計な手を加えないで、自然の恩恵を思い切り享受して作っているワインのようです。 

ところで、今このレスブリッジ・ワイナリーで、目下ワイン造りに励む日本人の若者がいます。
私の書いた記事ではないのですが、日豪プレスで若き日本人醸造家としてご紹介してます。
また、ポッドキャストTokyo飲食ライフにも出演されています。

通称トミー、またはKent君の、熱〜いインタビュー記事はこちら
1杯のワインから世界が広がる ー 富田堅巴さん 

そしてTokyo飲食ライフのエピソードはこちらです。
前編 後編

よかったら、読んで&聞いてみてくださいね。

いつも、目をキラッキラさせながら、ワインへの熱い情熱を語るKent君。
これからの日本のワイン業界の未来は、こういう若者がけん引するのだろうなあ、と親戚のおばさんのような目線で見守っている私です^^
頑張れっ!Kent君!

レスブリッジ・ワイナリーも、実はたまたま以前日豪プレスで取り上げたことがあったようなので
そちらもリンクを貼っておきます。
科学者が造る「最高のワイン」とは?
 

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければ下のコアラとアルパカくんを、ポチッと1クリックお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。
 

↑このページのトップヘ