ワイン生活@オーストラリア

自然大国オーストラリアから、美味しいワイン情報をお届けします。

カテゴリ: オーストラリアワイン


ニュージーランドに居る間は、地産地消に徹してニュージーランドのワインばかりを飲んでました。
ので、久しぶりのオーストラリア・ワインです。
ウニコ・ゼロのメルロ、タブーです。

オーストラリアのメルロって、そんなに特別もてはやされることがあまりない品種ですが
このメルロは美味しいですよ!
 
最近ずっと煮詰まっていたので
ニュージーランドの美しい自然と
美味しいワインと
優しい人々に癒されて

また少し、頑張れそうです。
創作意欲もまた沸いてきました。
これが消えないうちに、どんどん書かなければ!!

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!
日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから


 

先週の土曜日、夫の誕生日ディナーへ行ってきました。







WaterlooのDanks StreetにあるKepos & Coです。
モダンな中東料理、といった感じで
ワインの品ぞろえもお手頃価格で良いものを抑えているといった印象でした。
ギリシャとかのワインもあったけれど、ここは敢えてオーストラリアで。


 
Gooodmanのヴェルメンティーノと

 JamsheedのLa Syrahを飲みましたよー。

どちらもボトルで60ドル以下とお手頃でした。

地中海& 中東料理は美味しいけどリッチで量も多くて、っていうところも少なくないですが
こちらは量よりも質が重視(中年には重要なポイント)で好感が持てました。

味がギュッと凝縮した感じで、満足。
4人で行ったので、色々なお料理が少しずつ楽しめました。
お薦めはカリフラワーのグリル。

Kepos & CoのFacebookページワインを含め、一人100ドルで大満足。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!
日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから 



Moorooduc Estate Devil Bend Creek Pinot Noir
ムールドック・エステート デヴィル・ベンド・クリーク
ムールドックのピノの中では比較的お安いもの。

ちょうどユリの花束のような甘いスパイス感、テクスチャー、しっかりめのボディ。
Pretty、という言葉が浮かぶモーニングトンのピノ・ノワールです。

ムールドック・エステートの一人娘、ケイト・マッキンタイヤさんは
マスター・オブ・ワインで、モーニングトンのピノ・ノワールの第一人者です。



モーニングトン・ペニンシュラという場所は本当に美しくて
壮大な南極海と砂浜と、ヴィンヤードや果樹園、森林、牧場が隣りあわせで
ここに足りないものなんかないんじゃないかと思う。

私の親友の一人はこの土地の出身で
とても美しい彼女が、これまた美しいモーニングトンの、ワイナリーで結婚式を挙げたのが数年前。
ヴィンヤードや古い建物に佇むウェディングドレス姿の彼女とご主人は
本当におとぎ話に出てくる挿絵のようでした。

オーストラリアに住んでいても、案外遠いワイナリーですが
頑張ったら行ける距離にはあるので
また次に訪れる機会を楽しみに、ワインをおいしくいただきます。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!
日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから


今年の目標⑦新しいワイン・リージョンを訪れる。


 




ビクトリア州キング・ヴァレーのBilly Buttonのワインです。
2x2(トゥー・バイ・トゥー)リースリング・ピノ・ブラン。
リースリングの華やぎをピノ・ブランのテクスチャがサポート。
しっかり目の白ワインです。
冷涼気候でオルタナティブ品種の強いキング・ヴァレーのワイン、最近あちこちで見かけるようになりました。
今年行ってみたい産地の一つです!

キング・ヴァレーについて、こちらでも簡単にご紹介しています。



今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!
日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから






ヴァレンタイン・デーにつき、シャンパンを飲みます。
Laherte Freres Champagne、ピノ・ムニエ主体の辛口。
チェリー、リンゴっぽい果実がムニエ主体らしい。

ファイファーのラザグレン・マスカットとチョコレートは私から夫へ。 
ビクトリア州ラザグレンの、生乾きのブドウで作った酒精強化ワインは、
Lusiciousという言葉がぴったりのデザートワイン。
ダークチョコレートとピッタリです。

ちなみに夫は、今年はお花屋さんの行列に気圧されてお花が買えなかったそうです・笑
シャンパンさえあれば花なんて♪

もう結婚して8年、ヴァレンタインは出かけるよりも、
家で美味しいお酒を飲む方が楽で良いです。

皆様、ご家族やパートナーと、素敵なヴァレンタインをお過ごしください。
今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!
日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから

 

↑このページのトップヘ