ワイン生活@オーストラリア

自然大国オーストラリアから、美味しいワイン情報をお届けします。

カテゴリ: オーストラリアワイン



デ・ボルトリのラ・ボヘーム・シリーズのロゼ。
軽やかな辛口のピノ・ノワール・ロゼです。
パッケージはとてもかわいいですが、中身はキリリと辛口なのですよ。
徐々に涼しい日が増えてきました秋口のシドニーですが
まだまだロゼがおいしいです。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!

Facebookページができました

日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

ランニングブログ
ランナーズ・ハイ! in シドニー


「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから

まさかの連投です。
書くことがずっと負担になっていた最近ですが
気持ちを切り替え、書くことをストレスの発散にできるよう、自分で切り替え中。

遅まきながら、タスマニア・レポートの続きです。

ホバートの人気観光スポットであるMONA(Museum of Old & New Art)は、
ワイナリー、Moorilla Estateの敷地内にあります。
ワインとアートは、やはり切っても切れない縁なのか
アートの展示をしているワイナリーはほかにも多くありますが
これだけ大規模な美術館を持つワイナリーは、初めてです。
MONAをまわった後には、当然のことながらセラードアにも立ち寄りました。

ブドウの樹の枝葉や芽を美しく接写したMuseシリーズ(まあまあ高い)と
布を使ったラベルのクロス・シリーズ(ものすごく高い)
アニメっぽいカラフルなラベルのPraxisシリーズ(カジュアルレンジ)。

しなやかでエレガントなピノは、特に印象に残りました。
Museにしても、アニメーションのPraxisにしても、アートの要素が強く反映されているラベルですね。
私がおすすめするならば、費用対効果で真ん中のMuseシリーズが一番良いと思いました。

布のラベルのクロス・レンジは確かに上質なのですが
スパークリングワインはともかくフィールド・ブレンド(畑で収穫する時点で違う品種が混ざっている)の白にこのお値段は($110)・・・売れるのかしら。





最近のニュースで知ったのですがこの後訪れたドメイン・エーを、ムリラ・エステートが買収したそうです。
さすが大富豪、資金は潤沢にある模様。
タスマニアには自分のワイナリー施設を持っていないワインメーカーも多くいて
その多くが、ムリラ・エステートでワインを作っていたりもするそうです。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!

Facebookページができました

日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

ランニングブログ
ランナーズ・ハイ! in シドニー


「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから



先日はBKワインズの営業担当さんが会社に来てくれて
今年のヴィンテージリリースを一挙にトライさせてもらいました。
BKワインズは、これまで何度もいろんなところでご紹介してきました。

One Ballという名前のシャルドネは
最初にその由来を聞いたときにはちょっとびっくりするかもしれませんが
中身は本当に秀逸なシャルドネです。

今回他に特に印象に残ったのは以外にもシラー。
ヒップスターのワインといえばピノ、みたいなイメージが私にはあるのですが
このシラーは本当に細やかで繊細で優しくて
シラーズじゃなくて、シラーなんだよね、という
優しくエレガントな冷涼気候スタイルです。


今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!

Facebookページができました

日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

ランニングブログ
ランナーズ・ハイ! in シドニー


「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから

最近あまりブログは更新してませんが、元気です。



Ricca Terra Farmsという
南オーストラリアのリヴァーランドのワインでもご紹介してみます。
ティンタ・バロッカは、ポートの品種ですが
こちらは酒精強化ワインではなく、テーブルワインです。

リヴァーランドは、かつては量産ワインを大量生産する
「オーストラリアワインのエンジンルーム」といわれている場所でしたが
今はその暑さの中でも酸を保てる地中海系の品種(ヴェルメンティーノ、ネロ・ダヴォラ、フィアーノ、バルベラなどなど)に取り組んでいる生産者が多くいます。
いま日本でも人気に火のついたUnico Zelo(ウニコゼロ)のブドウは
このRicca Terraから買っているものも多いそうですよ。

ワインメーカーいわく「冷やして飲んでね」、とのこと。
夏に嬉しい軽くてBrightな赤ワインです。

ちなみにもう2017年は売り切れちゃってて
今2018年ヴィンテージを仕込んでいるところのようです。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!

Facebookページができました

日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

ランニングブログ
ランナーズ・ハイ! in シドニー


「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから

前回のブログのタイトルを「夢追い人」と題したのですが
それはなぜかというと

タスマニアに行って、ワインを作るといったニック・グレーツァーを
彼の叔父(ニックの父の双子の兄弟)であり、ウルフ・ブラスやペンフォールズなどでワインメーカーを務めたジョン・グレーツァーが、ニックを”Dreamer”と呼んだそうです。
無謀な、夢みたいなことばかり言って、といった趣旨だったのでしょうか。
ニックの父コリンはティレルズ、バロッサ・ヴァレー・エステートなどでワインを作り
ニックの兄は現在がっつりとしたシラーズやグルナッシュで知られるグレーツァー・ワインのワインメーカー。

そんなバリバリのエリート醸造家一家で育ったニックですが
兄や父、叔父とは全く違うスタイルのワインを目指してタスマニアへ移住したのでした。
ニックのピノ・ノワールのひとつには、そんな背景を由来に”rêveur”(フランス語でDreamer)という名前がつけられています。
(発音はレヴォアール?ですかね。フランス語詳しい方間違ってたらご指摘ください)


そして、これが7年前にジミー・ワトソンを受賞したシラーズ。
モン・ペレ、My Father、ニックがお父さんに捧げたシラーズです。
ホワイトペッパーに柔らかなお花の香り、
ブラインドで飲んだら、ホワイト・ペッパーの香りがなければピノ・ノワール?と思ったかもしれません。
それぐらい軽やかでアロマティックで華やかなシラーズです。
いつまでもいつまでも、飲んでいられる。

なんなら、シラーズが嫌い、という人に、ぜひ飲んでみて欲しいシラーズですね。


今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!

Facebookページができました

日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

ランニングブログ
ランナーズ・ハイ! in シドニー


「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから

↑このページのトップヘ