ワイン生活@オーストラリア

自然大国オーストラリアから、美味しいワイン情報をお届けします。

カテゴリ: オーストラリアワイン

イースター前に遊びに来た甥が
オーセンティックなお寿司が食べたい、というので

Crows Nestの華樹林さんへお邪魔しました。
なのに寿司の写真がないのは、美しすぎて美味しすぎて、あっという間に食べてしまったからです。



ホタテの味噌とチーズ焼き。

甥はオーストラリア人でイギリス育ちですが
食に関しては非常にオープンマインドなようで

寿司、刺身を中心とした生魚も
西洋人にはちょっとハードルの高いウナギのはいったおひつまぶしも
美味しいといって食べてくれました。

とても礼儀正しい青年に育った甥は19歳。
何度も何度も本当にありがとう、楽しかったと言ってくれて
やっぱりそうやって言ってもらえると、もっともっと、できることは色々してあげたくなってしまいますね。


甥と一緒に飲んだスモール・アイランド・ワイン。今年の私のマイブーム。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!

Facebookページができました

日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

ランニングブログ
ランナーズ・ハイ! in シドニー


「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから



2週間ほど前、ニュータウンの新しいワインショップを訪れました。
P & V Wine and Liquor Merchant(Piss & Vinegar)
実はここ、新鋭ワインライター、マイク・ベニーが経営するお店なんです。
Piss & Vinegarというのはイディオムで「騒々しく、粗野で、若々しいエネルギーに溢れている」という意味らしいです。

お店のほとんどが自然派ワイン、そしてクラフト・スピリッツ、そしてビール。日本酒も置いてます。
いわゆるメジャー・ストリームというか、「普通の」ワインがほとんどなかった・・・笑
自然派ワインが好きな人にはたまらないお店でしょうが
何も知らずに入ったらちょっと、いやかなりビックリするかも。

ニュータウンというシドニーのオルタナティブな街に良く似合う、ちょっとクレイジーなワインショップです。
ちなみにバーもありましたので、そこでもきっと飲めるのでしょう。
Newtown駅から徒歩ですぐです。

64 Enmore Road, Newtown
Open Daily 10am–9pm

興味のある方は覗いてみてください。


今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!

Facebookページができました

日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

ランニングブログ
ランナーズ・ハイ! in シドニー


「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから



先日ちょっとした面白い実験に参加してきました。
「人は聞こえる音によって、ワインの味の感じ方が変わるのか?」というもの。
ボランティア参加に応募して、ニューサウスウェールズ大学まで赴いてきました。


ブラインドグラスに入れられた赤ワインを7-8種類、
様々な音を聞きながら、タンニン、酸味などをどう感じるかという問題に答えるというもので
時間は約10分程度。

なかなか面白い経験でした。
参加者は、一般消費者~マスター・オブ・ワインまで、ワインテイスティングのレベルは色々だそうです。
データを集め、分析し、その結果は後日発表になるとのこと。
ちなみに使ったグラスはリーデルのブラインド・テイスティンググラスでした。
実際使ったの初めてだったかも。






今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!

Facebookページができました

日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

ランニングブログ
ランナーズ・ハイ! in シドニー


「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから

今月は原稿を書く日にちょうど不調が重なって
なかなか「降りてきてくれなくて」困りました。

しばらくブログを放置していた時期が続きましたが
また書くことが楽しく、また忙しい中でも時間を作ることで
公私ともに時間管理ができるようになってきたし
なんでも継続することはやっぱり力になる気がしてたので

最近頑張って連日更新しているのは、そんな背景があったからなのですが
肝心の仕事の原稿を書く日に、なんだかとても頭が重く
ずっと脳内の天気が【濃霧注意報】でした。

こんな時に無理やり絞りだそうとしても碌な文章は書けないので
いったん休んで早朝に起きてまた書いたりもしてようやく仕上げることができました。

早めに取り組まないといけませんね。

ぺーぺーのくせに編集さんに「原稿進み具合いかがですか?」とフォローアップさせてはいけない。
いつも甘えてごめん!来月も忙しいことは分かってるから、早めに書きます。






今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!

Facebookページができました

日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

ランニングブログ
ランナーズ・ハイ! in シドニー


「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから




赤ワインのソースとして有名な南オーストラリアのラングホーン・クリーク。
代表的なワイナリーの一つがこのBleasdaleで
先日営業の方がいらっしゃいましたー。
ブリーズデールの創始者はフランク・ポット、
かつては海軍で「パウダー・モンキー」と呼ばれる火薬を入れを運ぶ仕事をしていたこともあるそうでその名を冠したワインもあります。

試飲中ずっと私、gentle、gentleと繰り返していた覚えがあります。
柔らかで優しい果実味。長い余韻。特に赤は全般的にとても良質なワイナリーです。
あ、白ももちろん美味しいのですけどね。
ソーヴィニョン・ブランは少しだけオークで熟成してるそうです。

ちなみに今回、営業さんがコラヴァン持ってきてくれました。
スクリューキャップ用!初めて見たかも。



「これ買ったら、人生変わるよ」って言ってました。
全部バイザグラスでやってるワインバーなどでも愛用されているとか。見かけも結構スタイリッシュでかっこいいですよね。

昔のワイングッズってなんだかぼってりしたものが多かった気がしますが
最近は機能だけでなく、デザインも洗練されたものが増えてきたようです。






今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!

Facebookページができました

日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

ランニングブログ
ランナーズ・ハイ! in シドニー


「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから

↑このページのトップヘ