ワイン生活@オーストラリア

自然大国オーストラリアから、美味しいワイン情報をお届けします。

カテゴリ: オーストラリアワイン

こんにちは。今日もご訪問、有難うございます。
お問い合わせを何件か頂いたので、
「シドニーでオススメのワインショップ」と
「オーストラリアワインの品揃えの良い日本のワインショップ」を
右サイドバーに追加しました。

シドニーのオススメ店は、大手のチェーン店は外し、こだわりを持った個人経営のお店だけを載せています。実際面白いワインは、こう言うお店にしか置いていない、というものも多いので。

日本のオススメ店は、誰かに贈りたいオーストラリアワインを探していたら、
大抵いつもここに行き着く、というお店を載せています。

1月26日はオーストラリア・ディ。
だったから、というわけではありませんが
この日のワインはやっぱりオーストラリア・ワイン。



Woodlands Cabernet Franc Merlot 2014 Margaret River
マーガレット・リヴァーから、ウッドランズ・カベルネ・フラン・メルロ
お値段は30ドルぐらい。
http://www.woodlandswines.com.au/

カベルネ・フランって、カベルネ・ソーヴィニョンに比べると
脇役にされがちなことも多いかと思いますが
カベルネ品種のキャラクターを持ちながらも線の柔らかさ、お花のような可憐さが魅力的ですよね。
深みもありますが、がっつりとした渋みなどはなく、軽いタッチでスイスイと飲めます。
昔はカベルネ・ソーヴィニョンの、雄々しい渋みがないと物足りない、と思っていましたが
最近はこういう優しいワインも、美味しく頂けるようになりました。

シャルドネもあるよ。



マーガレット・リヴァーのヒーロー品種といえば
ボルドーブレンドの赤(つまりカベルネ主体)と、シャルドネ。
ボルドー・ブレンドの白も(セミヨン、ソーヴィニョン・ブランのブレンド)頑張ってます。
 
今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければ下のコアラとアルパカくんを、ポチッと1クリックお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。



 

こんにちは。
今日もご訪問有難うございます。

オーストラリア・ワインの美味しさ、楽しさを伝えたい、と言いながらも、
正直あまりお教えしたくないワインも結構あります。

なぜなら、人気が上がりすぎると、自分が買えなくなって困るから(^^;
でもま、結局教えちゃうんですけども。どっちやねん。





ホドルス・クリーク・エステート シャルドネ
ヤラ・ヴァレーのシャルドネです。
http://www.hoddlescreekestate.com.au/

ヤラ・ヴァレーのシャルドネの、お手本のようなワイン。
しかもお値段20ドル。って安すぎじゃないのー?!って思う美味しさ。
ホドルス・クリークのワインは、お値段に対して質の高さに、いつもびっくりさせられるワインばかり。
ちなみに私はコ○トパフォー○ンス、という和製英語はあまり好きではない(というか英語圏では通じないので)ので使いません。
英語で言うならQuality-Cost Ratio、ってとこでしょうか。

程よい上品な樽も軽やかなボディも。
平日のおうちディナーでも、お持たせにも良いシャルドネです。

 
美味しいピノもカベルネも作っているホドルスクリーク。
また他のワインも順にご紹介したいワイナリーです。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければ下のコアラとアルパカくんを、ポチッと1クリックお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。




 勉強って確かにマラソンだよね・・・

こんにちは。
今日もご訪問、ありがとうございます。
昨日の朝、設定を色々と変えていたら、ブログが一時的に表示されなくなってしまいました。
申し訳ありません。

去年マッジーに行く途中で一泊したブルー・マウンテンで買った、ビールとワイン。



ブルーマウンテンのカトゥーンバ Katoombaのメイン・ストリートに、小さな、でも品揃えの良いボトルショップがあります。小さな通りでしかもワインショップは1軒しかないので、すぐ分かると思います。
「ローカル・ワイン」というサインと共に、オレンジとマッジーのワインを固めて置いてあります。

スカルのボトルは、マッジーと隣接するワイン地域オレンジのPhillip Shaw フィリップ・ショーのスパークリング・ワイン。
Philip Shaw The Edinburgh NV
フィリップ・ショー・ザ・エディンバラ
30ドル、伝統製法のスパークリングです。

クラウン・シール(王冠)が、なんかちょっとヒップスターっぽくてかっこいい。
フィリップ・ショーのワインは国内大手のワイン商社Fine Wine Partnersが持っているブランド。
比較的どこでも手に入りやすい、と思っていたのですが
このスパークリングに関しては意外とレアかも。

インパクトのあるラベル。でもそういえばシドニー市内の店頭では、見た覚えがありません。
私の勤務先(ネット・ショップ)も、他のフィリップ・ショーはリストしてるのですが
このスパークリングは載せてないんですよねぇ。
数量が限られているのかな?

シャープな酸味にコクのある柑橘(ルビーグレープフルーツ?)といったイメージ。
イーストっぽく、きめ細やかな泡がとてもクリーミー。
オレンジもマッジーも、標高(altitude)の高さによる冷涼気候。
結構日差しは強かったイメージが。

次はオレンジに行ってみたい。


今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければ下のコアラとアルパカくんを、ポチッと1クリックお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。



【モテるワインのコンシェルジュ Jouir】








我が家のデイリーワインの定番はコチラです。





・・・すみません、もちろん冗談です。



えー、改めまして、コチラ!



オリーブオイルさんと一緒に写ってますが
ちなみにこのオリーブオイルも何気にオススメです。

カラブリア・プライベート・ビン・シリーズ。
Calabria Private Bin Series Pinot Bianco 
http://www.calabriawines.com.au/
お値段一本15ドルです。

写真ピノ・ビアンコですが、アリアニコ、ネロ・ダヴォラ、ヴェルメンティーノ、プロセッコなどイタリア品種を多く作っています。 
カラブリア、月〜木曜日の自宅での晩飯向け。 

セント・マッケイ、なんていうレアな品種のワインもあります。



場所はリヴァリナ。
リヴァリナとはニューサウスウェールズ州の南西部、内陸でヴィクトリア州との境辺りで、
実はかなり広大なワイン産地(規模としてはオーストラリアで2番目、ニューサウスウェールズ州最大)です。

この品種の羅列からなんとなく推測できるかもしれませんが、ここはイタリア移民が多く住んでいた場所だったのです。
そして、オーストラリアワインが一気に世界の市場で身近なワインとして受け入れられるきっかけとなった、「イエローテイル yellow tail」を作り出したCasella Wineカセラ・ワインの本拠地でもあります。
彼らも元々は、イタリアからの移民でした。

また、大手のマックウィリアムス・ワイン McWilliam'sも、ここで多くのワインを作っています。
そんなこともあり、リヴァリナでは大量生産の安価なワイン造りのイメージが強く
バロッサやマーガレット・リバーのように「ブランド」となる地域ではないのかもしれませんが
オーストラリア・ワイン産業にとっては大変重要な場所なのです。
毎日気軽に、誰もが楽しめるワインを安定した品質で作るって、結構大変だと思うのですよね。

安ワインばかりかと思えば、実は有名ブランドの「デ・ボルトリDe Bortoli」が、Noble Oneという、プレミアムな貴腐ワインを作っていたりもするのですよ。貴腐ワインができる地域としてはかなり特殊(暑い、乾燥している)のですが。そういえば彼らもイタリア系ですね。

また少しずつご紹介していきますね。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければ下のコアラとアルパカくんを、ポチッと1クリックお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。

 

バレンタインのプレゼント、もう決まった?

こんにちは。ご訪問ありがとうございます。

去年からシドニーワインアカデミーで、WSET Level3 Award Sakeコースが開設されたということで
なけなしのお小遣いをはたいて申し込んだら、

申し込み人数が開講に必要な数に達せず、今回はキャンセル」とのお知らせを頂き
新年早々、少々出ばなをくじかれてしまった私です。。・゚・(ノД`)
有給も申請してたのに、残念です。まあ、しょうがない。

Sakeブーム!と言われ始めて久しいですが、ワイン以上にニッチな分野であることは否めない…。
いずれ参加人数集まるのかなあ。



故郷の銘酒、獺祭。シドニーでもよくワインリストに載ってます!




日本酒に関しては、まだ全く語れる気がしない。ので割愛。
でも美味しいです(そらそうやろう、というツッコミが聞こえる)

次の開講予定はまだ決まってないようですが、早くやりたい!
お金、大事に取っとかないとね。


今日も読んでくださって、ありがとうございます。



Love, from Sydney

ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければ下のコアラとアルパカくんを、ポチッと1クリックお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。

↑このページのトップヘ