ワイン生活@オーストラリア

自然大国オーストラリアから、美味しいワイン情報をお届けします。

カテゴリ: オーストラリアワイン

クリスマスも新年も、ほぼ通常どおり稼働していた我が家ですが、
ようやく、少し遅めの休暇です。
朝4時に起きて、早朝6時半のフライトで、タスマニアのホバートへやってきました。

まずは着いてすぐに、MONA - Museum of Old and New Artへ。

この美術館はMoorilla Estateというワイナリーの敷地内に建てられた地下三階の美術館で
大富豪デビッド・ウォルシュのプライベート・コレクションを一堂に会したもの。
個人のコレクションと言ってもかなり大規模で、
しかもかなり不思議な作りの建物で、隠し扉のように次々に現れるアートに圧倒されながら歩き回った3時間。








ダイナソーで作ったダイナソー。







館内に各作品への説明はなく、iPodのアプリとヘッドフォンで解説を楽しめるシステムになっています。
池田亮司など、日本人アーティストの作品もいくつかありましたよ。



ちなみにMonaへはフェリーで行くのが便利なのですが、少し余分を払うとPoshpitというVIPルームでゆったりすることができます。
スパークリングワインとフィンガーフード、あるいはデザート付き。かなりお勧めです。
ちなみに12歳以下の子供は入れない、大人だけの空間です。

アート鑑賞のあとはもちろんワイン・テイスティングへ。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!

Facebookページができました

日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

ランニングブログ
ランナーズ・ハイ! in シドニー


「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから

先週末、シドニーは40度超えを記録しました。
毎年最低1,2度は40度超えの日がやってくるシドニーの夏。
今は気温は下がったものの、雨が続いたりして湿気の多く、過ごしにくい日が続いていて
こういう時はやっぱり白やロゼが多くなるのですが
軽めの赤、もおいしいのですよね。



今日のワインはLa Petite Vanguard Grenache 2017
マクラーレン・ヴェイルのグルナッシュ、なのでどっしり重いのかと思いきや、ごくごく軽やかな赤です。
冷蔵庫で少し冷やしからいただきます。
ホールバンチかな。
ちなみに、一緒に写っているのは鶏レバーです。

ジメジメを吹き飛ばしてくれるさわやかさと、食事ともケンカしないテクスチャーと深みがあります。

最近温暖化のせいなのか、オーストラリアの夏はますます暑く過ごしにくくなってきて
健康志向と相まって、食やワインのライト化がますます進んでいく気がします。

こういうさわやかな赤ワインの需要も、これから自然と上がっていくのかな?


今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!

Facebookページができました

日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

ランニングブログ
ランナーズ・ハイ! in シドニー


「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから




ウニコゼロの今年の新リリースを立て続けに飲みました。




ずっと風邪でしたが、ワインは飲めるうちはまだ大丈夫と思っています。
赤のTruffle Hound(ネッビオーロ)
紫のThe River (ネロダヴォラ)
グリーンのCherry Fields(ドルチェット)。

Unico Zeloのワインのキーワードは「クランチ―」。飲み物なのに、なんか噛みしめたくなるワイン。
どれが一番好きか、決めるのは難しいけど
個人的にはネッビオーロかしら。

ネロダヴォラの一部は、内陸で暑いリバーランドから。
リヴァーランドの暑い気候でも、酸とストラクチャ―を保てるブドウ。
今まではオーストラリアの「機関室」と言われていた
量産性ワイン用のブドウを中心に作っていたリバーランドのブドウから
こんなにカッコいいワインができるなんて。

オーストラリアワインの変化は、瞬きするうちにどんどんと過ぎていく。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!

Facebookページができました

日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

ランニングブログ
ランナーズ・ハイ! in シドニー


「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから

今年3度目の風邪を引いています。
私だけかと思ったら、他にもそういう人が周りにいたので
どうやらそういう冬らしいです。
今はサッパリ味覚が解らないので少し前に飲んだワインをご紹介します。


オコタバレルのヴェルモット風。
厳密に言うと酒精強化ではないのでヴェルモットではない。
息子さんが庭で摘んだ17種類のハーブを放り込んで作ったものだそうです。
ブーケガルニの入った赤ワイン。冷やして飲みましょう。

パトリック・サリヴァンのハギスみたいでしたよ。
これからの季節に合いそうな、夏っぽいワイン、といいたいところですが
実のところシドニー、まだまだ寒いです。

仕事は半分ぐらいの稼働率、会社の仕事は自宅からアクセス、翻訳したい記事溜まってゆく。
週1のランニングクラブにも行けないし、仕事のディナーもキャンセル。

病気ってつくづく不便です。
風邪は引いてしまうと、もう休むぐらいしかできないけど
その休むということが、実はなかなか難しいですね。



最近好きなネイティブフラワー。力強く美しい。
こういうお花の咲く庭が欲しい。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!

Facebookページができました

日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

ランニングブログ
ランナーズ・ハイ! in シドニー


「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから

昨日親不知の抜歯を終えて、今週末はアルコールを禁止(飲み込まないテイスティングもダメ)されています。
辛い食べ物も硬い食べ物もダメ、ついでに言うと運動もダメ。
ちなみに、タバコもダメだそうです。吸わないけど。

しばらくはお酒も飲まず、柔らかい食べ物を食、しっかり寝て生きていきます。
固形物が食べられず、あまり動くことも出来ないので、体がフニャフニャする。
赤ちゃんか。




今日は少し前に飲んだワインを。
モーニングトン・ペニンシュラの美しいワイナリー、テン・ミニッツ・バイ・トラクターのピノ・ノワールです。
10xシリーズは一番安いシリーズですが、それでも$33とまあまあのお値段。

モーニングトンのピノ・ノワールはちょっとお値段がします、が品質は確かです。
テン・ミニッツ・バイ・トラクター、の意味は
彼らの持つ畑が、全部トラクターで10分以内の場所にあるから。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!

Facebookページができました

日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

ランニングブログ
ランナーズ・ハイ! in シドニー


「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから

↑このページのトップヘ