Now Where's My Wine?

シドニー在住、ワインライター兼通訳のフロスト結子です。オーストラリアから楽しいワイン情報を発信します。

カテゴリ: オーストラリアワイン

久しぶりに業界試飲会へ。
シドニーは一般向けのワインイベントもたくさんあります。
実はあまり試飲会が好きではない(←おい)のですが
業界テイスティングは、やはりできるだけ行くようにしています。

今回はVinosphereというイベントで
大小様々なブランドが程よく集う試飲会です。
大手のTyrrell'sから

クリーンナチュラルなKoener's
IMG_3688

オーストラリアのピノ・ノワールの第一人者のBass Phillip、
IMG_3686

ハンター・ヴァレーのセミヨンのトップを作るThomas Wine
IMG_3671

マクラーレン・ヴェイルのMinistry of Clouds
IMG_3678

今回発見した新しいワイナリー、Turon。アデレード・ヒルズですって。
IMG_3685


クラシック派と革新派と、大小織り混ざっている面白いワインイベントです。

こちらはシャプティエの白。
点字ラベルで知られているワインメーカーですね。
シャプティエはオーストラリアでもワインを作ってますが
最近ポルトガルでもワインを作っているとか!
IMG_3676


オーストラリアが主でしたがヨーロッパのワイン、やはり此処数年でまたグッと増えたなという印象です。

ところで無所属になってしまったので
どこの人?と聞かれて「フリーランスです」と初めて答えてみました。 

しかし、ひとりぼっちは寂しいので、そろそろ本格的に働きます。
 
今日も読んでくださって、ありがとうございます。

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから 

キリンのラベルの可愛いタンジェリン・ドリーム
少し前のことですが日豪プレスの自然派ワイン特集でも取り上げさせていただきました、スモールフライというバロッサのワイんメーカーのオレンジワインです。

IMG_3416

あまり美しい画でなくて申し訳ないですが
これ、実はサリー・ヒルズにある小さな映画館のバーで撮ったものなんです。

映画館のバーにオレンジワインがあるなんて
いや、むしろオレンジワインのある映画館なんて、というべきでしょうか。

ミネラルたっぷり、塩気も少し感じます。
おでんや寄せ鍋食べたくなる!
私の身近にこのワインを飲んで何気に「自然を抱きしめてるようなオレンジ」なんて美しく表現してくれた友がいて
なんとぴったりかつ美しい言葉なのだと一人感動し身悶えしたのです。

ワインについていつも書いたり喋ったり色々していますが
同じ人間が発信したものだと、どうしても、違うワインを表現するのにも同じような言い回しになりがちです。



ビビッと刺激をくれる一言をいただきました。

ちなみにこの日に見た映画はこちら



今日も読んでくださって、ありがとうございます。

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから


 

こちらも更新しています→「私のボーズが!

南オーストラリアのマクラーレン・ヴェイルは去年初めて1日だけ取材にいかせていただいたのですが
ああーもっとゆっくり、じっくり、見たいなぁ、と後ろ髪を引かれまくって帰ってきました。
今日はマクラーレン・ヴェイルの大手の一つウィラ・ウィラ・ワイナリーさんが来てくださいました。

IMG_2092

ウィラ・ウィラは大手というところもあって正直最初は「ふーん?」ぐらいのライトな感じでテイスティングに臨んだのですが
イヤー、とっても良いワイン!!
個人的には程よくモダン化したオリジナルブレンド(グルナッシュ・ブレンド)がとっても良かったです。


また、カタパルトというマクラーレン・ヴェイルの中でも特に標高の高い畑からのシラーズが
じゅわりと美味しいブルーベリーのようでとてもよかったです。


ソーヴィニョン・ブランも、草っぽ過ぎない、心地よい果実味が爽やかの優良なオーストラリアのベンチマークのソーヴィニョン・ブランとった感じ。
これならまた飲みたい。


今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!

Facebookページができました

日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook


「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから



IMG_1955
今回のバロッサ訪問はちょうど収穫前の時に行ったので
シラーズが収穫前でまだまだたわわに実っていました。

童話に出てきそうなぐらいにどっさり。
やっぱりブドウが見れると嬉しいですね。
ただこの時期はワインメーカーやヴィンヤード・マネージャーが忙しいので
直接会ってゆっくり話したいときは大変かもしれません。


これからいらっしゃる場合は
畑を見るか
人と会うか
どちらを優先するかでタイミングを決められるのもよいかもと思います。

IMG_1952


それはともかくとしてバロッサはいつ来ても、癒されます。
今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!

Facebookページができました

日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

ランニングブログ
ランナーズ・ハイ! in シドニー


「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから

今週は1週間、日本のワインインポーターさんの営業さんと一緒に
オーストラリアのワイナリーを通訳としてアテンドさせていただきました。
この会社のお手伝いはもう何度かさせていただいているのですが
Yellowtail2
お客様だからおべっか使ってるわけでもなんでもなく
本当に、お会いする方がみんな素敵な方ばっかりなんです。
皆さん本当に勉強熱心で、謙虚で、明るくて、そして自分たちのお仕事を愛してる。
オーストラリアに来ても、仕事の愚痴よりも、これからどうしたらいいか、
どんな仕事をしたいかということをいつでもどこでも熱心にお話されていてました。
ああ、この人たち、自分の仕事に誇りを持っている。なんてカッコいい。
Yellowtail

とはいえ、毎回私も楽しくて仕方ないのです。仕事なのに!

オーストラリアはこんなに素敵な場所なんですと実感していただけて
一人一人に本当に何度も何度もお礼を言っていただいて
日本の第一線で活躍される大企業のトップのセールスの方々のお役に立てる日が来るとは。


そして迎える側のワイナリーにも、あなたたちの日本のビジネスパートナーは
こんなに素晴らしい人たちなんですよと伝えることができることも
いや、私が言うことでもないんですけど、とても誇らしかった。

クラフトビールの試飲を楽しんだり
フェリーに乗ったり
ワインや奥様へのお土産を一緒に選んだり

こんな素敵な方々とお仕事させてもらえて
私は心底幸せ者です。

私はやっぱり、この美しく美味しく楽しい国が、大好きなので
シドニー、いやオーストラリアにいらっしゃる方には
思いっ切りこの国の良さを感じて、オーストラリアのことが大好きになって、帰っていただきたいんです。
それは、オーストラリアに住んでいる多くの人が感じていることだと思います。

お忙しい中、たくさんある選択肢の中からオーストラリアに来てくださって
本当にありがとうございました。
また、いつでもお待ちしています。
Peter Lehmann






今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!

Facebookページができました

日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

ランニングブログ
ランナーズ・ハイ! in シドニー


「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから

↑このページのトップヘ