Now Where's My Wine?

シドニー在住、ワインライター兼通訳のフロスト結子です。オーストラリアから楽しいワイン情報を発信します。

カテゴリ:オーストラリアワイン > 南オーストラリア州



赤ワインのソースとして有名な南オーストラリアのラングホーン・クリーク。
代表的なワイナリーの一つがこのBleasdaleで
先日営業の方がいらっしゃいましたー。
ブリーズデールの創始者はフランク・ポット、
かつては海軍で「パウダー・モンキー」と呼ばれる火薬を入れを運ぶ仕事をしていたこともあるそうでその名を冠したワインもあります。

試飲中ずっと私、gentle、gentleと繰り返していた覚えがあります。
柔らかで優しい果実味。長い余韻。特に赤は全般的にとても良質なワイナリーです。
あ、白ももちろん美味しいのですけどね。
ソーヴィニョン・ブランは少しだけオークで熟成してるそうです。

ちなみに今回、営業さんがコラヴァン持ってきてくれました。
スクリューキャップ用!初めて見たかも。



「これ買ったら、人生変わるよ」って言ってました。
全部バイザグラスでやってるワインバーなどでも愛用されているとか。見かけも結構スタイリッシュでかっこいいですよね。

昔のワイングッズってなんだかぼってりしたものが多かった気がしますが
最近は機能だけでなく、デザインも洗練されたものが増えてきたようです。






今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!

Facebookページができました

日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

ランニングブログ
ランナーズ・ハイ! in シドニー


「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから

今夜はとてもドライなロゼが飲みたいなあ、
と思ってたら、ちょうど注文したワインが届きました。
なんてタイムリー。




みじんの甘さも感じさせない男前なロゼです。 タンニンもしっかりめ。
色がまた、傾向ピンクみたいな特異な感じ。
どうやったらこんな色が抽出されるのかなあ?
ふーしーぎ。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!

Facebookページができました

日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

ランニングブログ
ランナーズ・ハイ! in シドニー


「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから



先日はBKワインズの営業担当さんが会社に来てくれて
今年のヴィンテージリリースを一挙にトライさせてもらいました。
BKワインズは、これまで何度もいろんなところでご紹介してきました。

One Ballという名前のシャルドネは
最初にその由来を聞いたときにはちょっとびっくりするかもしれませんが
中身は本当に秀逸なシャルドネです。

今回他に特に印象に残ったのは以外にもシラー。
ヒップスターのワインといえばピノ、みたいなイメージが私にはあるのですが
このシラーは本当に細やかで繊細で優しくて
シラーズじゃなくて、シラーなんだよね、という
優しくエレガントな冷涼気候スタイルです。


今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!

Facebookページができました

日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

ランニングブログ
ランナーズ・ハイ! in シドニー


「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから

最近あまりブログは更新してませんが、元気です。



Ricca Terra Farmsという
南オーストラリアのリヴァーランドのワインでもご紹介してみます。
ティンタ・バロッカは、ポートの品種ですが
こちらは酒精強化ワインではなく、テーブルワインです。

リヴァーランドは、かつては量産ワインを大量生産する
「オーストラリアワインのエンジンルーム」といわれている場所でしたが
今はその暑さの中でも酸を保てる地中海系の品種(ヴェルメンティーノ、ネロ・ダヴォラ、フィアーノ、バルベラなどなど)に取り組んでいる生産者が多くいます。
いま日本でも人気に火のついたUnico Zelo(ウニコゼロ)のブドウは
このRicca Terraから買っているものも多いそうですよ。

ワインメーカーいわく「冷やして飲んでね」、とのこと。
夏に嬉しい軽くてBrightな赤ワインです。

ちなみにもう2017年は売り切れちゃってて
今2018年ヴィンテージを仕込んでいるところのようです。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!

Facebookページができました

日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

ランニングブログ
ランナーズ・ハイ! in シドニー


「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから

先週末、シドニーは40度超えを記録しました。
毎年最低1,2度は40度超えの日がやってくるシドニーの夏。
今は気温は下がったものの、雨が続いたりして湿気の多く、過ごしにくい日が続いていて
こういう時はやっぱり白やロゼが多くなるのですが
軽めの赤、もおいしいのですよね。



今日のワインはLa Petite Vanguard Grenache 2017
マクラーレン・ヴェイルのグルナッシュ、なのでどっしり重いのかと思いきや、ごくごく軽やかな赤です。
冷蔵庫で少し冷やしからいただきます。
ホールバンチかな。
ちなみに、一緒に写っているのは鶏レバーです。

ジメジメを吹き飛ばしてくれるさわやかさと、食事ともケンカしないテクスチャーと深みがあります。

最近温暖化のせいなのか、オーストラリアの夏はますます暑く過ごしにくくなってきて
健康志向と相まって、食やワインのライト化がますます進んでいく気がします。

こういうさわやかな赤ワインの需要も、これから自然と上がっていくのかな?


今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!

Facebookページができました

日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

ランニングブログ
ランナーズ・ハイ! in シドニー


「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから




↑このページのトップヘ