Now Where's My Wine?

シドニー在住、ワインライター兼通訳のフロスト結子です。オーストラリアから楽しいワイン情報を発信します。

カテゴリ:オーストラリアワイン > 南オーストラリア州

日豪プレスのワインコラム「幸せワイン・ガイド@オーストラリア」が更新されました。
よろしければご一読ください→



今一番の?!注目株の若手のワインメーカー、ブレンダン・カーターとローラ・カーター夫妻のUnico Zelo。
http://www.unicozelo.com.au/
Unico Zelo `River Sand` Fiano、お値段$27。
http://www.unicozelo.com.au/

イタリア品種に情熱を注ぐ、アデレード・ヒルズをベースにしたカップルです。
今年のフィアノ。あーなんて素敵なラベル。

オーストラリアではそんなにメジャーな品種ではないですが
これはフィアノって何とか、何も知らなくても、ただただワインが好きな人に勧めたいワインです。
飲んですぐに 「ピュア」という言葉が頭に浮かぶワインでした。
青リンゴをグッと噛みしめたような。テクスチャーもしっかりとあって、食べるように味わえるワイン。

ユニコ・ゼロを飲んでから、フィアノが好きになったかも。
他にも面白いワインを沢山作っていて、いわゆる「Hipster ヒップスター」と呼ばれる部類のワインメーカー。
これからのオーストラリアワインのトレンドを牽引する人たちのうちの2人かもしれません。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


 

こんにちは。
ご訪問ありがとうございます。
日曜から雨続きのシドニーでは肌寒い日が続いています。
ちなみにこの記事を書いているのは、火曜日の夜でございます。



本日はバロッサ・バレーより、のRuggabellus `Fluus` 2014。
まず、なんて読むんだ、コレ?って感じですが・・・。
ラガベラス・フルーウス。
http://www.ruggabellus.com.au/
Abel Gibsonはペンフォールド、ロックフォード、クリス・リングランド、チャールズ・メルトンなど、世界的にバロッサを代表する名ワイナリーでキャリアを重ねたワインメーカー。

Ruggabellus= `rugged beauty’ 日本語に訳したら、無骨な美しさ、って感じかな?

グルナッシュが主のブレンドで、マタロ(ムーヴェドレ)、サンソー。シラーが1%。
サンソーが24%という、結構な比率で入ってます。
サンソーは、熱と乾燥に強い品種とのこと。・・・バロッサですね。
ローヌ・スタイルのバロッサの赤ワインによくブレンドされているそうです。

ところでバロッサの赤ワインというと、色も濃くて、肉厚でアルコールもがっつり、なんてワインを想像しますが
これはグラスに注いでみたら、むしろ儚げに淡め。
ちょっと曇ってて、アンフィルター(無ろ過)なのかなー、と思いながら飲んでみます。

見た目だけで判断したら、ピノ・ノワールみたい。
そしてお味も、とっても軽やかで優しい口当たりです。お花を飲んでいるみたい。
ラズベリー、スミレ、桑の実、柔らかく控えめに、でも確実に主張しながら続く優しい渋味。
ナツメグっぽいスパイスの香りも。
軽やか、とはいえそれでも余韻はやっぱり温かい。
いろんな品種のブレンドなだけあって、とてもバランスのとれた印象です。

大切な人と二人で、ゆっくりといろんな話をしながら過ごす夜にどうぞ。

今日も読んでくださって、有難うございます。


ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ










こんにちは。
ご訪問ありがとうございます。

今日ご紹介したいのは、「モンスターズ・アタック」という面白い名前とラベルのリースリングです。

一昔前の海外アニメのようなラベルが強烈なインパクト。

Some Young Punks Monsters, Monsters Attack! Riesling
お値段は$25ぐらい。
http://www.someyoungpunks.com.au/

ホワイトマスクのようなフローラルな香りが華やかで、しっかりめに糖分を残したオフドライ(中甘口)・スタイル。
産地は南オーストラリア州はクレア・ヴァレーのWatervale(ウォーターヴェール)。
多くの優れたオーストラリアのリースリングがここから生まれています。



あまりワインに詳しくないけど飲むのは好き、という女友達と
モダン・ベトナム料理のBYOディナーへ持参しました。「ブドウの味がする〜」と言ってました。
ピリ辛&甘酸っぱい、東南アジアのお料理にピッタリです。

Some Young Punks(とある若いパンクたち)というブランドを立ち上げたのは、3人の若いワインメーカー、Jen Gardener、 Nic BourkeとCol McBryde。

ワインのちょっと堅苦しいところを思い切り打ち破ってくれる、こんな遊び心いっぱいのワイン、楽しいですね。
でも品質は決して落とさずに。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。
 
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


こんにちは。ご訪問ありがとうございます。

本日は南オーストラリア州のマクラーレン・ヴェールのYangarra Estate PN Pet Nat 2014
をご紹介します。
http://www.yangarra.com/
お値段は32ドル。
 
Pet Natはペティアン・ナチュール(自然微発泡)の略。
・・・微発泡どころかサイダー並みの、結構な勢いの泡ですが・笑
ブドウの糖分が自然酵母によって自然と2次発酵を起こして発泡。
手摘み、足踏み、アンフォラ(粘土製の壺)で醸造。

写真提供:オット

これがアンフォラ。いろんな大きさや形のものがあるみたいです。

There have been no additions of yeast, enzyme, acid, tannin or sulphur.
ということで極力人間の手を加えずに作られた、とのこと。

因みにオーストラリアのスパークリングワインにはすっかりおなじみのクラウンシール。
グルナッシュ主体、ちょっと甘くてでもしっかりめボディ。クランベリー、ターキッシュデライト、どこかスパイクがあるなと思う印象はカリニャンから?
シャンパーニュよりずっと気軽にグビグビっと飲めてしまう。

ちなみにこれは、ワイン好きのネイリストさんのお宅へ持参したワイン。
華もあって芯もあって。そんな女性と一緒に飲みたい一本です。


ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

今日も読んでくださってありがとうございます。
 

こんにちは。あけましておめでとうございます。
ご訪問いただきありがとうございます。



日本とは季節が反対の南半球では、暑い日が続いています。
そう、暑い日が続くものですから、最近はロゼワインを飲むことが多いです。

以前はオーストラリアのロゼワインはしっかりと色を濃い目に出した
味も甘めのものが多かったように思いますが、最近は色が淡く、辛口のロゼも増えてきたように思います。

最近美味しいな〜、と思えたロゼの一つがこれ
 
淡い色合いがとっても優しいロゼです。
https://bkwines.com.au/2015-rose/

こちらはアデレード・ヒルズのBK Wines Rose。
ピノ・ノワールから作られたロゼです。
BKとはワインメーカー、ブレンダン・キースのイニシャルからと思われます。分かりやすい。

イチゴやお花の香りが華やかで、味わいはしっかりとキレのある辛口。エグみがなくてスッキリとした口当たりです。
BKワインズはオーストラリア国内でもArtisan(職人の、手作りの、巧みの)Winemakerとして注目されています。
ピュアな果実味が丁寧に作られたワインなのだなと、飲みながら感じることのできる優しいワインでした。
夏の暑い日、そのままでゴクゴク飲めてしまいます。
冬の日本にお住まいのみなさまは、寄せ鍋などと合わせてみては如何でしょう。

昔から何かと過小評価されがちなロゼですが、最近はこんな美味しいロゼを作るメーカーも多く出てきて、もしかして次に流行るのはロゼなのかも?と思いながら、今年の夏は特に頻繁に、美味しいロゼを飲んでいます。


日本でも買えるBKワインズ。オススメです。

第一回目の記事はロゼでした。
カテゴリーは、徐々に増やしていく予定です。
どうぞよろしくお願いします。

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



↑このページのトップヘ