Now Where's My Wine?

シドニー在住、ワインライター兼通訳のフロスト結子です。オーストラリアから楽しいワイン情報を発信します。

カテゴリ:オーストラリアワイン > 南オーストラリア州

キリンのラベルの可愛いタンジェリン・ドリーム
少し前のことですが日豪プレスの自然派ワイン特集でも取り上げさせていただきました、スモールフライというバロッサのワイんメーカーのオレンジワインです。

IMG_3416

あまり美しい画でなくて申し訳ないですが
これ、実はサリー・ヒルズにある小さな映画館のバーで撮ったものなんです。

映画館のバーにオレンジワインがあるなんて
いや、むしろオレンジワインのある映画館なんて、というべきでしょうか。

ミネラルたっぷり、塩気も少し感じます。
おでんや寄せ鍋食べたくなる!
私の身近にこのワインを飲んで何気に「自然を抱きしめてるようなオレンジ」なんて美しく表現してくれた友がいて
なんとぴったりかつ美しい言葉なのだと一人感動し身悶えしたのです。

ワインについていつも書いたり喋ったり色々していますが
同じ人間が発信したものだと、どうしても、違うワインを表現するのにも同じような言い回しになりがちです。



ビビッと刺激をくれる一言をいただきました。

ちなみにこの日に見た映画はこちら



今日も読んでくださって、ありがとうございます。

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから


 

こちらも更新しています→「私のボーズが!

南オーストラリアのマクラーレン・ヴェイルは去年初めて1日だけ取材にいかせていただいたのですが
ああーもっとゆっくり、じっくり、見たいなぁ、と後ろ髪を引かれまくって帰ってきました。
今日はマクラーレン・ヴェイルの大手の一つウィラ・ウィラ・ワイナリーさんが来てくださいました。

IMG_2092

ウィラ・ウィラは大手というところもあって正直最初は「ふーん?」ぐらいのライトな感じでテイスティングに臨んだのですが
イヤー、とっても良いワイン!!
個人的には程よくモダン化したオリジナルブレンド(グルナッシュ・ブレンド)がとっても良かったです。


また、カタパルトというマクラーレン・ヴェイルの中でも特に標高の高い畑からのシラーズが
じゅわりと美味しいブルーベリーのようでとてもよかったです。


ソーヴィニョン・ブランも、草っぽ過ぎない、心地よい果実味が爽やかの優良なオーストラリアのベンチマークのソーヴィニョン・ブランとった感じ。
これならまた飲みたい。


今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!

Facebookページができました

日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook


「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから



IMG_1955
今回のバロッサ訪問はちょうど収穫前の時に行ったので
シラーズが収穫前でまだまだたわわに実っていました。

童話に出てきそうなぐらいにどっさり。
やっぱりブドウが見れると嬉しいですね。
ただこの時期はワインメーカーやヴィンヤード・マネージャーが忙しいので
直接会ってゆっくり話したいときは大変かもしれません。


これからいらっしゃる場合は
畑を見るか
人と会うか
どちらを優先するかでタイミングを決められるのもよいかもと思います。

IMG_1952


それはともかくとしてバロッサはいつ来ても、癒されます。
今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!

Facebookページができました

日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

ランニングブログ
ランナーズ・ハイ! in シドニー


「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから



今から5年ぐらい前に夫が家に持ち返ったワイン
当時ソーヴィニョン・ブランを毛嫌いしていた私に
敢えて夫が買ってきたソーヴィニョン・ブラン。
君が思ってるワインじゃないからと。

クールなラベル、クリーンな味わい。
当時は今ほどメジャーじゃなかったイタリア品種もいくつも造って

インディーズのバンドのファンみたいに
彼らの出すワインは全部チェックしていました。
そのうち日本へも進出して
クラフトスピリッツなんかも作りだして
ますますカッコ良くなっていく彼ら。

でも何年もの時を経てワインライターになって、ようやくプロとして会えた生産者の2人は
ただカッコいいだけのヒップスターじゃなかったんです。
私の想像をはるかに超えたすごい人たちでした。


彼らのワインの根底にあるのは

オーストラリアの文化を定義し表現すること
自然を愛し土地に敬意を払うこと
長期的な目線でコミュニティを育てること
そして自分たちも一緒に成長すること

そんな彼らにライターとして向き合えた
そんな今年はとても特別な年となりました。

記事が掲載となりましたらご案内いたします。

Capture



今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!

Facebookページができました

日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

ランニングブログ
ランナーズ・ハイ! in シドニー


「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから

夫は日本語が堪能で、日本の文化が大好きなオーストラリア人です。
妻の私が言うのもなんですが、なかなか博識な人でもあり
私も読んだことのないような、難しい日本の古典文学を読んでいたりします。

たとえば谷崎潤一郎の随筆の陰翳礼賛(いんえいらいさん)を読んだことのある日本人は
今の時代どれぐらいいるのでしょうか。

私は正直言って、聞いたこともありませんでした。
その陰翳礼賛の英語タイトル In Praise of Shadowsという名前の付いたワインを先日飲んだのです。

Capture
夫の本棚にあった本と共に。
マクラーレン・ヴェイルのワインメーカーです。

とてもライトな、マクラーレン・ヴェイルのグルナッシュのイメージとは全く違うワイン。
軽やかなんですが、しっかり深みもあるワインです。
控えめなのに、うまみのあるワインだなあ。



陰翳礼讃
谷崎 潤一郎
パイインターナショナル
2018-01-18












今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!

Facebookページができました

日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

ランニングブログ
ランナーズ・ハイ! in シドニー


「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから

↑このページのトップヘ