ワイン生活@オーストラリア

自然大国オーストラリアから、美味しいワイン情報をお届けします。

カテゴリ:オーストラリアワイン > 南オーストラリア州

最近あまりブログは更新してませんが、元気です。



Ricca Terra Farmsという
南オーストラリアのリヴァーランドのワインでもご紹介してみます。
ティンタ・バロッカは、ポートの品種ですが
こちらは酒精強化ワインではなく、テーブルワインです。

リヴァーランドは、かつては量産ワインを大量生産する
「オーストラリアワインのエンジンルーム」といわれている場所でしたが
今はその暑さの中でも酸を保てる地中海系の品種(ヴェルメンティーノ、ネロ・ダヴォラ、フィアーノ、バルベラなどなど)に取り組んでいる生産者が多くいます。
いま日本でも人気に火のついたUnico Zelo(ウニコゼロ)のブドウは
このRicca Terraから買っているものも多いそうですよ。

ワインメーカーいわく「冷やして飲んでね」、とのこと。
夏に嬉しい軽くてBrightな赤ワインです。

ちなみにもう2017年は売り切れちゃってて
今2018年ヴィンテージを仕込んでいるところのようです。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!

Facebookページができました

日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

ランニングブログ
ランナーズ・ハイ! in シドニー


「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから

先週末、シドニーは40度超えを記録しました。
毎年最低1,2度は40度超えの日がやってくるシドニーの夏。
今は気温は下がったものの、雨が続いたりして湿気の多く、過ごしにくい日が続いていて
こういう時はやっぱり白やロゼが多くなるのですが
軽めの赤、もおいしいのですよね。



今日のワインはLa Petite Vanguard Grenache 2017
マクラーレン・ヴェイルのグルナッシュ、なのでどっしり重いのかと思いきや、ごくごく軽やかな赤です。
冷蔵庫で少し冷やしからいただきます。
ホールバンチかな。
ちなみに、一緒に写っているのは鶏レバーです。

ジメジメを吹き飛ばしてくれるさわやかさと、食事ともケンカしないテクスチャーと深みがあります。

最近温暖化のせいなのか、オーストラリアの夏はますます暑く過ごしにくくなってきて
健康志向と相まって、食やワインのライト化がますます進んでいく気がします。

こういうさわやかな赤ワインの需要も、これから自然と上がっていくのかな?


今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!

Facebookページができました

日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

ランニングブログ
ランナーズ・ハイ! in シドニー


「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから




ウニコゼロの今年の新リリースを立て続けに飲みました。




ずっと風邪でしたが、ワインは飲めるうちはまだ大丈夫と思っています。
赤のTruffle Hound(ネッビオーロ)
紫のThe River (ネロダヴォラ)
グリーンのCherry Fields(ドルチェット)。

Unico Zeloのワインのキーワードは「クランチ―」。飲み物なのに、なんか噛みしめたくなるワイン。
どれが一番好きか、決めるのは難しいけど
個人的にはネッビオーロかしら。

ネロダヴォラの一部は、内陸で暑いリバーランドから。
リヴァーランドの暑い気候でも、酸とストラクチャ―を保てるブドウ。
今まではオーストラリアの「機関室」と言われていた
量産性ワイン用のブドウを中心に作っていたリバーランドのブドウから
こんなにカッコいいワインができるなんて。

オーストラリアワインの変化は、瞬きするうちにどんどんと過ぎていく。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!

Facebookページができました

日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

ランニングブログ
ランナーズ・ハイ! in シドニー


「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから

今年3度目の風邪を引いています。
私だけかと思ったら、他にもそういう人が周りにいたので
どうやらそういう冬らしいです。
今はサッパリ味覚が解らないので少し前に飲んだワインをご紹介します。


オコタバレルのヴェルモット風。
厳密に言うと酒精強化ではないのでヴェルモットではない。
息子さんが庭で摘んだ17種類のハーブを放り込んで作ったものだそうです。
ブーケガルニの入った赤ワイン。冷やして飲みましょう。

パトリック・サリヴァンのハギスみたいでしたよ。
これからの季節に合いそうな、夏っぽいワイン、といいたいところですが
実のところシドニー、まだまだ寒いです。

仕事は半分ぐらいの稼働率、会社の仕事は自宅からアクセス、翻訳したい記事溜まってゆく。
週1のランニングクラブにも行けないし、仕事のディナーもキャンセル。

病気ってつくづく不便です。
風邪は引いてしまうと、もう休むぐらいしかできないけど
その休むということが、実はなかなか難しいですね。



最近好きなネイティブフラワー。力強く美しい。
こういうお花の咲く庭が欲しい。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!

Facebookページができました

日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

ランニングブログ
ランナーズ・ハイ! in シドニー


「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから

春の足音が聞こえてきたと思ったら、突然また気温が下がったりして
体調をやや崩していました。
何と3度めの風邪を引いてしまい、何かと不自由です。

前々から気づいていたけど、私は風邪薬があまり合わない。
症状を和らげてくれる効果はありがたい。
けれど風邪って結局、家でじっとして体を休めて回復を待つしかない。
薬で体がだるくなったりお腹が張ったりしてしまうのも辛い。
風邪は病院や薬に頼って治すものじゃない、と最近になって分かった。

今回は、症状が出たての時から早めに、植物のサプリで治してみようと試みています。



免疫力高めてくれる、オリーブリーフとエキナセア。
これと、体が冷えないよう白湯をたくさん飲んでいます。






ハーブティや塗り薬としても売ってます。
薬が苦手な方にはお薦めです。
できればそもそも風邪を引かない体にしたいのですがなかなか。
人より体が弱いとも思わないのですが。


ちなみにこの時のワインはコチラ


ファミリー・ワイナリーのジェリコのフィアーノです。
なかなかしっかりとしたナッツっぽいフィアーノ。
最初ラベルも何も見ずに飲んだらシャルドネかと思った。ぐらいしっかりしてる白です。


今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!

Facebookページができました

日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

ランニングブログ
ランナーズ・ハイ! in シドニー


「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから


↑このページのトップヘ