Now Where's My Wine?

シドニー在住、現地法人でワインに従事するフロスト結子です。オーストラリアから楽しいワイン情報を発信します。

カテゴリ: ロゼ

ジャイアント・ステップスの可愛いロゼ

96F4A9CF-CF23-4F67-AA31-B155F4EC0251_1_105_c

ピノ・ノワールとシャルドネのマスターとして知られるスティーブ・フラムスティード、
ヤラ・ヴァレーのジャイアント・ステップス。
2020ヴィンテージです。

これは結構新しいラインナップなのか
ラベルのデザインが今までとちょっと違って斬新ですね。



日本は桜の季節。
彩にピンク色のワインが似合う季節になってきましたね。

こちらは秋ですが
ロゼもまだまだ美味しい暖かな気候が続いてます。

シドニーはもうすぐサマータイムが終わり
冬に向かいますが
コロナでの規制もだいぶ緩和されて
NSW州では交通機関でのマスク着用は、「必須」から「推奨」へシフト
イベントなどの集まりの規制もなくなるそうです。
今日は映画に行ったら満席!席と席との間も空けずに座ってました。

とはいえまだ国境はクローズしたまま。
早く旅ができるよになればいいな。
国境が開いたら、行きたいところがたくさんです。


今日も読んでくださって、ありがとうございます。

よろしければこちらも。
マラソンブログ
ランナーズハイ・イン・シドニー

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから。



去年はどんなワイン飲んでたかなぁと思って
少し前の写真を振り返ってみてみると
こちらが出てきました。

デリクエンテ カスク ロゼ
わかりますかね。
こちら、カスクワイン(バッグ・イン・ボックス)なのですが
作り手がデリンクエンテと言うリヴァーランドの
ちょっとしたスターワインメーカーのものなのです。
日本ではワイン愛好家の中では「変顔ワイン」として親しまれているようですね。
Deliquente copy


リヴァーランドは歴史的には南オーストラリアの中でもワイン生産の「エンジンルーム」とも呼ばれる
内陸の温暖な地域でバルクワインの生産の方がより知られている地域ではありますが

熱や乾燥に強いイタリアやスペイン系の品種のワインで
新たなスタイルでのワイン作りに取り組む生産者も点在し
デリンクエンテもその一つ。

カスクワインは通常量産系の安いワインを1Lや2Lと言った大きめのパッケージで売るフォーマットですが
こちらのカスクは38−42ドル、カスクワインとしてはかなり高価です。
良質なワインを敢えてカスクで売り出すという面白い発想。

辛口で溌剌としたロゼですが
何せカスクなので、どれぐらい飲んだのかいまいちわからなくなるのがちょっと危険!😂

今日も読んでくださって、ありがとうございます。

よろしければこちらも。
マラソンブログ
ランナーズハイ・イン・シドニー

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから。




先日ワインジャーナリストの綿引まゆみさんが、「なぜ日本ではロゼが伸びないのか
という記事を書かれていました。

オーストラリアでロゼがトレンドのトップとして話題になり始めたのはたぶん2-3年ほど前です。
そして今も右肩上がりのカテゴリーといってよいでしょう。

それまでのオーストラリアのロゼは

赤ワインの副産物、に近いものがあって
しかも中甘口のスタイルのものが主流で(たぶん売れてたから?)
あまり真剣にロゼを作ってる人も、飲んでる人もいなかった印象でした。
甘くて飲みやすいけど真剣ではないワイン、そんなイメージがついて回っている印象。

ですが今、オーストラリアでは、ロゼが断然愛されている時代です。

①辛口で淡い桜色の、フードフレンドリーなロゼの台頭
②ワインメーカーたちが、余剰のブドウではなく、ちゃんと目的を持ってロゼ用にブドウを収穫し、造るようになった。
③日の長い夏、アウトドア、真夏の休暇というオーストラリアのライフスタイルに合う
④ヨーロッパで夏のバカンスを経験した人たちが、ロゼを夏に楽しむようになった。(オーストラリア人は旅が好き。ヨーロッパに行く人もたくさんいます。)
そして、

⑤辛口のロゼは男性にも人気。

特に最近では若いオシャレな男性の間でロゼが良く飲まれている印象です。
ワインバーで男性だけのグループが、ロゼを開けていたりする光景は、もはや珍しくもなんともなくなりました。
彼らは流行に敏感で都市部で良い仕事に就いているような、いわゆる「意識高い系」。
彼らのようなデモグラフィックを、こちらの言葉ではHipsterと呼びます。

辛口でスッキリと楽しめるワインであるということを、良く認識している意識高い系男子。
ロゼを選択することがファッショナブルになってきたのです。
ちなみにこちらの最近の若い男性は、ファッションにもピンクを取り入れてます。

なので最近の若い男性にはピンク色に抵抗があるという感覚も薄い、というのもあると思います。
ピンク=女の子っぽくて抵抗がある、という人は、そもそもワイン自体飲まない層に当たるかも。

48919324_303474146954206_1710066341576179712_n

サラリとロゼがオーダーできる男性は、とても素敵だと私は個人的に思います。



今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!

Facebookページができました

日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

ランニングブログ
ランナーズ・ハイ! in シドニー


「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから




今夜はとてもドライなロゼが飲みたいなあ、
と思ってたら、ちょうど注文したワインが届きました。
なんてタイムリー。




みじんの甘さも感じさせない男前なロゼです。 タンニンもしっかりめ。
色がまた、傾向ピンクみたいな特異な感じ。
どうやったらこんな色が抽出されるのかなあ?
ふーしーぎ。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!

Facebookページができました

日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

ランニングブログ
ランナーズ・ハイ! in シドニー


「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから


最近色々と思うことあり、短くてもいいので1日おきのブログ更新を目指しています。
こちらのブログがお休みの日は、ランの方が更新されています。
さて、いつまで続けられることやら。

ヤラ・ヴァレーの新鋭ワインメーカー、ルーク・ランバートのロゼ、Crudoです。
ローストビーフなど、しっかり目のロゼが欲しいときによく買うワインです。
70%シラー、30%ネッビオーロです。
面白い組み合わせ。しっかりとタンニンも感じられます。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!

Facebookページができました

日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

ランニングブログ
ランナーズ・ハイ! in シドニー


「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから

↑このページのトップヘ