ワイン生活@オーストラリア

自然大国オーストラリアから、美味しいワイン情報をお届けします。

カテゴリ: ロゼ

先日のワインショップで買ったのはこちら。



Stuart Proud スチュワート・プラウドのヤラ・ヴァレー・ロゼです。
Nicely Dry。スッキリとした辛口です。奥行きがあり、なんだか噛みたくなるワインです。

スチュワート・プラウドは、ウィリアム・ダウニーの「1000キャンドルズ」プロジェクトに携わったブドウ栽培家です。




最近彼のワイン、良く見かけるので注目しています。


今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!
日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから

今日も暑い一日でした。
私の職場は西の内陸にあるので、体感温度はおそらくシドニー市内のプラス10度。
日中はエアコンの効いたオフィスにいますが、帰り道、とにかく煮えそうです。



バラの花びらように濃い色のロゼ。
最近暑いので、ロゼ率高し。
de iuliisはハンター・ヴァレーのワイナリーです。
こういう濃い目の色合いのロゼ、あまりファッショナブルではないですが
べたっとしたイチゴジャムみたいな甘さもなく
しっかりとドライで美味しいロゼで。
 
完全に個人的な見解ですが夏の暑い夜のバーで、ロゼをサラッと頼む男性はかっこいいと思ってしまいます。
こなれてる感じ。
夏の暑い日の夕方に飲む、ピンク色のワインの美味しさを、
見かけだけでなく解ってる感じがステキ。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!
日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから


 

夫の母はベーキングが(も)得意なのですが

私は甘いものが基本ダメなので
彼女の作るクリスマス・プディングとかスポンジケーキとか、全く食べれないのです。

なので結婚して以来、彼女の「私の作ったスイーツ食べて」のオファーを頑なに断ってきました。
結婚してもうすぐ8年、「Yukoは甘いものが食べれないのだ」と頭では分かっていても
未だに自分が作ったものでもそうでないものでも
「これはそんなに甘くないから」「スポンジだけのとこだけでも食べてみたら」と私に食べさせようと粘る母・笑。
「ママー、この話はもうしたよね?」というお決まりのフレーズで笑いながら交わせるようになったのはつい最近のこと。

でも、今年初めて作ってくれた、このアーモンドブレッドは初めて楽しめた。






これは食べれる!というか美味しい。
ビスコッティをさらにもっと薄くスライスしたもので
甘さはちょっとだけあるのですが軽くワインと一緒に食べるととってもおいしい。
というわけで、クリスマスに実家に帰った時「持って帰りなさい」とタッパーに入れてくれました。

イタリアンの超辛口ロゼと合わせてみたよ。
ワインは、マルコポーロ・ピノ・グリージョ・ラマト2014.フリウリです。
ピノ・グリージョのうっすらとタマネギカラーのロゼ。美味しいです。


お母さんありがとう。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!
日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。


LINEの読者登録はコチラから
 

フランスのバスチーユ・デーに、辛い事件が再び起きてしまいました。



あの日はフランスの革命記念日ということで、フランスワインを飲んでいました。
基本オーストラリアのワインのみ、という約束にしていますが(自分の中で)
今回だけは。

エクスキューズ・マイ・フレンチは、WSET Diplomaの同期生だった友人が最近始めたブランドで
ロゼ、ソーヴィニョン、ピノがありまして
私のお気に入りはこのロゼ。
色が淡くてキリリとドライ。
可愛くてキャッチーなパッケージもいいですよね~。

ちなみにExcuse My Frenchというのは英語で、
ちょっと口汚い言葉をつい使ってしまったときに
「失礼、フランス語が出ちゃったわ」という、
Swearing Wordsを「今のは外国語だから気にしないで」、といって誤魔化すときに使うフレーズです。
日本にも進出を考えているとか。
ナチュラルローソンさんあたりで、売値1400円(勝手な予測)ぐらいでいかがでしょう。

フェイスブック&インスタグラムページはコチラ!
https://www.facebook.com/excusemyfrenchwine/

https://www.instagram.com/excusemyfr/
 今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければ下のコアラとアルパカくんを、ポチッと1クリックお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。


LINEの読者登録はコチラから



 

みなさま、ハッピー・バレンタイン。

タイムリーに日豪プレスの記事のウェブ版が出ました→
よかったら読んでください。


写真は昨日のワインですが、
マイク・プレスのロゼ、こちらも我が家の定番です。
Mike Press Pinot Noir Rose 2015
色は鮮やかでキリリと辛口。プールでひと泳ぎの後、このままグビグビっと飲めちゃいますね。

こちらのバレンタインはちょうど日本のクリスマス・イヴのように
カップルで過ごす日になっていますが
夫は仕事、私も家で仕事(書く方の)で、普通の日曜になりそうです。

会社の同僚の女の子(フランス人・28歳)が「私、バレンタインに外で食事するのはもううんざり!レストランの隣の席のカップルと張り合わなきゃいけないし!」と言っていました。

・・・笑( ´∀`;)

バレンタインとかクリスマスイブって、若い方は隣に座ってるカップルが気になるものデスか?
付き合いたてのカップルって、目の前にいる好きな人しか見えないっていうようなモンじゃないのかしら。
気にしたくなくてもやっぱり気になるお年頃なのかしら。(覚えてないよー笑)
ちなみに彼女とその恋人は、付き合って1年目なので初めてのバレンタインなんだそうです。

色々クエスチョン・マークが頭に5つぐらいポンポンポン、と浮かんだ36歳。
隣のカップルのことなぞ気にせず、彼女がラブラブ過ごしていることを願います。

いいなー若者は。




良い日曜日をお過ごしください。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければ下のコアラとアルパカくんを、ポチッと1クリックお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。



 

↑このページのトップヘ