ここ1年ほど英語で色んな本を読んでいます。

かつて勉強中は英語の本といえばワイン関連の本ばっかり読んでいて
「英語で読む=修行」みたいな感じで義務感で読んでる感があったのですが

最近は幅広いジャンルの本を英語で楽しく読めるようになりました。

ワインやランニングや料理や
自分が情熱をかけるものの本ももちろん読んでますが
自叙伝、ファンタジー、ミステリー、歴史物と、ジャンルを問わず色々読んでます。
著者の出身地もアメリカ、イギリス、オーストラリア、フランスと幅広く。

一つの言葉、一つの国、一つのジャンル
どんなことでも限定してしまうと、なんだか視野がすごく狭くなってしまいそうで
何かを徹底的に極めるのは素晴らしい。
けれど今はもっともっと幅広い世界に触れたい。
とはいえワインの本も、まだまだたくさん読みたいものがあるので
私の積読リストはどんどん長くなるばかりw

英語で読むことで、読める本も、その本について意見を共有できる人も
格段に増えたことも嬉しいし
今まであまり知らなかった史実や国のことに触れるきっかけになって
世界が広がった気がします。

人生は誰にも平等に1度しかないけど、本をたくさん読むことで、ありとあらゆる人生や時代を体験できる

これが。とても。楽しい。

これからもたくさんの人生を体験したいと思います。
良い本は願わくば美味しいお酒と共に
じっくりと向き合いたいですね。

51E2C046-95A7-4EAD-BBF9-025BD271F11D_1_105_c

ちなみにこの本はヒトラー時代のオーストリアに生まれた
オーストリア出身のユダヤ系の女優さんで
今でいうモラハラ夫の幽閉から逃げ出し
ハリウッドに渡りまたそこで女優になり
その後、科学者になったという実在の女優ヘディ・ラマーの物語です。
世界で初めてポルノ映画以外で、女性がセックスによるオーガズムを
スクリーンで演じた女優でもあるそうです。



面白かったよ!おすすめ!
The Only Woman in the Room (English Edition)
Marie Benedict
Hodder & Stoughton
2019-03-07


今日も読んでくださって、ありがとうございます。

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから