ブッシュファイヤーやコロナウィルスのニュースや話題が続いていて
オーストラリアの生産者の一部にはスモークテイントのリスクを持って
「2020年は収穫をしない」という苦渋の決断を発表したところもいくつか出てきています。

山火事はオーストラリアが常に背中合わせにしてきた自然脅威ではありますが
ブドウのスモークテイント(煙による汚染)の予防や汚染後の対策については
まだわからないことも多いらしく今後も研究が進められていくべき分野なのだそうです。

私たちに今できることは彼らの現在市場にあるワインを買って支援すること、
セラードアに遊びに行くこと、そしてあまり騒がず見守ることぐらいでしょうか。
FAB9A889-5833-426B-B167-D4B652AA0B9C_1_105_c
私個人は改めて、このことについて少しずつ勉強してみたいと思います。

さて、最近の私と言えば、ここのところずっと「はたらきかた」について考えています。
去年大きな転機となったリストラ。
今となっては背中を押してくれた素晴らしい機会でした。

現勤務先での仕事が決まってから
同時にそれと引き換えに失ったお仕事と、
自らの意思で手放すことを決意したお仕事がいくつかあります。

何が何だかわからないまま6ヶ月がすぎ
不安で毎日毎日ドキドキしながら仕事をしています。

「できない」ことの方が多いと気づかされる環境に身を置くことも
不安でありながらいままで持っていたものを手放すのはとても怖い。
それでもこれは今の自分からさらに前へ進むための必要なプロセス。
この国でずっと働いていくため、成長するための「取捨選択」をする時がやってきました。
2020年、ずっと大事にしてきたお仕事を、いくつか手放します。

FF2AF353-3CDE-482C-AFEE-71EE4593E67E_1_105_c
自分のComfort Zoneから自ら出ていくのはドキドキしますが。
正しい選択であったと後々思えるよう、頑張りたいと思います。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから