オーストラリアでリストラに遭った話シリーズ

最初から読む場合はこちらからどうぞ→ ⑦   最初にも書きましたが、
オーストラリアではたとえ何年勤めても、基本自己都合による退職の場合、退職金は出ません。
IMG_3583

リダンダンシー、つまりリストラに遭った場合、勤務年数に応じて慰謝料のような感じでお金が貰えます。
9年勤めた私の場合は

  • 16週間分の給与(ただしスーパーアニュエーション(年金)はなし)これが勤続年数が2年とかだと6週間分とか、5年だと10週間分だとからしいです。
  • 10年間勤めた後にもらえるはずだった長期休暇分の有給
  • (3ヶ月居残ることによって追加された)リテンション・ボーナス
  • そしてどうやら非課税対象らしい
感覚としてはざっと7−8ヶ月分ぐらいの手取りのお給料分が貰えた感じでしょうか。
あんまりちゃんと計算はしてないですけど。



で、私のお金の使い道ですが

  • Macbook Air 今までは前職の会社やフリーランスの依頼先から貸与していただいたので、実は自分のマシンを持っていなかったので、これを機に、久しぶりに自分用に新しいものを買いました。IMG_3538
  • フランス語講座 今年頭から続けているフランス語の学校の学費に当てました。と言ってもそんなめっちゃ高くはないです。
  • 国内旅行 と言っても地味目。ニューキャッスル行ったりゴールドコーストでマラソン走ったりと、その程度。
  • キャリアコーチ代
あとは当面の生活費と、それ以外はダラダラ使ってしまいそうなのが怖かったので
投資用の口座に入れました。
リダンダンシーになったらああするこうする、と夢を見ていた時もありましたが
実際になってみると、やはり堅実にならざるを得ません。

一時的にまとまったお金が入る、とはいえ、あまり楽観視もできないのがリダンダンシーです。

私は結果的に退職して3ヶ月後に、しかも前職よりもかなり良い条件で
次の仕事が決まったので、運が良かった方だと思います。

でも、それは所詮結果論にすぎません。
同じ境遇で何ヶ月も仕事が決まらなかったとか、決まっても前回より良くない条件だったりとか
厳しい話もいくつも聞いていました。

いつまでもフラフラ、ダラダラと、いただいたお金を浪費する気持ちにはなれませんでした。
当たり前ですが、収入がなければ銀行口座の残高は減っていく一方です。
その減るスピードの速さに慄きながら、無職であることの怖さを思い知ったのでした。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから