最近は本の話ばかりが続いておりますが
今回はこの本を。


 
舞台はクリントン大統領政権下のアメリカ(90年代)。
オハイオ州クリーヴランド市の、富裕層の住む街シェイカー・ハイツという街を舞台にした物語で
主な登場人物は裕福な家庭の妻リチャードソン夫人とシングルマザーでアーティストのミアと
彼女らのそれぞれの子供たち。

過去に謎が多く不思議な魅力で人を惹きつけるどこかミステリアスなミアと、父親の名前も知らない高校生2年生の娘のパール。

街でも特に裕福で豪邸に住み、夫は弁護士。かつては大手新聞のジャーナリストを目指したものの、
家庭を優先し地元新聞に書くレポーターに落ち着いたリチャードソン夫人。絵に描いたような幸せを自覚し、親から受け継いだ家を移民やシングルマザーなどの「社会的に恵まれていない人」に貸し出すことで自己満足している独善的な性格。そして、彼女の高校生の4人の子供たち。
本当にとても対照的な2人。
2つの家族は一見親しくなったように見えつつも
リチャードソン夫人がミアに自宅での家政婦の仕事をオファーしたり
彼女の作品の写真を買ってあげるわよとか
独善的なのか分かってやっているのか、自分の方が立場が上よと露骨に誇示するようになってきます。
脚注)日本では今こういった行為を「マウンティング」と呼びますが、英語ではそれは「交尾」「性行為」を揶揄すると教わったので私は使いません。

ミアは別に作品が売れても売れなくても、自分と娘が最低限暮らしていければいいのよ〜と飄々としていますが
その奔放さも余裕も、リチャードソン夫人には気に食わなかったのでしょう。

ある時、リチャードソン夫人の友人夫妻が、消防署に捨てられた中国人の女の赤ちゃんを養子に迎え
生みの母であり、ミアの友人である中国人女性が名乗りを上げ
親権を主張したことから事態は急変します。地元は大騒ぎになり、裁判に発展。
友人に肩入れたしたリチャードソン夫人が、ミアの過去を探り始め・・・

著者はこのシェイカー・ハイツで生まれ育った中国系アメリカ人2世であるらしく
ただ彼女が白人社会の不理解に対してムカついてるとか思うところがあるかというよりは
ただ淡々と事実を描写している、といった印象を受けました。

アジア人の女児を育てるのに、白人の夫妻がふさわしいかと言うディベートが行われるシーンでは
言語や食事、それにおもちゃも、ウェスタンのものだと相手の弁護士が暗に批判したりするのですが
実際日本で育った日本の子供たちだって西洋人の姿形のお人形で遊んだりするんだけどな、と思ったり。


それから。果たしてミアの過去は、そしてその暴露は必要だったのかな?
つか、そんなこと、ある??まあ、フィクションなんだけどさ。

冒頭の火事を含め、極端な出来事がそこここで起きるけど
なんのために?と思うところも複数あり、若干消化不良でした。

あとアメリカが舞台のアメリカ人著書による本なので、アメリカ英語にあまりなじみのない私は
学校の授業をPeriod(オーストラリアでは授業はClass。Periodって聞いたら生理って思う)って言うんだ!とか、細かいところで「へえ〜」となっていました。


IMG_3964


今日も読んでくださって、ありがとうございます。

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから