マラソンブログも更新しています→6月は、一応冬

パリのワインバー・シリーズ、再び。
こちらもソムリエWさんに教えていただいたバーです。
L'avant Comptoir De La Mer par Yves Camdeborde

お店に入っていくとフランス語?英語?と聞いてくれて
基本は英語でお話をしました。
が、メニューは全部フランス語だよ!
天井から一品ずつ写真付きでぶら下がってるのが可愛い。
IMG_2827
IMG_2826
ただし首が疲れるのが難点・笑
自然派ワインがメインのシーフードのお店で牡蠣が何種類もありました。
IMG_2829
あとはポットに山盛りのムール貝とか、お刺身とか。
とにかく色々な海鮮が楽しめました。
IMG_2830
海苔が巻かれたサーモン。
IMG_2828
グラスは一種類のみで、ブランデーグラスのようなこれに、どのワインもなみなみとついでくださいました。数あるバイ・ザ・グラスの中から、ワインをうまいこと選んでくださいます。

ワインは基本自然派が多かった模様。
シャンパーニュはドラピエのブリュット・ナチュールでした。
おいしかっった!







IMG_2832

当然といえば当然ですが見たことのないフランスワインがいっぱい楽しめました。
そしてわんこそばのようにおかわりの出てくるパンと山盛りのバター。
さすがフランスですわ。
ところでこのバーには若いイタリア人の男性が働いていて
しばらく私たちの前でサーブしていてくれたのですが
夫と少し日本語で会話をしていましたところ
「あら、日本の方ですか〜?」と突然日本語で話しかけてくれました。
言語とは不思議なもので
今まで英語で話していた彼が日本語で話し始めると、
途端に全く違う人のようになるから面白いですね。
日本語はやはり人の印象がぐっと柔らかくなる言葉だと思いました。
この彼は、イタリア語、フランス語、英語の他に、日本語、しかも京都弁を操っておりました。
夫いわく、「あれは日本人の女の子に教えてもらったに違いない🤔」
ナルホド。
IMG_2833
パリの中心で、バーカウンターを挟んで日本語で会話するイタリア人とオーストラリア人男性。
なんだこの楽しいシチュエーション。

マルチリンガルになると、世界が広がって楽しいですね。
私もぼちぼち英語とフランス語、頑張っております。



今日も読んでくださって、ありがとうございます。

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから