日本の英語表記の中であるあるな間違いが

誤)A Happy New Year
正)Happy New Year

だそうです。

Good Morningにも
Merry Christamsにも
冠詞であるaはつけないのに、
ハッピー・ニュー・イヤーにだけ”A"をつけたがる(誤)はなぜなんだろう?

A Happy New Yearって、挨拶としては間違いらしいですよ、奥さん。
今年の年明けには、ぜひHappy New Yearと叫んでいただきたいものです。

メリークリスマス、といえば
我が家のMerry Christamsシャンパーニュは
Andre Clouetでした。


結婚した2009年のヴィンテージ・ワインでした。


ところで、シドニーは大みそか、毎年年末に大花火大会があります。
子供用に31日の21時に花火が一度上がり
新年を迎えた瞬間にさらに大花火が上がります。
その瞬間に新年を祝って乾杯と愛する人とキスをするのがならわし。
これはオーストラリアだけじゃなくて、アメリカやイギリスでも映画やドラマとかでよく聞くお話。

新年のお祝いはやっぱりシャンパーニュかな?

どうぞ皆様良い新年をお迎えください。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!

Facebookページができました

日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

ランニングブログ
ランナーズ・ハイ! in シドニー


「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから