先日ワインジャーナリストの綿引まゆみさんが、「なぜ日本ではロゼが伸びないのか
という記事を書かれていました。

オーストラリアでロゼがトレンドのトップとして話題になり始めたのはたぶん2-3年ほど前です。
そして今も右肩上がりのカテゴリーといってよいでしょう。

それまでのオーストラリアのロゼは

赤ワインの副産物、に近いものがあって
しかも中甘口のスタイルのものが主流で(たぶん売れてたから?)
あまり真剣にロゼを作ってる人も、飲んでる人もいなかった印象でした。
甘くて飲みやすいけど真剣ではないワイン、そんなイメージがついて回っている印象。

ですが今、オーストラリアでは、ロゼが断然愛されている時代です。

①辛口で淡い桜色の、フードフレンドリーなロゼの台頭
②ワインメーカーたちが、余剰のブドウではなく、ちゃんと目的を持ってロゼ用にブドウを収穫し、造るようになった。
③日の長い夏、アウトドア、真夏の休暇というオーストラリアのライフスタイルに合う
④ヨーロッパで夏のバカンスを経験した人たちが、ロゼを夏に楽しむようになった。(オーストラリア人は旅が好き。ヨーロッパに行く人もたくさんいます。)
そして、

⑤辛口のロゼは男性にも人気。

特に最近では若いオシャレな男性の間でロゼが良く飲まれている印象です。
ワインバーで男性だけのグループが、ロゼを開けていたりする光景は、もはや珍しくもなんともなくなりました。
彼らは流行に敏感で都市部で良い仕事に就いているような、いわゆる「意識高い系」。
彼らのようなデモグラフィックを、こちらの言葉ではHipsterと呼びます。

辛口でスッキリと楽しめるワインであるということを、良く認識している意識高い系男子。
ロゼを選択することがファッショナブルになってきたのです。
ちなみにこちらの最近の若い男性は、ファッションにもピンクを取り入れてます。

なので最近の若い男性にはピンク色に抵抗があるという感覚も薄い、というのもあると思います。
ピンク=女の子っぽくて抵抗がある、という人は、そもそもワイン自体飲まない層に当たるかも。

48919324_303474146954206_1710066341576179712_n

サラリとロゼがオーダーできる男性は、とても素敵だと私は個人的に思います。



今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!

Facebookページができました

日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

ランニングブログ
ランナーズ・ハイ! in シドニー


「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから