最近無意識のうちに、本とかドラマとか
「働き方」について考えさせられるストーリーを選んで見たり読んだりしています。
なんとなく、そういうものを頭が求めているのかな?という感じ。

オーストラリアに来てもうすぐ10年を迎えます。
こちらに来てからずっと、毎日毎日

オーストラリアで働くこと
ワイン業界で働くこと
オーストラリアのワイン業界で働くこと
そして、日本人として働くこと

について、考えない日はありません。

TOEICで満点近くを取っていても
いくつもの難しい試験に受かっても
無意味までは言わなくても、英語はあくまで第二言語だし
オーストラリアの文化はまだまだ勉強中。
そう、言葉だけではない、文化の壁もある。
オーストラリアを含む多文化に囲まれて働いてみて初めて分かったこともあるし
分かってはいても理解しづらいこともあるし

それでもそれを言い訳にはしたくなくて、必死に頑張ってきたつもりでしたが
現実的には、どうしてもぶちあたる壁もあります。
それを、自分の弱点として、ちゃんと認めるところから始まることも、ありました。

でもたとえば、じゃあ日本で働いて居ればもっと簡単なのか?と言われれば
それもまた違うことも、よく分かっているのです。
ただ「大変さ」の種類が違うだけ。それだけなのです。

移民の国オーストラリア一の大都市であるシドニーでは
英語が完璧ではなくても、仕事はあります。
日本に全く関わりのない仕事でも、日本語以外に手に職や専門知識があれば、
それなりに希望の職種にも、就くことができます。
*ちなみに同じオーストラリアでも、これがもっと保守的な田舎であったりすれば、また事情も変わってきます。

「自分にもできる」「それなりに希望する」だけの仕事よりも、「自分が本当にやりたい」仕事がしたいですよね。
だけどどうしても、言葉とか文化面の壁に気圧されて、限られた選択肢の中で仕事を見つけようとする人も
たぶん少なくないんだと思います。

使い古された言い回しではあると思うのですが
働くって、生きること

自分がどう生きるかって、どう働くかってことだと思うのです。
それが会社勤めであっても自営であっても、もちろん専業主婦(夫)であっても。

働くということは、色んな理由で思い通りにならないことの方が多いですが、
その中でもなんとか働いて居られる自分が好きなのだと思います。
そんなの日本にいても、同じことだなと、最近つくづく思うのです。

あ、あとね。少し前に、ある人に言われたんです。
昨日今日だけじゃなく、あるいは数年後だけでなく
もっともっと長期のビジョンでビジネスを見なくてはいけない。
そして成長していないビジネスは、いずれ途絶えるということも。

それは会社でも、個人でも、同じこと。
昨日今日だけ何とかやり過ごす仕事ではなくて
数年後、数十年後を見据えていたい。
2018年もあと残り1週間。

来年のキーワードは、Awakening、そしてOpportunities。
来年は、きっと大きな転機になる。

4

クリスマス直前のシドニーより。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!

Facebookページができました

日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

ランニングブログ
ランナーズ・ハイ! in シドニー


「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから