少し間が開いてしまいましたが、元気です。
シドニーでは夏時間が終了、2時間だった日本との時差が1時間縮まりました。
日が落ちるのが早くなる代わりに、朝明るくなるのが早くなります。
これを機に、もう少し朝活頑張ってみようかしら。
原稿を早起きして書く習慣を身に着けたいです。

先週末はマラソンで、ニューキャッスルへ行ってきました。
ハンター・ヴァレーと同じ方向ということもあり久しぶりにワイナリーを訪れました。
最後にハンターに行ったのはいつだっけ?と思い出してみたら
それこそ2年前、ハンター・ヴァレー・マラソンに参加したときでした・笑
しかもその時は疲れてすぐ帰ってきてしまったということもあり、きちんと子音目的で回るのは本当に久しぶりでした。

ハンター・ヴァレーと言えばやはり歴史が長い産地であるので
保守的なイメージ、そして大手の量産系のワイナリーのが強いのですが
 最近台頭してきた新しいワイナリーも訪問することができました 。



 
まずはオーガニック栽培のハーカム Harkhamへ。
保守的なイメージの強いハンターヴァレーでも、自然派ワイナリーは点在しています。
ハーカムはそのうちの一つで
亜硫酸無添加の、面白いワインを造っているワイナリーです。
ご覧の通り、ラベルもなかなかスタイリッシュ。

亜硫酸無添加、野生酵母のセミヨンは、クラッシクなハンター・ヴァレーのセミヨンとは大きく違うスタイルのワインでした。

ハーカムのワインは、日ごろからよく飲んでいます。
最近ナチュラルワインというと、アデレード・ヒルズやマクラーレン・ヴェイルのイメージが強いのですが、ハンターでもこういう面白いワインを造っている新世代の生産者も、実は結構いるんですよね。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!
日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

ランニングブログ
ランナーズ・ハイ! in シドニー


「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから